ピラメキーノ

ピラメキーノ』(PIRAMEKINO)は、テレビ東京系列で2009年4月6日から2015年9月30日まで放送されていた子供向けバラエティ番組。ハイビジョン制作。アナログ放送では2010年6月25日放送分と7月5日放送分からはレターボックス放送(それまではサイドカット放送)[1]。夕方放送時代は字幕放送データ放送(2012年3月31日放送分より)を実施していた(字幕放送は特番ではその後も実施)。

ピラメキーノ
-PIRAMEKINO-
ジャンル 子供向け番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
演出 太田勇(総合演出)
プロデューサー 田中裕樹/松生藍/加茂忠夫
出演者 はんにゃ
金田哲川島章良
フルーツポンチ
村上健志亘健太郎
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送(夕方放送時代と特番放送時のみ実施)
オープニング Plus-Tech Squeeze BoxDough-Nuts Town’s Map」(ピラメキーノ640放送開始時/2013年4月1日~)
エンディング 下記参照
外部リンク 公式サイト
ピラメキーノ
(2009年4月から2010年4月まで)
放送時間 平日 18:30 - 19:00(30分)
放送期間 2009年4月6日 - 2010年4月9日
(2010年4月から2011年3月まで)
放送時間 月曜 - 木曜 18:30 - 19:00(30分)
放送期間 2010年4月12日 - 2011年3月3日
(2011年3月から2012年12月まで)
放送時間 平日 18:30 - 19:00(30分)
放送期間 2011年3月7日 - 2012年12月24日
(2013年1月から2013年3月まで)
放送時間 【月・水・木曜】18:30 - 19:00
【火・金曜】18:30 - 18:55(【月・水・木曜】30分【火・金曜】25分)
放送期間 2013年1月7日 - 2013年3月29日
ピラメキーノ640
(2013年4月から2015年9月30日まで)
放送時間 平日 6:40 - 6:45(5分)
放送期間 2013年4月1日 - 2015年9月30日
ピラメキーノG
(2010年4月から2010年9月まで)
放送時間 金曜日 18:30 - 20:00(90分)
放送期間 2010年4月16日 - 2010年9月17日
(2010年10月から2011年3月まで)
放送時間 金曜日 18:30 - 19:54(84分)
放送期間 2010年10月8日 - 2011年3月4日

特記事項:
ピラメキーノGでは一部地域で19:00開始。(ネット局参照)
テンプレートを表示

吉本総合芸能学院東京校同期のはんにゃフルーツポンチの2組がメイン司会。前番組枠『スキバラ』に引き続き吉本興業の制作協力枠であった。

放送時間は月曜日から金曜日の6:40 - 6:45までの5分間。本記事では2010年4月16日から2011年3月4日まで毎週金曜日に限り約90分間の拡大放送となった『ピラメキーノG』(ピラメキーノゴールド)についても併せて記述する。

2013年3月29日をもって夕方枠から撤退し、4月1日より朝の5分枠に移動・大幅縮小すると同時に、タイトルも『ピラメキーノ640』(ピラメキーノろくよんまる)と改題された[2][3]。後枠は19時台のバラエティ枠の繰り上げ拡大(月・火・金曜日)またはアニメ枠(水・木曜日)に転換する[4][5][6]

その後は5分枠で番組が継続していたが、2015年8月31日に2015年秋改編での番組終了が発表され[7]9月30日で放送を終了、6年半の放送に幕を下ろした。

目次

概要編集

番組の略称は「ピラメキ」。番組は小学生向けで、子供向け番組の常識を覆す事をモットーに斬新で大胆なコーナーを多数制作している。

  • 「Onaraはずかしくないよ」「なんてフワフワなんだJAPAN」「おちこぼ列車ピラガッタン」などのコミックソングを多数輩出している。
  • 上記のオリジナル曲以外に「アホが見るブタのケツ」(嘉門達夫)「日本印度化計画」(筋肉少女帯)などの懐かしの名曲を取り上げ現代の子供に新たなブームを起こしている。
  • 現代版「ひらけ!ポンキッキ」を目指している。
  • 公式サイトの管理は、番組開始当初はYahoo!きっずが、後にテレビ東京が行っている。Yahoo!きっず内にサイトがあったときは、Yahoo!から「ピラメキ!」を検索すると即、公式サイトにジャンプできた。携帯サイトはテレビ東京が運営している他、吉本興業が着うたなどをテレビ東京とは別に管理し配布している。

変遷編集

放送期間 タイトル 放送時間(JST
月曜 - 木曜 金曜 月曜 火曜 水曜 - 木曜 金曜
2009年4月6日 - 2010年4月9日 ピラメキーノ 18:30 - 19:00(30分)
2010年4月12日 - 2010年10月1日 ピラメキーノ ピラメキーノG 18:30 - 19:00(30分) 18:30 - 20:00(90分)
2010年10月4日 - 2011年3月4日 18:30 - 19:54(84分)
2011年3月7日 - 2012年12月24日 ピラメキーノ 18:30 - 19:00(30分)
2013年1月7日 - 2013年3月29日 18:30 - 19:00(30分) 18:30 - 18:55(25分) 18:30 - 19:00(30分) 18:30 - 18:55(25分)
2013年4月1日 - 2015年9月30日 ピラメキーノ640 6:40 - 6:45(5分)

記念回編集

放送日は全てテレビ東京系列のもの。

放送日 記念回
2009年4月6日 第1回
2009年8月24日 第100回
2011年3月28日 第500回
2013年3月28日 第1000回

歴史編集

2009年編集

  • 4月6日 番組放送開始。
  • 8月24日 放送100回達成。それを記念して「ピラメキたいそう」には当局の島田昌幸社長が参加した。
  • 10月5日からは「このあとすぐ」の5秒クロスがリニューアル、11月2日からは、「はんにゃとフルポンのピラメキーノ始まるぞ」という番組開始時の予告部分はピラメキたいそうを最初に放送するとき以外は表示されず、不定期放送となっていた時期があった。
  • 12月21日 クリスマスイベントでディファ有明から生放送を行った。
  • 12月28日 - 2010年1月1日 年末年始特別編成のため休止。

