メインメニューを開く

ピリドキサール (pyridoxal) は、ビタミンB6の化合物のひとつである。ビタミンB6には他にピリドキシンピリドキサミンがある。これらはすべて、生物体で補酵素形のピリドキサール-5'-リン酸に変換される。

ピリドキサール
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 66-72-8 チェック
65-22-5 (塩酸塩)
PubChem 1050
ChemSpider 1021 チェック
UNII 3THM379K8A チェック
DrugBank DB00147
KEGG C00250 チェック
ChEBI
ChEMBL CHEMBL102970 チェック
特性
化学式 C8H9NO3
モル質量 167.16 g/mol
融点

165 °C (decomp.)

関連する物質
関連するarylformaldehydes ダムナカンタール

ゴシポール

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ビタミンB6のすべての化合物は、複素環式有機化合物であり、自然界では緑色植物に含まれている。欠乏症は、てんかん発作などである。

に易溶、エタノールに可溶、アセトンに難溶。水溶液は光、熱に対して不安定(特にアルカリ性溶液)。 ピリドキシンを二酸化マンガンで酸化すると得られる。

生体内でピリドキサールキナーゼによりピリドキサールリン酸に転換する。