メインメニューを開く

ピノキオピー(PinocchioP)は、日本作曲家イラストレーターキャラクターデザイナー。 所属事務所はP._nc(ピンク)。レーベルはU/M/A/A(ユーマ)。

ピノキオピー
出身地 日本の旗 日本
職業 作曲家、作詞家、編曲家、イラストレーター
活動期間 2009年 -
レーベル U/M/A/A
事務所 P._nc
公式サイト ピノキオピー オフィシャルウェブサイト

概要編集

2009 年より動画共有サイトにVOCALOIDを用いた楽曲の発表をはじめ、ピノキオピーとして活動開始。アルバム『Obscure Questions』で2012年にメジャーデビュー。名前の由来は、初投稿作品である「ハナウタ」の、鼻が伸びた初音ミクのイラストから。当初は「自分も何か動画をあげたら面白そう」という思いから、探り探りで曲を作り投稿したという。元々電子音のサウンドで人間についてばかり歌っているものが好きだったこと [1]と、ニコニコ動画で見たアゴアニキの「ダブルラリアット」から「ボカロにバンドサウンドで人間臭い歌詞を歌わせるのか」という衝撃を受け[2]、現在はボカロ遣いのダンスミュージックから、渋谷的フォークトロニカ、センセーショナルなロックまで、バラエティ豊かな作風を使い分ける。

また、オリジナルキャラクターである「アイマイナちゃん」や「どうしてちゃん」に象徴されるような「曖昧であること」や「疑問を持つ」というテーマ性や独特な歌詞は、筋肉少女帯などの音楽、『月刊漫画ガロ』、特に藤子・F・不二雄の『異色短編集』などの漫画の影響から生まれたと話している[3]。 他に影響を受けたアーティストとして、スピッツ真心ブラザーズ電気グルーヴをあげており、中でも電気グルーヴには非常に強いリスペクトを抱いている [4][5]

現在に至るまでコンスタントに楽曲を発表しつつも、多数のコラボ企画への参加、ライブ開催など多様な活躍を見せる。2012 年にアーケードゲーム「SOUND VOLTEX BOOTH」に楽曲「ごりらがいるんだ」を提供。さらにボーカロイドオペラ『THE END』に、VOCALOIDプログラミングサポートとして参加[6]。 2013 年には携帯電話”Xperia feat. HATSUNE MIKU”連動コンセプトCD『ミクスペリエンス e.p.』に楽曲提供を行い、2014 年には、ぺんてる『i+ × 初音ミク』コラボや「ファミマ×初音ミク 秋のキャンペーン」のテーマソングを担当し、ファミマのキャンペーンではコラボ商品にイラストの提供もしている。2015年には3DS『初音ミク Project mirai でらっくす』テーマソング「はじめまして地球人さん」を提供している。2015年には前年から本格的に始動したライブ活動の集大成としてワンマンライブを開催し、その模様を収録した『祭りだヘイカモン』をリリース。初音ミクの歌声に自身の生歌をかぶせるという斬新なライブを行っている[7]。 2016年1月にはトヨタ「プリウス」の部品を擬人化した「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」にキャラクターイラストを提供した[8]

ディスコグラフィ編集

最高位は、オリコンウィークリーチャートに基づく[9]

アルバム編集

メジャー・アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回生産限定盤 通常盤
1st 2012年7月4日 Obscure Questions QWCE-00234 19位
2nd 2014年12月3日 しぼう UMA-9047-9048 UMA-1047 56位
3rd 2016年11月23日 HUMAN UMA-9086-9088 UMA-1086 39位
4th 2019年2月27日 零号

同人アルバム[10]編集

発売日 タイトル
1st 2009年9月6日 ハナガノビール
2nd 2010年5月9日 poncotsu
3rd 2011年6月12日 漫画
4th 2013年11月17日 遊星まっしらけ
5th 2014年8月17日 Яareno Collection
6th 2015年12月31日 Antenna
7th 2017年12月29日 増殖する今村

ライブ・アルバム編集

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回生産限定盤 通常盤
1st 2015年12月9日 祭りだヘイカモン UMA-9070 UMA-1070 -