2010年編集

  • 1月4日 携帯サイトオープン。会員(ピラメイト)になると会員証の発行や待受、カレンダー、着ボイスなどをダウンロードすることができる。ただし、着うたは会員でなくても有料でダウンロードできる。
    3月から、月初めに「ピラッキーナンバー」と題して、ピラメイト会員で会員証を発行した人を対象にしたプレゼント抽選が行われている。当選番号は会員証の会員番号で、メンバーによるくじ引きで決まる。初回は3月2日に実施。1等はメンバーのサインが入った「ピラメキたいそう」の帽子(1名)、2等は村上が描いたピラメキパンダの待受け画像と罰ゲームの一発ギャグ映像(メンバー4人がピラメキパンダの絵を描き、ピラメキパンダに「絵心がない」と指摘された村上の絵が待受け画像に採用され、その罰ゲームで一発ギャグを披露した)がダウンロードできる(下2桁一致)。
  • 1月18日 番組放送200回記念。前回「たいそう」に参加していた島田社長は今回敢えて登場せず、手紙で「200回は通過点なので次は500回を目指してほしい」と伝えられた。またこの回では瞬間最高視聴率ベスト3が発表され、ポリ・ゴンザレスは1位の理由を裏番組の高校野球中継(NHK教育)が延長して、「天才てれびくんMAX」が休止だったからと説明した。
    1位 2009年8月20日 6.9%(「漢字おバカ殺人事件」で3人一緒に解答した瞬間)※歴代最高視聴率も同日
    2位 2009年12月21日 6.3%(クリスマス生放送でオンナラブリーの締めのハートマークが決まった瞬間)
    3位 2009年11月17日 5.7%(金田へのドッキリでおじさんが「トイレ」と言った瞬間)
  • 2月1日キッザニア東京にオープンする、テレビ東京出展の「テレビ局パビリオン」にオリジナル番組「ピラメキッザニア」として出展される[8]。1日放送分ではパビリオンの紹介とともに、実際にメンバーがスタッフや出演者となって「ピラメキッザニア」を体験した。
  • 2月10日Onara はずかしくないよ」や「ピラメキたいそう」を収録したDVD付きCDが発売された。「Onaraはずかしくないよ」は番組未公開の2番まで完全収録、DVDでは「オンナラブリー」の衣装やシチュエーションもさまざまなものが用意されている。「ピラメキたいそう」は「はんにゃが解決! ver.」と「フルポンが解決! ver.」の2曲が入っている。このCDは2月12日付のオリコンデイリーランキングで売り上げ第3位となった。
  • 2月12日 池袋サンシャインにてピラメキCDゲリライベントを開催。フルーツポンチとの握手会とピラメキパンダとの撮影会が行われた。当日に現地でCDを購入した人にだけゲリライベントの参加券が渡され、イベントに参加することができた。
  • 2月14日 ららぽーと豊洲と越谷のイオンレイクタウンでCD発売記念イベントを開催。はんにゃ・フルーツポンチ・オンナラブリーとの握手会と、ピラメキパンダとの撮影会が行われた。事前に会場でCDを購入した人に先着順で参加券が渡され、イベントに参加することができた。
  • 2月20日 ピラメキーノトランプ「ピランプ」発売開始。数札の表面は「Onaraはずかしくないよ」と「ピラメキたいそう」のパラパラマンガになっている。一部「しんれい君」が隠れているものもある。絵札とエースジョーカーはキャラクターの絵やピラメキパンダの写真になっている。
  • 2月27日 ショウワノートとの提携によりピラメキーノオリジナル文房具が発売される。
  • 3月19日 - 4月4日 富士急ハイランドに「ピラメQノ」と題した特設ブースが設けられる。3月22日と4月4日にはメンバーが来場しイベントが実施され、3月22日の回は13:55 - 14:30に関東ローカルで「春のスペシャルライブ 生放送!」が放送された。
  • 4月16日から毎週金曜日は「ピラメキーノG」として18:30 - 20:00までの1時間30分の拡大放送(地上独立テレビ局は19:00 - 20:00の放送)となっている[9]。ただし、19時台に特別番組が放送される場合は30分に短縮され、「G」はつかない。また、月曜日から木曜日については従来通り18:30 - 19:00の放送である。
  • 6月7日 放送300回達成
  • 6月25日 アナログ放送ではLB(レターボックス)化(28日から30日は4:3放送)。また、7月1日2日はテロップ表示位置が4:3位置のまま再16:9化されている
  • 7月1日 ピラメキパンダが地デジ宣伝大使に就任したのに伴い、関東地域のみ番組冒頭とCM明けに5秒間表示される「TV TOKYO 7ch digital」ロゴが同マスコットのマーク(頭の上がランプの代わりに7chロゴマーク)に変更された。
  • 7月5日 この放送から完全LB放送になった。
  • 8月3日 - 8月5日LIVE STAND2010」の舞台裏がジングルとして放送されピラメキパンダとガチャピンムックが初共演を果たした。
  • 8月27日 富士急ハイランドでピラメキサマーライブが実施、当日は一部が生放送で放送された。
  • 9月23日 番組内で「ポケモンまつり」の模様を生中継で放送(翌日のテレビ大阪の再放送は休止)。ステージにはピラメキパンダが駆け付けた。
  • 10月8日 この日からゴールデン版の放送時間が6分短縮され、19:54までの放送となる。
  • 10月25日 放送400回(ピラメキッドたいそうver.)
  • 11月3日 日本シリーズ中継(ロッテ中日)のため放送休止。
  • 11月22日 - 12月27日 公式サイトにて、都道府県判定(ジオターゲティング)技術を用いて、日本国内のうち「ピラメキーノ」の放送(番組購入による山形県・福島県の遅れネットを含む)が無い府県と、大阪府を対象とした、本放送と同時刻ネット配信の実証実験を行った[10][11]。(ただしCM中とインフォメーション中は関連グッズやゲームなどのCMに差し替え、金曜日の「ピラメキーノG」は19時まで、12月24日は編成上の都合で配信なし)つまり、この期間は一部地域を除いてほぼ全国で同時刻に番組の視聴が可能となる。大阪府のみ、テレビと同時刻にネット配信でも視聴が可能となるので、その影響がどの位あるのかも検証した。
  • 12月20日 クリスマスパーティ「だるだるダルサンタナイト」でディファ有明から生放送された。
  • 12月28日 - 2011年1月4日 年末年始特別編成のため放送休止。

2011年編集

  • 3月7日 はんにゃ金田の遅刻と川島がプライベートに現を抜かしているという理由によりはんにゃが準レギュラーに降格される。(あくまでコーナーの企画での出来事であり、その後も待遇は変わっていない)
  • 3月11日 東日本大震災の報道特別番組のため放送休止。この日が「ピラメキーノG」の最終回の予定だったがお蔵入りになった。この日に予定していた内容は一部を除いて後日に通常放送で分割して放送した。
  • 3月14日 - 3月15日 東日本大震災のため自粛措置として放送休止。この時間は環境番組「ネイチャーランド」に差し替えた。
  • 3月16日 - 3月18日 東日本大震災関連の情報をL字画面で表示しながらの放送となった。また、地震の影響で占いのコーナーが休止(4月11日に再開)になるなど番組構成も一部変更されている。
  • 3月23日 番組初のDVDを2本発売、以降5月、7月にも2本ずつ発売。
  • 3月28日 放送500回達成。東京スカパラダイスオーケストラが記念のたいそうに参加した。
  • 4月4日 - 6月30日 東日本大震災で被災した子供たちに見てもらうための取り組みとして、「ピラメキーノ」の人気コーナーをYouTubeで期間限定配信(出張ピラメキーノ)を実施、「ピラメキたいそう」、「Onaraはずかしくないよ」、「辞書めっこ」、「ドッジボールワンターゲット」が配信されていた。
  • 7月31日 富士急ハイランドで「ピラメキサマーライブ2011 笑顔と元気だ!ピラメQノ」を開催した。また、このイベントでは東日本大震災の復興支援としてオリジナルTシャツを販売し、その収益を日本赤十字社を通じて義援金として寄付した。
  • 12月1日 番組とピザーラとのコラボによる「ピザメキーノ」を翌年1月31日までの期間限定で発売した。内容はテリヤキチキン、ポテト&コーン、エビ&フレッシュトマト、マスカルポーネ&ダイスパイン(メープルシロップ別途同梱)の4つの味で構成された。
  • 12月27日 「ピラメキーノG」の最終回の未公開映像を一部放送。
  • 12月29日 - 1月4日 年末年始特別編成のため休止。

