ピグマリオン効果

ピグマリオン効果(ピグマリオンこうか、: pygmalion effect)とは、教育心理学における心理的行動の1つで、教師の期待によって学習者の成績が向上することである。別名、教師期待効果(きょうしきたいこうか)、ローゼンタール効果(ローゼンタールこうか)などとも呼ばれている。なお批判者は心理学用語でのバイアスである実験者効果(じっけんしゃこうか)の一種とする。ちなみに、教師が期待しないことによって学習者の成績が下がることはゴーレム効果と呼ばれる。

概要編集

ピグマリオン効果については、人間は期待された通りに成果を出す傾向があることの現れとされ、1964年にアメリカ合衆国の教育心理学者ロバート・ローゼンタール英語版によって実験された。 ピグマリオンという名称は、ギリシャ神話を収録した古代ローマのオウィディウス変身物語』("Metamorphosen"、訳に『転身物語』とも)第10巻に登場するピュグマリオン王の恋焦がれた女性の彫像が、その願いに応えたアプロディテ神の力で人間化したと言う伝説に由来する。

動物におけるピグマリオン効果編集

1963年ローゼンタールとフォードが大学で心理学の実験で、学生たちにネズミを使った迷路実験をさせるのに、ネズミを渡す際に、これはよく訓練された利巧な系統のネズミ、これはまったくのろまなネズミといって渡したところ、その二つのグループの間で実験結果に差異が見られた。前者のネズミを渡された学生たちは、ネズミを丁寧に扱い、後者のネズミを渡された学生たちは非常にぞんざいに扱い、その両者のネズミへの期待度の違いが実験結果に反映されたものとローゼンタールは考えた。そこで、これは教師と学生の間でもありうるのではないかと考えた。

人間におけるピグマリオン効果編集

1964年春、教育現場での実験として、サンフランシスコの小学校で、ハーバード式突発性学習能力予測テストと名づけた普通の知能テストを行ない、学級担任には、今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査であると説明した。しかし、実際のところ検査には何の意味もなく、実験施行者は、検査の結果と関係なく無作為に選ばれた児童の名簿を学級担任に見せて、この名簿に記載されている児童が、今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だと伝えた。その後、学級担任は、子供達の成績が向上するという期待を込めて、その子供達を見ていたが、確かに成績が向上していった。報告論文の主張では成績が向上した原因としては、学級担任が子供達に対して、期待のこもった眼差しを向けたこと。さらに、子供達も期待されていることを意識するため、成績が向上していったと主張されている。この詳細がまとめられた報告書は、Rosenthal, R. & Jacobson, L.:"Pygmalion in the classroom",Holt, Rinehart & Winston 1968として刊行された。

ピグマリオン効果を得るため、レベルの低い学校に進学するとについても検証が必要である。レベルの低い高校に入ることで成績上位になりやすく、先生からの期待でモチベーションが上がるし、勉強ができる子というポジションを守ろうと頑張るかもしれない。しかし極端にレベルを落とすと授業が簡単すぎるし、周りのが勉強しない子ばかりなので悪影響を受けてしまう。そもそも、勉強を頑張る=ダサいという文化だったりする。結論としては、少しレベルを下げるぐらいが良い影響を与えると思われる。推薦入学の多い高校だと、一般入試でギリギリでも成績普通だったりする。これは学校だけではなく、塾にも当てはまります。※大学(とくに文系)だと勉強と就職は関係なく、学歴フィルターは大学名で決まることが多い。そのため、少しでもレベルの高い大学に入ったほうが得である。

小学校入学前の先取り学習について、賛否が分かれることがある。先取り学習は教育熱心な家庭・幼稚園だけがするもので、ズルいという考えがあったりする。分ってるから安心してしまう、授業中に退屈する⇒出来ない子と一緒に学級崩壊に加担すると言われることも多い。どうせ先取りしても追いつかれるので、意味がないという意見もある。また先生によっては、いきなり答えを言われることで授業シナリオが崩れると不快に感じている。だから挙手をしても当てられないようになり、ゴーレム効果が現れてしまうこともある。しかし出来ない子に厳しい・冷たい先生もいて、一概には言えない難しさもある。小学1年生には難しいが、「能ある鷹は爪を隠す」といった処世術が必要なのかもしれない・・・。※なお難関中学を目指す子は、小4までに小学校課程を終わらせているのが普通である。5年生で特殊算などの基本的解法を学び、6年生では複合問題という難問の演習をしている。

各種の批判編集

ロバート・ローゼンタールによる実験の方法をめぐっては批判もある。現在でも激しい議論がなされている。ロバート・ローゼンタールの実験に参加した教員は、実験の際、名簿はざっと一度見ただけであると言い、さらに名簿に記載された子供達の氏名は記憶していなかった。スピッツの再実験においてはピグマリオン効果は認められないということで、再現性は否定されているとする学者もいる。

人間におけるピグマリオン効果では教師によるえこひいきの問題、チートの問題と切り離せないとする学者もいる。

また、ピグマリオン効果は、教育にたずさわる者に対しての心得として説明されることがあるが、ピグマリオン効果は、「教師が学習者に対して教える」というのがおおまかな構図であるため、学習者が自ら学習を行っていくという視点が不足しているのではないかといわれることもある。

教育経済学者の中室牧子(『「学力」の経済学』ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015年p.48)では“「あなたはやればできるのよ」などといって、むやみやたらに子どもをほめると、実力の伴わないナルシストを育てることになりかねません。とくに、子どもの成績がよくないときはなおさらです”と批判している。ほめてはいけない、ではなくて、そのほめ方が重要だという。

参考資料編集

  • ロルフ・デーゲン 『フロイト先生のウソ』原題=『Lexikon der Psycho-Irrtuemer』(心理学間違い事典) ISBN 4167651300
    第1部 影響力のうそ - 第4章 能力開発 - 教師の期待が子供を伸ばす?
  • 池谷裕二『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版』2016年、講談社ブルーバックス、ISBN 978-4-06-257953-7、52ページ。

関連項目編集