ピピンアットマーク(Pippin atmark、Pippin @. )とは、バンダイ・デジタル・エンタテイメントアップルコンピュータと共同開発したMacintosh互換のマルチメディア機で、*名前の「ピピン」は林檎の一品種からとられている。 Mac OS(7.5.x)と互換性を持つpippinOSとCD-ROMドライブを搭載し、ピピンアットマーク用ゲームの他にMacintosh用ゲームも遊べるが、ハードディスクは有さず、代わりにフラッシュメモリを記憶装置として搭載していた。また、標準でモデムを搭載し、ダイヤルアップ接続インターネットに接続できる。

ピピンアットマーク
Pippin-Atmark-Console-Set.png
メーカー アップルコンピュータ
バンダイ
種別 マルチメディア機
世代 第5世代
発売日 日本の旗 1996年3月28日
アメリカ合衆国の旗 1996年9月1日(「pippin@WORLD」として)
CPU PowerPC 603 66MHz
対応メディア CD-ROM
対応ストレージ フラッシュ
コントローラ入力 有線
外部接続 モデム: 14,400bps
オンラインサービス アットマークチャネル
売上台数 日本の旗 3万台
アメリカ合衆国の旗 1.2万台
全世界 4.2万台[1]
前世代ハードウェア プレイディア
テンプレートを表示

本製品は、1996年3月から日本[2][3]とアメリカで発売された。このうち、アメリカでは「pippin@WORLD」(ピピンアットワールド)という名称で販売された。 世界で最も売れなかったゲーム機として知られる。

本体仕様編集

マルチメディアアーキテクチャ、Pippinに準じた設計になっている。 また、アメリカで販売されたバージョンは本体とコントローラーの色がダークグレーとなっているほか、パッケージも非常に簡素なものとなっている。

  • CPUPowerPC603 66MHz
  • RAM:6MB(最大13MBまで拡張可能・1MBはビデオ表示(VRAM)に使用)
  • CD-ROMドライブ:4倍速
  • 出力:VGA,NTSC,PAL
  • モデム:14,400bps
  • ROM:4MB
  • RAMスロット:1基
  • 拡張スロット:PCI準拠スロット、メモリー拡張スロット
  • インターフェイス:VGA出力、S映像出力、ビデオ出力、ステレオサウンド入出力(L/R)、プリンターポート、モデムポート(Geo Port)、ステレオPHONE端子、ADB端子
  • 映像サイズ:640×480ドット(最大3万2768色)
  • サウンド:16ビットステレオ入出力
  • サイズ:H89×W228×D257
  • 重さ:約3.5kg
特別ネットワークセット¥64,800(税別)
本体、付属コントローラー、専用モデム、Pippin用CD-ROMソフト4本
ピピン@アットマークセット¥49,800(税別)
本体、付属コントローラー、Pippin用CD-ROM(テレビワークス、PEASE)

オプション編集

  • ATMARKモデム(¥12,800):データ転送速度 14,400bps(サイズ:H26×W71×D91/重さ:約0.3kg)
  • ATMARKキーボード(¥9,800):A6サイズのタブレット付き専用ボード(サイズ:H24×W270×D330/重さ:約1.1kg)
  • ATMARKフロッピーユニット(¥12,000):1.44MB高密度FDD内蔵(サイズ:H45×W271×D280/重さ:約2.0kg)
  • ATMARKコントローラ(¥5,800):追加コントローラー(サイズ:H51×W157×D95/重さ:約0.3kg)
  • ATMARKワイヤレスコントローラ(¥11,800)
  • ATMARKアダプタ
    • ATMARKアダプタA(¥2,000):ATMARK→ADB
    • ATMARKアダプタB(¥2,000):ADB→ATMARK
    ADB規格対応のキーボードやマウス等が相互接続可能な変換アダプタ
  • ATMARKメモリーカード:拡張容量2MB(¥11,800)/4MB(¥?)/8MB(¥21,800)(サイズ:H6×W51×D51/重さ:0.1kg)
  • DOCKING TURBO(¥49,800)オリンパス製230Mバイト/128Mバイト対応3.5インチMOドライブ[4]
  • 対応プリンタ:Apple Color StyleWriter 1500, 2200, 2400, 2500 Apple StyleWriter II, 1200
    作成したテキストやイラストをプリントアウト可能。

サービス編集

  • インターネット接続サービス
    バンダイ・デジタル・エンタテインメント運営の「アットマークチャネル」に入会すると、ピピンアットマークを使用してインターネット、各通信サービスの利用が可能。
    基本料金:2,000円(但し、1月間に10時間以上利用した以降は1分毎に10円の超過料金が掛かる。また、最寄りのアクセスポイントまでの電話料金は別途必要) 
    キャプテンシステムへの接続も可能であった。