2012年編集

  • 3月2日 ピラメキーノ公式ECサイト「ピラタウン」をオープン。
  • 5月5日 ピラメキーノ特別編「沖縄絶品&ミステリーグルメツアー」を関東ローカルで放送(テレビ北海道では6月5日に、テレビ大阪では9月18日に下記のプロ野球中継による通常放送休止分の穴埋めで放送)。
  • 6月5日 プロ野球「ソフトバンクVS巨人」が中継されるため休止(テレビ愛知は「西武VS中日」に差し替え。プロ野球中継のない局のうち、テレビ大阪は「LOVEまさお君が行く!公開直前スペシャル」に差し替え、テレビ北海道は上記にある特別編を次番組の「ありえへん∞世界」の2時間スペシャル(同年4月10日放送分でプロ野球中継差し替えに伴う後日放送)とともに穴埋め番組として放送)。
  • 8月4日 日比谷公会堂で「ピラメキーノ!夏の歌祭り!〜鼻からブタのケツでまいっちんぐ!」を開催。
  • 8月6日 ロンドンオリンピック中継のため休止。
  • 9月18日 プロ野球「中日VS巨人」が中継されるため休止(テレビ東京とテレビ愛知のみ)。空いた18:30-19:00の当該時間帯のうちテレビ大阪では上記の特別編を、TVQ九州放送ではプロ野球中継放送で未放送の本番組(4月10日放送分)を穴埋め番組として放送。その他、テレビ北海道では「たべコレ」(9月2日放送分。通常は関東ローカルと愛媛県の南海放送のみの放送でTXN系列各局では未放送)、テレビせとうちでは同年3月23日にTVQ九州放送(福岡県ローカル)で放送された「ゲーム秘宝堂」をそれぞれ単発番組・穴埋め番組として放送。
  • 10月16日ペット大行進! ど〜ぶつくん」初回スペシャル放送のため休止。
  • 10月19日お金がなくても幸せライフ がんばれプアーズ!」初回スペシャル放送のため休止。
  • 11月20日 「ペット大行進! ど〜ぶつくん」2時間半スペシャルのため休止。
  • 11月27日 「ありえへん∞世界」2時間半スペシャルのため休止。
  • 12月25日 - 1月4日 年末年始特別編成のため放送休止。

2013年編集

  • 1月8日 この日より火曜と金曜に限り5分短縮し放送枠が18:30-18:55になった。
  • 1月11日 「お金がなくても幸せライフ がんばれプアーズ!」2時間半スペシャルのため放送休止。
  • 3月28日 放送1000回達成。
  • 3月29日 この日をもって夕方枠での放送を終了。
  • 4月1日 この日より6:40-6:45に移動、タイトルを「ピラメキーノ640」に改める。放送時間は25分短縮(火曜と金曜は20分短縮)した。
  • 6月5日 放送1000回達成を記念して番組7枚目のDVDを発売。
  • 8月19日 ルミネtheよしもとで「ピラメキーノDVD発売記念イベント 夏のファン祭り」が開催された。
  • 10月24日 キッザニア東京で「テレビ東京7チャンまつり@キッザニア東京」を開催、ピラメキーノ640の公開収録が行われた。
  • 12月23日 「ピラメキーノXmasスペシャル」を関東ローカルで8:00-8:30に放送。
  • 12月30日 - 1月3日 年末年始特別編成のため放送休止。

2014年編集

  • 3月22日23日 鈴木福主演の映画「ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜」が第6回沖縄国際映画祭で上映。
  • 4月29日 ピラメキーノ特別編 デカ盛りツアーin沖縄を10:00 - 11:00に関東ローカルで放送。
  • 5月5日 テレビ東京フェスティバルで「ピラメキアニメ祭り」を開催。
  • 10月19日 映画「ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜」が京都国際映画祭で上映。
  • 11月3日 ピラメキーノ 秋のデカ盛りツアーSPを9:30 - 10:00に関東ローカルで放送。
  • 12月10日 キッザニア東京で「テレビ東京7チャンまつり@キッザニア東京」を開催、ピラメキーノ640の公開収録が行われた。

2015年編集

  • 1月4日 ピラメキーノ お年玉もらえちゃうよ!新年SPを8:00 - 8:55に系列6局ネットで放送。
  • 2月21日 映画「ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜」の公開開始。
  • 4月5日 ピラメキーノ春祭りSP~人気?!キャラ大集結!一発ギャグ頂上ついに決定!?を16:00 - 17:15に系列6局ネットで放送。
  • 9月2日 映画「ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜」のDVDが発売。
  • 9月30日 放送終了。

2016年編集

  • 1月31日 番組終了後も継続していたキッザニア東京のパビリオン「ピラメキッザニア」がこの日を持って終了。これにより「ピラメキーノ」の歴史に完全に終止符が打たれた。

出演者編集

レギュラー編集

準レギュラー(一部コーナーのみ出演)編集

テレビ東京アナウンサー編集

  • 板垣龍佑(「ドッジボールワンターゲット」・「3ONストライカー」・「うがい官房長官」・「仁義なきぬるぬるの戦い」)
    2010年4月7日放送分の「うがい官房長官」からひらがな(いたがき りゅうすけ)でクレジット表記
  • 矢内雄一郎(「ドッジボールワンターゲット」・「3ONストライカー」・「うがい官房長官」)
    2011年1月24日放送分の「ドッジボールワンターゲット」からひらがな(やない ゆういちろう)でクレジット表記
  • 中川聡(「3ONストライカー」)
    2011年1月10日放送分の「3ONストライカー」からひらがな(なかがわ さとし)でクレジット表記
  • 林克征(「ドッジボールワンターゲット」・「3ONストライカー」)
  • 植草朋樹(「3ONストライカー」)
  • 島田弘久(「ピンポンスタジアム」)
  • 斉藤一也(「恐竜ニュース」)
  • 繁田美貴(「子役恋物語」・「おんなごころ! おかあさんといっしょクイズ」・「絶叫!なぞなぞコースター」)
  • 前田海嘉(「子役恋物語」・「おんなごころ! おかあさんといっしょクイズ」)
  • 大竹佐知(「子役恋物語」・「おんなごころ! おかあさんといっしょクイズ」)
  • 須黒清華(「おんなごころ! おかあさんいっしょクイズ」)
  • 狩野恵里(「おんなごころ! おかあさんいっしょクイズ」)
  • 前田真理子(「子役恋物語」・「おんなごころ! おかあさんいっしょクイズ」)

そのほか、コーナーレギュラーを含むゲストあり。

ナレーター編集

登場キャラクター編集

アニメ絵で描かれたキャラクターが登場し、各コーナーの説明等を行う。かつてはCM前の番組がまだ続く告知のカットと番組終了のカットではアニメキャラが全員集合していた。2015年4月5日のSPでは全員落ちぶれてアルバイト生活していたことが判明した。