楽曲提供編集

  • 『SEKIHAN the TREASURE』(エグジットチューンズ、12年4月18日 発売)
    • 赤飯のアルバム。「ラブソングを殺さないで」を書き下ろし。
  • SOUND VOLTEX BOOTH
    • 「ごりらがいるんだ」を提供。
  • 『グッドハロー』(ばんび~の、14年12月30日 発売)
    • 鹿乃のアルバム。「ヒーローが来ない」を提供。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS Supernova5』(エグジットチューンズ、11年4月29日 発売)
    • 「ユメネコ」を書き下ろし。
  • 『UNIVERSE』(ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント、BinaryMixx Records、11年10月5日 発売)
    • 宇宙をテーマにしたコンピ。「化物宇宙」を提供。
  • 『0003:a galaxy odyssey』(ワンダーグラウンド・ミュージック、11年12月7日 発売)
    • GINGAレーベルのコンピ。「スケベニンゲン」で参加。
  • 『EXIT TUNES EXIT TUNES PRESENTS Supernova 8』(エグジットチューンズ、12年10月03日 発売)
    • 「週刊少年バイバイ」を書き下ろし。
  • 『MikXperience e.p.』(SMR、13年8月28日 発売)
    • 初音ミクとXperiaがコラボレーションしたスマートフォン 『Xperia feat. HATSUNE MIKU』 に格納される話題のアーティストやイラストレ―ターが連動した、クリエイティブ共有型のコンセプトCD。「ひとりぼっちのユーエフオー」を提供。
  • 『GINGA vs U/M/A/A presents “有象無象"』(U/M/A/A、14年7月20日 発売)
    • GINGAアーティストとU/M/A/Aアーティストが、「Summer」をテーマに書き下ろしたインストのコンピ。「昨日、パンを食べました。」を提供。
  • 「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン4th Happy Halloween★TRICK or MIKU?」(14年9月30日~10月31日)
    • ファミリーマートと初音ミクのコラボキャンペーン。テーマソングとして「たりないかぼちゃ」を提供。[11]
  • 『初音ミク Project mirai でらっくす』(SEGA、2015年5月28日に発売)
    • テーマソングとして「はじめまして地球人さん」を書き下ろし。ゲーム内のコスチュームデザインも担当。[12]
  • 『チュウニズム』(SEGA、2017年)

「ウソラセラ」を提供。

カバー編集

  • 『歌ってもらったCD vol.2 ~性別が迷子編~』(10年08月27日 発売)
    • ろん歌唱による「eight hundred」を収録。
  • 『EXIT TUNES PRESENTS イケメンボイスパラダイス 3』(エグジットチューンズ、11年6月15日 発売)
    • vip店長歌唱による「からっぽのまにまに」を収録。
  • 『春色ポートレート』(エグジットチューンズ、12年3月21日 発売)
    • しゃむおんのアルバム。「腐れ外道とチョコレゐト」を収録。
  • 『そらあい』(エグジットチューンズ、12年6月6日 発売)
    • そらるのアルバム。「腐れ外道とチョコレゐト」「eight hundred」を収録。
  • 『トモシビアブラ』(エグジットチューンズ、12年6月20日 発売)
    • 灯油のアルバム。「腐れ外道とチョコレゐト」を収録。
  • 『トーキョープレジャーグラウンド』(エグジットチューンズ、13年2月20日 発売)
    • 灯油のアルバム。「週刊少年バイバイ」を収録。
  • 『ビビットカラーズ』(エグジットチューンズ、15年9月2日 発売)
    • 灯油のアルバム。「頓珍漢の宴」「腐れ外道とチョコレゐト」を収録。
  • 『天声絶唱 INDEX ~BEST OF 歌ってみた~』(U/M/A/A、15年12月23日 発売)
    • 「歌ってみた」のコンピ。灯油歌唱の「すろぉもぉしょん」、れをる歌唱の 「頓珍漢の宴」を収録。

コンピレーション編集

  • 『EXIT TUNES PRESENTS Vocalonation feat.初音ミク』(エグジットチューンズ、11年7月6日 発売)
    • 「腐れ外道とチョコレゐト」を収録。
  • 『VOCALO APPEND feat.初音ミク』(FARM RECORDS、12年1月11日 発売)
    • 「Floating Shelter」を収録。
  • 『ボカロダンス ~ベスト・アゲ!・トラックス~ feat.初音ミク-Hatsune Miku』(EMIミュージックジャパン、12年2月29日 発売)
    • 「腐れ外道とチョコレゐト」を収録。
  • 『ELECTLOID feat. 初音ミク』(FARM RECORDS、12年6月6日 発売)
    • 「マッシュルームマザー」を収録。
  • 初音ミク Project mirai こんぷり~と』(U/M/A/A、15年9月2日 発売)
    • 3DS用ソフト「初音ミク project mirai」に収録された楽曲を網羅したアルバム。「はじめまして地球人さん」「ありふれたせかいせいふく」が収録。
  • 『Gothic & Horror』(U/M/A/A、15年10月28日 発売)
    • 幽霊や魔法、暗黒童話といった西洋ゴシックファンタジーの世界観をテーマにしたコンピ。「たりないかぼちゃ」を提供。

アレンジ編集

  • 『初音ミク plays 月光下騎士団(ムーンライダーズ)』(SPACE SHOWER MUSIC、11年12月14日 発売)
    • ボーナストラック「涙は悲しさだけで、出来てるんじゃない」を初音ミクでカバー
  • 『架空映画音楽集II~エレホンの麓で~』(VALB、12年8月8日)
    • 岡田徹のアルバム。ムーンライダーズの「週末の恋人」セルフカバーの編曲を担当。
  • 『イニシエーション』(Sony Music Direct、12年12月26日)
    • 渋谷慶一郎と東浩紀による初音ミクを使ったアルバム。初音ミクの調声とリミックスを担当。
  • 『VRUSH UP! #07 -siinamota Tribute-』(U/M/A/A、14年5月3日 発売)
    • 椎名もたの楽曲リミックス集。「ストロボラスト (Pinocchiop Unhappy turn Remix)」を収録。
  • 『ハチビットサイダー』(エグジットチューンズ、14年8月20日)
    • ラムネ(村人P)のアルバム。初回限定版ボーナスディスク「しろくまダンス」をリミックス。
  • 『VOCALOID tribute to THE BLUE HEARTS』(トラフィック・エンタテインメント、11年11月9日 発売)
    • ブルーハーツカバーのコンピ。「歩く花」をカバー。