対応ソフト編集

  • たまごっち CD-ROM Pippin/Macintosh版(育成シミュレーション)
  • Racing Days for Pippin(レーシング
  • GUNDAM VIRTUAL MODELER LIGHT(デジタルホビー)
  • GUNDAM TACTICS MOBILITY FLEET0079(シミュレーション)
  • GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH(シミュレーション)
  • 機動戦士ガンダム 第13独立部隊 ホワイトベース(シミュレーション)
  • SDガンダム外伝(カードバトルゲーム)
  • ジオン軍ミリタリーファイル(デジタルホビー
  • SDガンダム ウォーズ(シミュレーション)
  • 森高千里CD-ROM 渡良瀬橋(音楽)0
  • EGWORD PURE for Pippin(実用)
  • Tunin'Glue(音楽)
  • アニメデザイナードラゴンボールZ(エンタテインメント)
  • Victorian Park(エンタテインメント)
  • AI将棋(エンタテインメント)
  • ごきげんママのおまかせダイアリー(実用)
  • SeesawC1(エデュテインメント)
  • LULU(エンタテインメント)
  • アンパンマンとあそぼう!1(エンタテイメント)
  • アンパンマンとあそぼう!2(エンタテイメント)
  • アンパンマンのあいうえお~ん(エンタテイメント)
  • ウルトラマン デジタルボードゲーム
  • ウルトラマンクイズ王(キング)

ほか

販売編集

本製品は、1996年3月から日本[2][3]およびアメリカ合衆国にて販売された。当初は電話注文か、加盟店での販売のみであったが、1996年6月15日からはモデムを別売りにした廉価版が、各種周辺機器と同時に一般店舗で販売された[5]。 本製品は家電量販店での販売を想定していたにもかかわらず、家電業界の商習慣に反してリベートを一切支払わないという条件が立てられたため、本製品の販売部門の課長に就任した川口勝は家電製品の営業実績がなかったこともあって困惑したものの、アップルのブランド力をもって交渉を推し進めるしかなかった[6]

また、量販店による在庫の値引き販売を防ぐため、バンダイ側が一括で在庫を管理し、店側には発注書を渡したうえで、客がバンダイに送った発注書の数に応じて手数料がバンダイに支払われるという仕組みが作られた[6]。この仕組みは、アップル側の担当者である原田泳幸によって「デジタル・ディストリビュート・システム」と名付けられた[6]。 さらに、漫画雑誌『月刊少年ギャグ王』にて大々的な販売告知キャンペーンがおこなわれた[6]


反響編集

発売前のモニターには10万人が応募したものの、実際に店頭で発注書を手に取った客は少なかった[6]「廉価なMacintosh」「パソコンへの入門機」という側面を強調していきたいバンダイに対し、アップル側が全く非協力的であり、販売台数は振るわず、1997年3月期には65億円の赤字を生み、1997年5月12日には製造を中止[要出典]。累計の損失額は約260億円となった[6][注 1]1998年3月13日付で事業担当子会社(BDE:バンダイ・デジタル・エンタテインメント)を解散し、予定していた次世代機も出ないまま事実上撤退した。最終的に全世界で4万2千台を出荷したという[7]

失敗の主な原因として、インターネット接続によるマルチメディア機能の将来像や具体的なユーザー利益が全く提示できなかったこと、アップルの無理解、49,800円[8][6]と高過ぎたこと、等が挙げられる。1990年代前半の開発当時としては先進的なオンラインコミュニティーやボイスチャット機能の開発も行われていたが、日本国内ではダイヤルQ2によるツーショットダイヤルが社会問題化しており「(子供向けの製品が主力の)バンダイの製品がアダルト系サービスに利用されかねない」と危惧した当時の社長・山科誠の判断により開発中止となっている。 一方で、山科は本製品への思い入れが深く、後に携帯型ゲームワンダースワンが発表されると、「ワンダースワンはピピンアットマークの後継機」と言ったという[要出典]。もちろん、両者に互換性は全くない。強いて共通点をあげるなら、ワンダースワンもオプションでインターネットへの接続が可能な仕様であったことである。

バンダイによるユーザーサポートは2002年12月31日まで続けられていた。 アップルの代表的な失敗例としてニュートンと共にピピンアットマークの名前が取り上げられることがあるが、アップル自体がゲーム開発やネットワークのインフラ提供、バンダイDEの販売戦略などに関わっていたわけではない。

その他編集

  • 日本では、発売当時"@"(アットマーク)のなじみが薄く、ピピンアットマークで@の読み方を知ったという人もいた。
  • ピピンアットマークに提供されたQuickTimeの一部の機能はQuickTimeがHyperCardとの統合を計画していた時代に拡張されたインタラクティブ機能の流用である[要出典]

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 本製品の開発責任者である鵜之澤伸はUniteTokyo2019のセッションにて、損失額が268億円であると発言している[3]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ PC Watch、バンダイ、ピピンから撤退。BDE清算Impress Watch1998年2月27日
  2. ^ a b ピピンアットマーク、店頭販売開始”. PCウォッチ. インプレス (1996年5月28日). 2020年1月4日閲覧。
  3. ^ a b c 『ジャンプ』伝説の編集長が、『ドラゴンボール』のゲーム化で断ち切った「クソゲーを生む悪循環」”. ITmedia ビジネスオンライン (2019年12月4日). 2020年1月4日閲覧。
  4. ^ オリンパス、ピピンアットマーク用MOドライブを発表(「PCウォッチ」1996年9月24日
  5. ^ ピピン@アットマーク店頭販売、単体販売開始!! 6月15日より「ピピン@アットマーク」の店頭販売を開始します。 バンダイ・デジタル・エンタテイメント (waybackmachine)
  6. ^ a b c d e f g 「私の課長時代」 川口勝”. 日本経済新聞 (2017年6月6日). 2020年1月4日閲覧。
  7. ^ バンダイ、ピピンから撤退。BDE清算、PC watch、1998年2月27日
  8. ^ ピピン@アットマーク、店頭販売開始 PCWatch 1996年5月27日

関連項目編集

外部リンク編集