ピヨッ太
卵の殻を被った、黄色いひよこのようなキャラクター。口が悪く、メンバーに失礼なことを言うことがある。唐揚げが大好物だが鶏肉しか認めない。一人称は「オラ」。2011年3月28日の500回達成日に筋肉質の実写キャラとして生まれ変わった(従来のアニメ版も引き続き登場する)。登場コーナーは番組開始直後のジャンクション・「ここだけの話アンケート」(声によるコーナー進行)・「ドロP」(声によるコーナー進行)・「ざっくり戦士ピラメキッド」(登場する人形の声として)。
ミスター・フジヤマ
青い衣装の、忍者のようなキャラクター。アメリカ出身であるが、本名や年齢は一切不明。登場コーナーは「ドッジボールワンターゲット」(ルール説明)・「3ONストライカー」(ルール説明)・「インフォマーシャル」(商品説明)。「なんてフワフワなんだJAPAN」など一部のコーナーではリアル実写版(コスプレ)として登場。
ミス・ゲイシャ
ピンクの衣装を着た、「くノ一」のキャラクター。ミスター・フジヤマと同様、アメリカ出身であるが、本名や年齢は一切不明だがフジヤマと同い年である(成人にはなっている)。アニメキャラの中では出番が最も少ないが「ピラメキーノ」公式サイトのキャラクター人気投票で第1位を獲得したことがある。登場コーナーは「インフォマーシャル」(商品のPRポイントをたずねる)。フジヤマ同様、一部のコーナーではリアル実写版として登場。
タカシ少年
スーツ姿でカメラを首から提げている男性キャラクター。好奇心旺盛な性格で、特に女心には興味津々である。「恋する女子・モテたい男子 明日(週末)のピラメキーノ占い」でのセリフから、星座はさそり座である事が判明した。なお、立ち位置によりペンを持つ手が変わるため両利きであるように思われるが、正式には右利きで、昔右手を骨折したときに左手で勉強していたら、左でも文字が書けるようになったという。また、友達がいないことや臭い等を指摘されているあたり、サキ姉にはあまり好かれていないようである。登場コーナーは「子役恋物語」(男子の感情の代弁)・「おんなごころ! おかあさんといっしょ」(コーナー説明)・「漢字おバカ殺人事件」(正しい漢字の解説)・「ムシコンプ大図鑑」(コーナー進行)・「恋する女子・モテたい男子 明日(週末)のピラメキーノ占い」(男子の占い)・「インフォマーシャル」(商品のPRポイントをたずねる)。
サキ姉
ゴージャスな出で立ちの女性キャラクター。色々な過去を経て現在に至る。大抵タカシ少年とのセットで登場し、彼より上の立場に在りながら仕事はタカシ少年の方が多い。タカシ少年には厳しい。登場コーナーは「子役恋物語」(女子の感情の代弁)・「おんなごころ! おかあさんといっしょ」(コーナー説明)・「恋する女子・モテたい男子 明日(週末)のピラメキーノ占い」(女子の占い)・「インフォマーシャル」(商品説明)。
ポリ・ゴンザレス
ポリゴンで描かれたモヒカン頭のキャラクター。唯一、司会陣とのやり取りがあるキャラクターである。声や口調はオカマを意識している。筋骨隆々な体格と格闘家や闘士を思わせる外見ながら繊細な性格で、募集内容への応募が来ない事をいつも心配している。口癖は「多分来ないと思うけど……」。登場コーナーは「大募集のコーナー」(司会進行)・「インフォマーシャル」(商品のPRポイントをたずねる・単体ではコーナー紹介)。
ピラメキパンダ
アニメではなく着ぐるみのキャラクター。赤・青・白のカラーリングで頭頂部に電球のような物を付けたパンダ。会話をすることができず、発言は筆談による。1回「ピラメキたいそう」をすると10分の休憩を必要とする。パンダ故に気難しい性格で、司会陣とはあまり打ちとけていない。女性に対しナンパしたことがある。また、ゴールデン進出のポスターを許可なく貼ろうとして、警官に止められたこともある。誕生日は本番組がスタートした日に合わせ、4月6日となっている。2010年2月15日、携帯サイトでピラメキパンダのつぶやき「ピラッター」を開設。「ピラメキーノ」の放送日にはほぼ毎日更新している。2010年7月よりテレビ東京系列の地上デジタル7ch宣伝大使に就任。大使として番組出演する場合は、7チャンパンダと呼ばれ、赤青のはっぴを羽織り、頭部は電球ではなく7chマークが付けられている、なお2013年9月から新しい局キャラのナナナが誕生したことにより7チャンパンダは局キャラを降ろされる形で姿を消した。2013年12月現在の肩書はテレビ東京新キャラ応援団長。登場コーナーは「ピラメキたいそう」(バックダンサー)・「ピラメキロック」(ドラム)・「なんてフワフワなんだJAPAN」・「キャラ-1 GP」(チャンピオン)・「ドッジボールワンターゲット」・「3ONストライカー」・「おんなごころ! おかあさんといっしょ」・「ここだけの話アンケート」・「大募集のコーナー」・「いぬ奴姉さん」・「ドロP」。
ガイコツパンダ
「キャラ-1 GP」でピラメキパンダのライバルとなる悪役の着ぐるみキャラクター。ピラメキパンダを骸骨化させたようなキャラで、ガイコツマスコットの頂点に君臨する。会話をすることは可能。好物はミルク。金田GMをさらっていたが、ピラメキパンダとの直接対決で敗れた後に和解した。
ピラメキ君
2010年の新キャラクター募集から誕生した着ぐるみのキャラクター。「ピ」の文字がそのまま体になっている。会話をすることは可能。なんでもよくピラメく性格で、ミニピラメキ君と仲が良い。しかし、初登場以降ほとんど出番がなくMCに忘れられたこともある。2011年3月のゴールデン撤退に伴うリストラ策から爆破されて消滅した(爆破されて消滅されたことは同年の12月に明かされた)。

構成編集

当番組では、一つのコーナーを一回あたりの放送時間を短くして、複数曜日に跨いで放送させることが多い。1人のゲストが飛び飛びの放送間隔で出演することも多い。『G』では他の曜日との差別化を図るため、『G』でのみ放送されるコーナーが一部存在し、それらは放送時間も長く設定されている。通常版では大半のコーナーは曜日に関係なく放送される。2010年9月までは『G』でも一部放送されたが、10月以降「占い」を除いて別構成となっている。

『G』の19時台はフライングスタート方式で18時台からコーナーを開始するため、飛び乗りする独立テレビ局向けに飛び乗りポイントを設定している。なお、全編『G』として放送される金曜日もビデオリサーチ社の視聴率調査結果は18:30-19:00をピラメキーノ、19:00-19:54をピラメキーノGとして18時台と19時台を分けて発表している。

