メインメニューを開く

ピュア』(Pure)は、1996年1月8日から3月18日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は和久井映見

ピュア
ジャンル テレビドラマ
脚本 龍居由佳里
橋部敦子
演出 中江功
田島大輔
澤田鎌作
出演者 和久井映見
堤真一
高橋克典
高岡早紀
篠原涼子
風吹ジュン
エンディング Mr.Children名もなき詩
プロデューサー 栗原美和子
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本 
放送期間 1996年1月8日 - 3月18日
放送時間 月曜日21:00 - 21:54
放送枠 フジテレビ月曜9時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 11

特記事項:
最終話は30分拡大(21:00 - 22:24)。
テンプレートを表示

概要編集

和久井映見が知的障害者という難役を演じた。また、堤真一の民放連続ドラマ初出演作となった。

平均視聴率は23.5%[要出典]最高視聴率は25.9%を記録[要出典]。また、主題歌として起用されたMr.Childrenの「名もなき詩」は当時の歴代最高初動売上(約120.8万枚)を記録し[要出典]累計で約230万枚を売り上げる大ヒット曲となった[要出典]

1996年6月21日にVHS化され、2010年3月3日にDVD-BOXが発売された。

あらすじ編集

軽度の知的障害(イデオ・サヴァン症候群)をもつ主人公・優香。だがオブジェ作りに関しては天性の才能を持っている。従兄弟の涼が優香の作品を応募し、優香は一躍時の人になる。しかし、母・孝子は優香の知的障害を理由に興味本位に報道されることを恐れる。従兄弟の涼も、普段から健常者と同じように優香を社会に出すべきだと言ってはいたが、いざマスコミが押しかけると優香をかばってしまう。

一方、フリー記者・徹はマスコミという立場から興味本位の報道に巻き込まれ、孝子や涼から誤解を受け敵視されるが、優香は「徹さんは本当のことを教えてくれる」と次第に興味を持つようになっていく…。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞歴編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1996年1月8日 馬鹿なんかじゃない! 22.3%
第2話 1996年1月15日 二人をつないだ魔法のベル 19.9%
第3話 1996年1月22日 秘密のデートに仕組まれた罠 22.5%
第4話 1996年1月29日 初めての決断どうしても会いたい 22.9%
第5話 1996年2月5日 厳しい現実愛するって難しい 25.9%
第6話 1996年2月12日 究極の告白これが私の愛し方 22.9%
第7話 1996年2月19日 つのる想い抱きしめられて 24.4%
第8話 1996年2月26日 すれちがい引き裂かれてゆく愛 24.5%
第9話 1996年3月4日 涙の告白折れた翼の悲しい理由 23.5%
第10話 1996年3月11日 最後の指きり悲しい別れの予感 23.6%
最終話 1996年3月18日 永遠の約束 25.0%
平均視聴率 23.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品編集

DVD
VHS
  • ピュア VHS 全4巻(1996年6月21日発売、ポニーキャニオン)
サウンドトラック
書籍

備考編集

  • 障害者の生と性の研究会『知的障害者の恋愛と性に光を』(1996年かもがわ出版 ISBN 4876992614)の15ページ以下に障害者の性を考える立場からの言及がある。
  • 主人公のモデルは元お笑い芸人で現在は芸術家として活躍しているジミー大西である。プロデューサーの栗原美和子が『オレたちひょうきん族』のAD時代にジミー大西と出会ったのをきっかけにこのドラマを作ったといわれている[要出典]
  • 同じ知的障害を扱ったドラマで、本作品と同クール・同じ月曜日の22:00から日本テレビで『オンリー・ユー〜愛されて〜』が放送されていた。

脚注編集

[ヘルプ]


フジテレビ 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
まだ恋は始まらない
(1995年10月16日 - 12月18日)
ピュア
(1996年1月8日 - 3月18日)
ロングバケーション
(1996年4月15日 - 6月24日)