メインメニューを開く

ピリュラー古希: Φιλύρā, Philyrā)は、ギリシア神話女神、あるいは女性。


ピリュラーΦιλύρā, Philyrā)は、ギリシア神話の女神である。「菩提樹」の意。オーケアノスの娘で[2][3]クロノスとの間にケンタウロスのケイローンと[4][5][6][3]、ドロプスを生んだ[6]

ゼウスが子供のころピリュラーは黒海沿岸の島に住んでいたが、島でクロノスは馬の姿となり、ピリュラーと交わった。しかしレアーに発見され、クロノスは馬の姿となって逃げ、ピリュラーも島を去り、ペラスゴスの山中でケイローンを生んだ[4]

また一説に、クロノスはかくまわれているゼウスを探しているときに、トラーキアで馬の姿となり、ピリュラーと交わりケイローンをもうけた。しかしピリュラーは生まれた子の姿を見て悲しみ、ゼウスに願って菩提樹(ピリュラー)に変えてもらったという[3]

脚注編集

  1. ^ ノストイ』断片(アポロドーロス引用、2巻1・5)。
  2. ^ ロドスのアポローニオス、2巻1238行。
  3. ^ a b c ヒュギーヌス、138話。
  4. ^ a b ロドスのアポローニオス、2巻1231行-1241行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻2・4。
  6. ^ a b ヒュギーヌス、序文。

参考文献編集