コーナー編集

特別企画編集

ピラメキーノ卓球対決
2009年4月29日と4月30日に行われた『世界卓球2009』との連動企画。横浜ランドマークプラザからの生中継で、視聴者(主に小中学生)とピラメキパンダが3点先取の卓球対決をした。参加者には勝ち負けに関係なく、番組オリジナルグッズがプレゼントされた。
雪印乳業PRESENTS 5000人と踊ろう!ピラメキたいそう
2009年7月27日によみうりランド・オープンシアターEASTにて開催された。当日は雨天にもかかわらず6024人が参加した。ピラメキたいそうの他にも百番勝負スペシャルや漢字おバカ殺人事件なども行われた。イベント当日では全編ハイビジョン制作リアルタイム字幕放送無しの生放送を実施した。2009年8月12日の放送では生放送に収まらなかった内容をピックアップして放送した。
ピラメキーノクリスマスパーティー
2009年12月21日にディファ有明にて開催された。当日はメンバー全員がサンタクロースの格好でピラメキたいそうクリスマスバージョンを披露、「うがい官房長官」のクリスマスバージョン「うがいサンタクロース」(出題者は金田)や、「子役恋物語 シーズン11」の最終話を放映、成立したカップル2組が実際にステージに上がり、メンバーから東京ディズニーランドのペアチケットが贈呈された。最後に「Onaraはずかしくないよ」を観客と共に踊って終了した。
ロナウジーニョと呼ぶな!AD牧田の逆襲!!
はんにゃ川島がAD牧田に対して「ロナウジーニョに似てる」と発言から2010年3月29日から3月31日まで行った企画。3番勝負でAD牧田が勝った場合ははんにゃ川島が反省する。相方の金田はAD牧田の味方になっていた。その後、AD牧田は「マキジーニョ」という愛称が付けられている。
夏休み直前!緊急企画「芸能人の通知表大公開スペシャル」
2010年7月16日の「G」で「ここだけの話アンケート」の拡大版として放送された。はんにゃ、フルーツポンチとハリセンボン、辻希美、ギャル曽根、平成ノブシコブシ吉村、バッドボーイズ佐田の小学校時代の通知表をその頃の写真や担任の先生の所見欄などとともに公開し、3点満点で全教科の平均点を割り出してランク付けした(辻は中学校の通知表しか残っておらず、小学校時代の通知表で競うというコンセプトから外れるため、ランキング圏外となった)。村上のみスタッフが実際に実家を訪れ、通知表だけでなく部屋やアルバムの写真も公開された。吉村は児童会の副会長に立候補したときの演説文も公開された。なお、このコーナーは10月にも2度放送されている。
ヒロスエーノ
2012年6月21日から6月22日までの限定で映画『LOVE まさお君が行く!』の宣伝として、香取慎吾広末涼子の出演時に本来の「ピラメキーノ」の看板を広末VIP扱いで「ヒロスエーノ」に変更し、CMのタイトルコールも「ヒロスエーノ」となっている。
負けたらレギュラー交代 ピラメキVSももクロ 三番勝負
2012年7月12日から7月13日まで、映画『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』や『メロエッタのキラキラリサイタル』の主題歌を歌うももいろクローバーZが宣伝も兼ねて出演。ピラメキサブキャラクター達と組んで番組をのっとる為に、ピラメキレギュラーたちに三番勝負を挑み完勝した。ピラメキレギュラーの平謝りで番組がのっとられることは回避されたものの、翌週7月16日から7月20日までの限定で番組内の看板とタイトルコールが「ももメキーノ」に変更され、番組冒頭はももクロがポケモン主題歌を披露するコーナーからのスタートとなった。この三番勝負で、元々ももクロファンである金田が、対決相手という立ち位置にもかかわらずデレデレであった。
ピラメキーノのぽっちゃりキャラは私だ! ニッチェ江上VS渡辺直美 5番勝負
2012年7月23日から7月27日まで放送。渡辺直美が勝利し、デブ女芸人が必要となった場合優先的に出演できることになる。ダルさんも出演していたが、ダルさんの妹ダル美として渡辺直美が出演した。
ピラメキーノのぽっちゃりキャラは私だ! ニッチェ江上VS渡辺直美 リベンジ勝負
2012年9月24日から放送。
ピラメキーノinフランス・パリ
2012年7月26日から7月27日まで、8月2日から8月3日まで放送。ピラメキーノのキャラたちがナルトと一緒にJAPAN EXPOへ行った。
ピラメキーノVS 9nine 三番勝負
2012年10月10日から10月12日まで放送。
中国の妖怪 キョンシー」から生まれたドラマ『好好!キョンシーガール〜東京電視台戦記〜』の番宣企画。
10月のエンディング曲はドラマ主題歌と同じ「イーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール」。

スタッフ編集

スタッフのデータは特記がない限り夕方時代のものである。

  • 構成:酒井健作(G放送時は坂出犬作名義[13])、田中到大西右人
  • 技術:菊地裕介(テレビ東京)、千明裕史/丸山真平(640から)
  • 映像:若林学、佐藤誠二/持塚浩司、佐久間元貴、菊地裕介、長沼伸明(全員640から)
  • カメラ:野瀬一成、為末和寛/西村光平、高村和隆、段野祐一郎、近藤慎司、藤本茂樹(全員640から)
  • 音声:斉藤孝行(テレビ東京)、臼本泰一/湯面由香里(640から)
  • 照明:曽我秀樹
  • 美術:薬王寺哲朗(以前はデザイン)
  • デザイン:小野清菜(以前は美術進行)
  • 美術進行:仙田拓也、篠田幸実(篠田→640から)
  • トータルデザイン:ニイルセン
  • CG:山口剛史、中角荘一
  • メイク:金子友美・永野早希子(山田かつら
  • 衣裳:松林圭江(東京衣裳)
  • 音響効果:小田切暁・林正貴(278
  • 編集:佐々木智司、宮崎章司、尾崎博樹、奥田雄介、北浦美夫(宮崎・尾崎・奥田・北浦→640から)
  • MA:長谷川真哉、佐藤卓也
  • 制作デスク:渡辺京子(SP放送、最終回のみ)
  • AP:竹内美佳(テレビ東京)、小倉文(小倉→640から)
  • 制作進行:田端季紗(夕方時代は演出補)
  • AD:宮川匡貴(640から)
  • ディレクター:石原良憲、徳永雄治、阿部史弥、伊部和憲、鎌形純(全員640から、伊部→以前はAD)
  • チーフディレクター:小紫弘三(640から)
  • 総合演出・プロデューサー:太田勇(テレビ東京、以前は演出、プロデューサー兼務は640から)
  • プロデューサー:田中裕樹・松生藍(よしもとクリエイティブ・エージェンシー、田中・松生→共に640から担当)、加茂忠夫(オフィスクライン、以前は制作プロデューサー、一時離脱→復帰)
  • 技術協力:テクノマックススウィッシュ・ジャパン麻布プラザ、港家
  • 美術協力:テレビ東京アート
  • スタッフ協力:BACK-UP MEDIA(2013年4月 - )
  • 制作協力:吉本興業
  • 製作著作:テレビ東京

過去のスタッフ編集

  • 総合プロデューサー:山崎圭介(テレビ東京)
  • プロデューサー:小高亮・柴幸伸・佐久間宣行・塩原幸雄・露木寛子・内田久善(テレビ東京)、山田貢・城下拓也(よしもとクリエイティブ・エージェンシー、山田→一時離脱→復帰)、林敏博、磯田裕子(BACK-UP MEDIA、640から)
  • 総合演出→演出プロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)
  • 演出:岡田秀行
  • ディレクター:河野安治、陳賛淑、中田三浩、茂木孝太、山本カンスケ、藤本直樹、田村育/藤枝彰・小比類巻将範・魚田英孝・斉藤純二・水野亮太・田中晋也(テレビ東京)、西田賢、落合圭太、有田直美、庄司金之助、安井章浩、武田治、高橋淳、築地敦史、加納健一郎(加納健一朗)、伊藤由理子、八木幹雄、石岡孝利、羽柴康晴、谷原マリア、国玉靖仁、牧田亜矢子、石本典隆、小川剛、島田健作、角田瞬、山本健太郎、杉浦伸男(以前は演出補)、福沢英之、増田貴也、板川侑右、奥野歩実(奥野→SP放送時ではAD)
  • AP:石井成臣(テレビ東京)
  • 制作進行:福岡雅秀、磯崎千絵、中沢香織、木下真奈未
  • AD:高橋一馬、岩下裕一郎、加藤展康/久岡佳樹、小笹優、柳将和、甲斐萌美、太田直人、安達毅(SP放送時のみ)
  • 演出補:奈良真宏、柳橋祥太、堀田光里(堀田→SP放送時ではAD)
  • 構成:なかじまはじめオークラ酒井義文井筒大輔
  • 技術:おおやまひろし
  • 映像:山本豪雄
  • カメラ:松原弘兼
  • 「ピラメキーノ」プロジェクトチーム:今井豪、寺原洋平、大和健太郎、福田和恵、細谷伸之、本田光範、蜷川新治郎、柳沢清一、尾入可奈子、市倉麻衣、浜田真由子
  • 音声:松本直人
  • 美術進行:野本和広、森本士朗
  • 編集:加藤裕也
  • MA:高野博臣
  • TK:中嶋梨沙(SP放送時のみ)
  • 番宣:石井真知子、長江璃奈(テレビ東京)
  • スタッフ協力:Yahoo!JAPANきっず、ビーダッシュジャパンプロデュースオフィスクライン