その他編集

  • 『初音ミクVision』(ポニーキャニオン、11年07月20日 発売)
    • √Effectによる「腐れ外道とチョコレゐト」の動画が収録。
  • 『Vocalo Vision feat.初音ミク』(ポニーキャニオン、11年12月21日 発売)
    • MAOのマッシュルームマザーMMDPVが収録。
  • 『ATAK 020 THE END』(ソニー・ミュージックダイレクト、13年11月27日 発売)
    • ボーカロイドオペラ「THE END」でボーカロイドの調声を担当。
  • 「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン4th Happy Halloween★TRICK or MIKU?」(14年9月30日~10月31日)
    • ファミリーマートと初音ミクのコラボキャンペーン。商品「ハロウィン入門パンプキンスープ」のイラストを担当[13]
  • 『初音ミク Project DIVA Arcade』(15年5月)
    • 「はじめまして地球人さん」が配信。ゲーム内のコスチュームデザインも担当[14]
  • 『初音ミク Project DIVA Arcade』(15年8月)
    • 「ありふれたせかいせいふく」が配信。
  • 「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」(16年1月)
    • トヨタ「プリウス」の部品をイラストレーターが擬人化するプロモーション企画。「ハイブリッドトランスアクスル」[15]、「低重心」[16]の二体のイラストを担当。
  • 『初音ミク -Project DIVA- X』(16年3月24日発売)
    • ゲーム内に使用される楽曲として「すろぉもぉしょん」が収録[17]

出典編集

  1. ^ 異端のボカロPピノキオピー!独自のライブスタイルやルーツに迫る。 Qetic、2015年12月14日閲覧
  2. ^ フォークと寓話、対極なボカロPの目指す先とは? sasakure.UK×ピノキオピー初対談 KAI-YOU、2014年12月12日閲覧
  3. ^ ボーカロイドとフォークを繋ぐボカロP、ピノキオピーの正体とは CINRA.NET、2014年12月3日閲覧
  4. ^ 168344/ 異端のボカロPピノキオピー!独自のライブスタイルやルーツに迫る。 Qetic、2015年12月14日閲覧
  5. ^ 謎の仮面を被るピノキオピー、ネットから飛び出し何を企んでる? CINRA.NET、2015年12月9日閲覧
  6. ^ 渋谷慶一郎と岡田利規による無人ボカロオペラ『The End』、参加クリエイター発表 Qetic、2012年7月4日閲覧
  7. ^ 謎の仮面を被るピノキオピー、ネットから飛び出し何を企んでる? CINRA.NET、2015年12月9日閲覧
  8. ^ プリウス部品の擬人化プロジェクト、花澤香菜、悠木碧らが声を担当 CINRA.NET、2016年1月18日閲覧
  9. ^ ピノキオPの売上ランキング
  10. ^ Indies Album | カテゴリー |” (日本語). ピノキオピー オフィシャルウェブサイト. 2018年11月3日閲覧。
  11. ^ “ピノキオピーのニュー・アルバム『しぼう』発売決定、ファミマ×初音ミクのテーマ・ソング収録”. CDJournal. (2014年10月9日). http://www.cdjournal.com/main/news/-/62101 2016年1月29日閲覧。 
  12. ^ “「初音ミク Project mirai でらっくす」オープニングテーマ曲「はじめまして地球人さん」のイメージが公開”. 4Gamer.net. (2015年5月27日). http://www.4gamer.net/games/274/G027469/20150520042/ 2016年1月28日閲覧。 
  13. ^ “本日9/30(火)より発売♪「ミク LOVES ファミマ♪キャンペーン4th Happy Halloween★TRICK or MIKU?」コラボ商品(中食・お菓子)をご紹介☆”. 初音ミク公式ブログ. (2014年9月30日). http://blog.piapro.net/2014/09/z1409301-1.html 2016年1月28日閲覧。 
  14. ^ “初音ミク Project DIVA Arcade:5月楽曲&モジュール追加のお知らせ!”. 週刊ディーヴァ・ステーション. (2015年5月21日). http://info.miku.sega.jp/3930 2016年1月28日閲覧。 
  15. ^ PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS 「ハイブリッドトランスアクスル」”. 2016年1月29日閲覧。
  16. ^ PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS「低重心」”. 2016年1月29日閲覧。
  17. ^ “「初音ミク -Project DIVA- X」の新規収録楽曲やモジュールを紹介。メドレー曲が出現する「エリアクエスト」の新情報も”. 4Gamer.net. (2015年12月14日). http://www.4gamer.net/games/315/G031529/20151208026/ 2016年1月29日閲覧。 

外部リンク編集