ネット局編集

終了時点のネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 テレビ東京(TX) テレビ東京系列 月曜-金曜
6:40 - 6:45
制作局 [14]
北海道 テレビ北海道(TVh) 同時ネット [15]
愛知県 テレビ愛知(TVA) [16] [17]
大阪府 テレビ大阪(TVO) [18]
岡山県・香川県 テレビせとうち(TSC) [19]
福岡県 TVQ九州放送(TVQ) [20]

過去のネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 脚注
石川県 北陸放送(MRO) TBS系列 水曜
16:00 - 16:27
[21]
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日本テレビ系列 金曜
15:50 - 16:45
[22]
岐阜県 ぎふチャン(GBS) 独立局 金曜
19:00 - 20:00
[23]
滋賀県 びわ湖放送(BBC) 金曜
19:00 - 19:54
[24]
奈良県 奈良テレビ(TVN) [25]
和歌山県 テレビ和歌山(WTV) 水曜
19:00 - 19:55
[26]
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 日曜
13:00 - 13:54
[27]
新潟県 新潟放送(BSN) 土曜
16:00 - 16:55
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列 不定期放送 [28]
山形県 テレビユー山形(TUY) TBS系列 日曜
5:45 - 6:15
[29]
福島県 福島テレビ(FTV) フジテレビ系列 金曜
15:00 - 15:30
[30]

視聴率編集

特記なき場合、テレビ東京の場合。

  • 通常版は1% - 2%台で推移していた。
  • 初回『G』の際、度々、「裏番組のネコ型ロボット」のことをネタにしていた。2010年4月16日放送の「ゴールデン進出スペシャル」においても「あの番組にピラメキーノGが放送時間がかぶるようになるからどうしたらよいか分からない」と言う視聴者からの質問に、金田は「ピラメキーノはリアルタイムで見て、ドラえもん(裏番組)は録画したらいいじゃん」と回答したほどである。しかし、この日は『クレヨンしんちゃん』の1時間スペシャルだった。
  • 『G』版初回の視聴率は4.9%で、以後『G』は3 - 4%台で推移していて毎回時間帯最下位になっている。
  • 9月10日の放送のゴールデン版ではGで最低記録2.8%を記録した。
  • 11月5日の放送のゴールデン版ではGで最高視聴率7.1%を記録した。

エンディングテーマ編集

この節には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(アーティスト名の「パオ(ハートマーク)」)が含まれています詳細

エンディングは月替わりのものとなっており、画面左下にプロモーションビデオが流されている。

2009年11月16日放送分からはスタッフロールの上に表示される映像が、はんにゃとフルーツポンチが投稿を読みあっているものから、「ピラメキーノ」公式サイトをピヨッ太が紹介しているものに切り替わった。2009年12月と2010年2月はピヨッ太が吹き出しのセリフを喋っている。

ピラメキーノGのみ次週金曜の放送の予告が流れる。Gのみを放送する局に配慮し、他の曜日の内容の放送はない。1900飛び乗り局では放送されないコーナーが予告に登場することがある。2010年6月25日放送分からは「※一部内容に変更有り」と表示されるようになっている。

放送時間縮小のためピラメキーノ640ではエンディングテーマは廃止された。

2009年

2010年

  • 1月(1月4日 - 1月29日):0SOUL7『嫌嫌嫌』
  • 2月(2月1日 - 2月26日):オンナラブリー『Onara はずかしくないよ』 - 2月1日 - 12日までは初期(2009年12月4日以前)バージョン、15日からは現行バージョン。
  • 3月(3月1日 - 4月2日):ダウト『SUNRISE』
  • 4月(4月5日 - 4月30日):Camvas『ハルボシ』
  • 5月(5月3日 - 5月28日):NERDHEAD『WHERE'S THE LOVE feat.THE CHOIR』
  • 6月(5月31日 - 7月2日):ZUKAN『ワイワールド』
  • 7月(7月5日 - 7月30日):キリンジ『夏の光』
  • 8月(8月2日 - 9月3日):CLIFF EDGENO LIMIT〜勇気をキミに〜』 -8月2日 - 13日まではライブ映像、16日からはPV映像。
  • 9月(9月6日 - 10月1日):パオ❤『ちょっきん-NA!』
  • 10月(10月4日 - 10月29日):JYONGRI『Amanojyaku』
  • 11月(11月1日 - 12月3日):rhythmic『Just a friend』
  • 12月(12月6日 -12月27日):Seek『おんなの子』

2011年

  • 1月(1月5日-2月4日):SM☆SH『TRUE LOVE
  • 2月(2月7日-3月4日):YGA『恋愛ストライカー』
  • 3月(3月7日-4月1日):NUT『おめでトーン❤ありがトーン』
  • 4月(4月4日-4月29日):スマイレージ恋にBooing ブー!
  • 5月(5月2日-6月3日):SM☆SH『Do it Do it!』
  • 6月(6月6日-7月1日):YGA『情熱ヒロイン』
  • 7月(7月4日-7月29日):Twinklestars『プリーズ! プリーズ! プリーズ!』
  • 8月(8月1日-9月2日):rhythmic『恋花-KOIHANA-』
  • 9月(9月5日-9月30日):果山サキ[31]『一緒、いたいのに。feat.Giorgio 13(NERDHEAD)』
  • 10月(10月3日-10月28日):NERDHEAD『言葉にできないほど好きなのに feat.Mai.K』
  • 11月(10月31日-12月2日):西田エリ『灰色のカラス』
  • 12月(12月5日-12月28日):新選組リアン『Merry X'mas to U』

2012年

  • 1月(1月5日-2月3日):HERO『色合せの法則』
  • 2月(2月6日-3月2日):SUPER☆GiRLSEveryBody JUMP!!
  • 3月(3月5日-3月30日):DOG in The パラレルワールドオーケストラ『ミラクルGO!』
  • 4月(4月2日-4月27日):NERDHEAD『サヨナラマイラブ feat.中村舞子』
  • 5月(4月30日-6月1日):Happiness『We Can Fly』
  • 6月(6月4日-6月29日):NERDHEAD『I'm OK feat.MiChi
  • 7月(7月2日-8月3日):からっと☆『みんなのからあげ』
  • 8月(8月7日-8月31日):YGA『狩り女 夏子』
  • 9月(9月3日-9月28日):チーミー『ちくワッショイ!feat.テキ屋のぐっさん
  • 10・11月(10月1日-11月30日):9nineイーアル!キョンシー feat.好好!キョンシーガール
  • 12月(12月3日-12月21日):チャラ男シンゴ『泣いてNIGHT』

2013年

  • 1月(1月7日-2月1日):DOG in The パラレルワールドオーケストラ『Doggy's Party!!』
  • 2月(2月4日-3月1日):桜木せいら『アメリア』
  • 3月(3月4日-3月29日):MYNAME『Replay』

批評編集

子供向けに制作している番組ではあるが、一部のコーナーで度を過ぎた内容もあり、それらのエスカレートが災いし2011年度まで調査を実施していた社団法人日本PTA全国協議会が調査した「保護者が子どもに見せたくないテレビ番組 - 2009年度」で第7位にランクイン[32]しており、2010年度・2011年度も第6位にランクインしていた(調査は2012年度から中止)。BPO(放送倫理・番組向上機構)の「視聴者の意見」でも番組前期(2009年 - 2011年度)の間において常連といっていいほどこの番組への批判的な意見が紹介されていた。

不祥事編集

2012年に「大募集のコーナー」に応募した視聴者へ連絡メールをした際に一部の応募者のメールアドレスをCC欄に表示したまま送付してしまうミスが発生。このメールは合計9通、計88人に送付された。テレビ東京は公式HPで謝罪を行った[33]

映画編集

ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜
監督 太田勇
脚本 森ハヤシ
出演者 鈴木福
原菜乃華
はんにゃ
フルーツポンチ
生駒里奈
音楽 遠藤浩二
製作会社 テレビ東京、吉本興業
配給 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
公開   2015年2月21日
上映時間 65分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ピラメキ子役恋ものがたり〜子役に憧れるすべての親子のために〜』(ピラメキこやくこいものがたり〜こやくにあこがれるすべてのおやこのために〜)は、2009年より放送されている本番組を題材とした劇場映画[34]。主演は鈴木福[34]。ひょんなことから子役活動をすることになった亀井春人を主人公に、テレビ業界・子役業界の裏側を描く。

キャスト編集

  • 亀井春人 - 鈴木福
  • 狭川由衣 - 原菜乃華
  • 金田哲 - 金田哲(はんにゃ)
  • 川島章良 - 川島章良(はんにゃ)
  • 村上健志 - 村上健志(フルーツポンチ)
  • 亘健太郎 - 亘健太郎(フルーツポンチ)
  • 生駒里奈 - 生駒里奈(乃木坂46)
  • 亀井夏未 - 福原遥
  • P/内田 - 小沢和義
  • D/浜谷 - 水澤紳吾
  • AD/牧田 - 加藤諒
  • 狭川明美 - 安澤千草
  • 亀井秋子 - 伊勢志摩
  • 亀井正春 - 甲本雅裕
  • ピラメキパンダ
  • ダルさん - デイヴィッド・リッジス
  • ピヨッ太 - 水沢史絵(声)
  • ハゲまる子
  • 谷口秀平 - 板垣李光人
  • 高瀬悟 - 髙橋楓翔
  • 田中優馬 - 椙杜翔馬
  • 藤井太陽 - 佐竹遙人
  • 北川光輝 - 武井祐人
  • 佐野蓮 - 西ヶ谷帆澄
  • 石田幸太郎 - 篠田涼也
  • 宗太 - 前田一誠
  • 大樹 - 藤木夢現
  • 春名柊夜
  • 澤田陸
  • ハナ ベリー
  • yume
  • 岸田瑛音
  • おじいさん - 菅登未男

スタッフ編集

  • 監督 - 太田勇
  • 脚本 - 森ハヤシ
  • 音楽 - 遠藤浩二
  • 監督補 - 渡辺武
  • 撮影 - 灰原隆裕
  • 照明 - 三田村拓
  • 美術 - 坂本明
  • 録音 - 福田伸
  • 編集 - 難波智佳子
  • スタイリスト - 杉本京加
  • ヘアメイク - 清水美穂
  • たいそう振付 - 振付稼業air:man
  • 助監督 - 寺田明人
  • 制作担当 - 尾関玄
  • チーム「ピラメキーノ」
  • 制作 - 田村明彦、岡本昭彦
  • ゼネラルプロデューサー - 奥山和由
  • 制作統括 - 松本篤信
  • プロデューサー - 五箇公貴、向井達矢、中村直史、田中裕樹
  • アソシエイトプロデューサー - 武内美佳
  • キャスティングディレクター 久保田隆久
  • 製作プロダクション - テレビ東京、ステアウェイ
  • 企画・製作 - テレビ東京、吉本興業
  • 配給 - よしもとクリエイティブ・エージェンシー

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「大人の言葉講座」「男女子役恋物語シリーズ」(第15シーズンから全篇ハイビジョン制作)などの一部コーナーは4:3のサイドパネル形式で放送。
  2. ^ テレビ北海道番組表
  3. ^ テレビ愛知番組表
  4. ^ ピラメキーノ放映時間変更!朝6時40分 日刊スポーツ 2013年3月4日閲覧。
  5. ^ 登校前にピラメキーノ午前6時40分に移動-芸能ニュース:nikkansports.com(3月4日紙面を当日閲覧)
  6. ^ 『ピラメキーノ』朝6時台に引越し 5分番組に縮小 - ORICON STYLE 2013年3月4日
  7. ^ テレ東『ピラメキーノ』終了へ 紺野あさ美アナの新番組スタート - ORICON STYLE 2015年8月31日
  8. ^ テレビ東京 人気番組 『ピラメキーノ』 キッザニア東京の「テレビ局」パビリオンに進出タイトルは『ピラメキッザニア』 - 2010年1月4日 テレビ東京 (PDF)
  9. ^ webザテレビジョン「ピラメキーノ」がゴールデン進出!! はんにゃ・金田が今度はヒーローに!? (2010.02.19)
  10. ^ テレビ東京:「ピラメキーノ」、ネットで同時配信 - 毎日jp(毎日新聞) (2010.11.20)
  11. ^ 子供向け人気バラエティ「ピラメキーノ」 テレビ東京系列放送エリア外での ネット同時配信実験決定(2010.11.17、テレビ東京HD)
  12. ^ 2014年4月から2015年5月までAKB48兼任。
  13. ^ 裏番組で「ペケ×ポン」放送のため。
  14. ^ テレビ東京:2012年4月2日から11月2日まで8:00-8:25に再放送をしていた。
  15. ^ テレビ北海道:金曜は、2009年7月から9月までは土曜5:00 - 5:30に、同年10月から2010年3月までは土曜6:00 - 6:30に振り替え(2009年6月までの金曜分は放送されなかった)。2010年4月2日放送分から金曜も同時ネット。2012年からは火曜日にTVhファイターズ中継またはTVQからのネット受けでTVQスーパースタジアム・「福岡ソフトバンクホークス対北海道日本ハムファイターズ」を放送する場合は休止となり、番組自体返上される。
  16. ^ テレビ愛知:2010年3月-9月は19:00-19:30に放送されていたアニメ『爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア』が19:00-20:54枠内で『侍スタジアム(プロ野球中継)』やその他特別番組になった場合、同アニメは火曜18:30-19:00に放送されることがあるため休止されることがあったが、そのアニメは土曜日朝に移動した。
  17. ^ テレビ愛知:2010年10月より「ピラメキーノセレクション」が木曜7:30-8:00に放送されている。
  18. ^ テレビ大阪:プロ野球シーズン中は火曜日に『TVO BASEBALL LIVE→全力!!虎中継』や、2010年度はそれに伴うアニメの振替放送により休止になる場合がある。休止分は水曜日8:00 - 8:30(2010年7月〜9月は8:30 - 9:00)に振替放送をする(2009年は休止分の放送はなかった)。また、2010年4月6日から10月2日まで前日放送分の再放送を、火曜 - 金曜の8:30 - 9:00(2010年7月1日までは8:00 - 8:30)と土曜の7:00 - 7:30に放送していた。2012年4月11日に、4月10日の放送分を8:00 - 8:30に振替放送した。
  19. ^ テレビせとうち:2010年夏より「ピラメキーノベストセレクション」と題された再放送(放送内容は過去のコーナーのセレクション)が木曜7:30より放送されている。
  20. ^ TVQ九州放送:2009年9月まで金曜は自社製作番組『ばりすごMAX』を放送するため月〜木での放送で、同時ネットではなく遅れ放送されていた。2009年10月2日からは金曜も同時ネット。2011年までは、プロ野球シーズン中の火曜は『TVQスーパースタジアム』放送のため頻繁に休止をし、休止分を火曜日7:30 - 8:00に振替放送をしていた。2012年のプロ野球シーズン中の火曜は、今まで18:30から放送していた『TVQスーパースタジアム』の中継が19:00からスタートに変更になった為、火曜も同時ネットに変更になった。ただし、2013年3月26日放送分のみは、ホークス開幕直前特番が18:30 - 19:24に放送された影響で、8時間35分遅れの27:05からの放送になった。
  21. ^ 北陸放送:『きらりん☆レボリューション』終了後約1ヶ月のブランクを置いて、2009年10月7日より後番組として放送開始。遅れ分は不明。2010年3月をもって放送終了。
  22. ^ 静岡第一テレビ:2010年5月14日より放送開始。『ピラメキーノG』の19時台の遅れネットとなるが、2010年6月25日をもって打ち切りとなり、1か月で放送終了。
  23. ^ ぎふチャン:2010年4月16日より『ピラメキーノG』19時台のみ同時ネット。2010年4月23日・5月21日・7月30日放送分はナイター中継のため未放送。2010年9月17日放送分で打ち切り。
  24. ^ びわ湖放送:2010年4月16日より『ピラメキーノG』19時台のみ同時ネット。編成の都合により放送されない時がある。2010年5月21日・8月27日放送分はナイター中継のため、2010年8月6日は特別編成のため未放送。
  25. ^ 奈良テレビ:2010年4月16日より『ピラメキーノG』19時台のみ同時ネット。編成の都合により放送されない時がある。2010年5月28日・12月24日放送分は特別編成のため未放送。
  26. ^ テレビ和歌山:2010年4月28日より放送開始。『ピラメキーノG』19時台の遅れネット。ネット12日遅れ。
  27. ^ 熊本放送:2009年6月27日より放送開始、2010年3月まで土曜9:30 - 10:00に放送されていたが、2010年4月から土曜16:00 - 16:30に移動となった。但し4月4日は、18:30から放送の『オールスター感謝祭'10春』に伴い、30分繰り上がり15:30 - 16:00の放送となる。遅れ分は不明。2010年9月に30分版は打ち切りとなった。また2010年5月8日より土曜12:00 - 12:56に『ピラメキーノG』19時台を放送開始、2010年10月に現在の時間に移動した。
  28. ^ 鹿児島テレビ:2012年4月17日の24:55 - 25:25、18・19日の24:40 - 25:10、24日の25:08 - 25:40の計4回放送。番組としては初めての深夜放送であった。
  29. ^ テレビユー山形:2009年6月5日より放送開始。2010年7月9日までは金曜16:24 - 16:53の放送だった。
  30. ^ 福島テレビ:2009年11月4日より放送開始。2010年3月までは水曜15:00 - 15:30の放送だった。
  31. ^ テロップでは「栗山サキ」と誤表記されていた。
  32. ^ マスメディアに関するアンケート調査『子どもとメディアに関する意識調査』 - 調査結果報告書 57頁から66頁 - 2011年3月 社団法人 日本PTA全国協議会 (PDF)
  33. ^ <テレビ東京「ピラメキーノ」メールアドレスの不適切な取り扱いに関するお詫び> - テレビ東京 2012年7月20日
  34. ^ a b “はんにゃとフルーツポンチ出演「ピラメキーノ」子役恋物語が全国公開”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2014年12月20日). http://natalie.mu/owarai/news/134342 2015年2月20日閲覧。 

外部リンク編集

テレビ東京 月曜18時台後半枠
前番組 番組名 次番組
ガレッジ×ビレッジ
【ここまでスキバラ月曜枠】
ピラメキーノ
(2009年4月6日 - 2013年3月25日)
YOUは何しに日本へ?
※18:30 - 19:54
【水曜23:58 - 24:45枠から移動・37分拡大】
テレビ東京 火曜18:30 - 18:55枠
タカトシの空飛ぶチェリーパイ
※18:30 - 19:00
【ここまでスキバラ火曜枠】
ピラメキーノ
(2009年4月7日 - 2013年3月26日)
ペット大行進! ど〜ぶつくん
※18:30 - 19:54
【25分拡大】
テレビ東京 火曜18:55 - 19:00枠
タカトシの空飛ぶチェリーパイ
※18:30 - 19:00
【ここまでスキバラ火曜枠】
ピラメキーノ
(2009年4月7日 - 2012年12月18日)
ペット大行進! ど〜ぶつくん
※18:55 - 19:54
【5分拡大】
テレビ東京 水曜18時台後半枠
地球調査船アメディゾン
【ここまでスキバラ水曜枠】
ピラメキーノ
(2009年4月8日 - 2013年3月27日)
【ここまでローカルセールス・バラエティ枠】
LINE TOWN
【ここから全国ネット・アニメ枠】
テレビ東京 木曜18時台後半枠
キンコンヒルズ
【ここまでスキバラ木曜枠】
ピラメキーノ
(2009年4月9日 - 2013年3月28日)
【ここまでローカルセールス・バラエティ枠】
たまごっち! ゆめキラドリーム
【月曜19時台前半枠から移動】
【ここから全国ネット・アニメ枠】
テレビ東京 金曜18:30 - 18:55枠
ロンブーの怪傑!トリックスター
※18:30 - 19:00
【ここまでスキバラ金曜枠】
ピラメキーノ(第1期)

ピラメキーノG

ピラメキーノ(第2期)
(2009年4月10日 - 2013年3月29日)
テレビ東京 金曜18:55 - 19:00枠
ロンブーの怪傑!トリックスター
※18:30 - 19:00
【ここまでスキバラ金曜枠】
ピラメキーノ(第1期)

ピラメキーノG

ピラメキーノ(第2期)
(2009年4月10日 - 2012年12月21日)
お金がなくても幸せライフ
がんばれプアーズ!
※18:55 - 19:54
【5分拡大】
テレビ東京系列 金曜19時台
ピラメキーノG
(2010年4月16日 - 2011年3月4日)
テレビ東京 金曜19:54 - 20:00枠
Beeミュージアム
【水曜20:54へ移動して継続】
ピラメキーノG
(2010年4月16日 - 2010年9月17日) 
テレビ東京 平日8:00 - 8:25枠
ものスタMOVE
※8:00 - 8:52
【『ものスタ』に改題ならびに
月曜5:10 - 5:45・火 - 金曜日4:55 - 5:45に枠移動】
ピラメキーノ(再放送)
(2012年4月2日 - 2012年11月2日) 
テレビ東京 月曜 - 金曜 6:40 - 6:45枠
前番組 番組名 次番組
ピラメキーノ640
(2013年4月1日 - 2015年9月30日)