この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ピロストラトス
  • フィロストラトス

ピロストラトスまたはフィロストラトス古代ギリシア語: Φιλόστρατος, Philostratos ; ラテン語: Philostratus ; 170年頃 - 240年代[1])は、ローマ帝国期のレムノス島出身の著述家弁論家第二次ソフィスト

主な著作として、「第二次ソフィスト」の由来になった伝記集『ソフィスト列伝』[2][3]ナザレのイエスと同時代の奇跡行者の伝記『テュアナのアポロニオス伝英語版[4]トロイア戦争の異説『へーローイコス』[5]、などがある。

フルネームフラウィウス・ピロストラトゥスラテン語: Flavius Philostratus)またはプラビオス・ピロストラトス古代ギリシア語: Φλάβιος Φιλόστρατος, Phlabios Philostratos[注釈 1]。彼の親族には、同業・同出身地のピロストラトスが複数いる[7][8]。一人目は本項のピロストラトス(通称アテナイのピロストラトス[注釈 2])、二人目はその父親のピロストラトス(ベロス・ピロストラトス[8])、3人目は義理の息子かつ甥のピロストラトス(レムノスのピロストラトス)、4人目は孫のピロストラトス(小ピロストラトス)。以上4人のうち、最も著名なのは本項のピロストラトスである[8]

人物編集

ピロストラトスの人物像には不明な点が多く、断片的な資料を繋げ合わせることで推測される。

おそらく170年頃にレムノスで生まれた。青年期にアテナイに赴き、ナウクラティスのプロクロス英語版のもとで弁論術を修得した。その後ローマに移り住み、セウェルス帝妃ユリア・ドムナの主宰する知的サロンに参加した。彼女との縁によりカラカラ帝にも仕え、各地の遠征にも随行した。『スーダ』によれば、軍人皇帝ピリップス・アラブスの在位時(244年 - 249年)まで活動した 。[10][11]

彼がレムノス人だと分かるのは、後世のエウナピオス英語版シュネシオス英語版の記述による。その一方で、フォティオスは彼をテュロス人だとしており[12]、他方で彼自身はアテナイ人を自称している。

彼のプラエノーメンが「フラウィウス」だと分かるのは、『ソフィスト列伝』やヨハネス・ツェツェス英語版の記述による。

作品編集

親族のピロストラトスと混同されやすい等の理由から、作品の帰属にも諸説ある[5]。いずれも古代ギリシア語で書かれている。

へーローイコス編集

『へーローイコス』(古代ギリシア語: Ἡρωικός ; ラテン語: Heroicus ; 邦題:『英雄論』『英雄が語るトロイア戦争』[5]、213-214年ごろ成立)は、トロイア戦争を題材にした物語作品で、ホメロスの『イリアス』と『オデュッセイア』の異説にあたる。

枠物語として、現代(3世紀)のトラキア半島トロイア遺跡の対岸)に住むぶどう園主が、トロイア戦争の英雄プロテシラオス幽霊(英雄神[13])と交流して、その交流内容をフェニキア人旅人対話形式で聴かせる、という体裁をとる。作中では、ホメロスへの賛辞と批判修正が入り交じる。

テュアナのアポロニオス伝編集

 
テュアナのアポロニオス英語版(画像は啓蒙時代に描かれた肖像画)

テュアナのアポロニオス伝英語版[4]古希: Τὰ ἐς τὸν Τυανέα Ἀπολλώνιον ; : Vita Apollonii, 217-238年ごろ成立)は、テュアナのアポロニオス英語版(またはアポッローニオス[14]Ἀπολλώνιος ὁ Τυανεύς)の伝記の形をとった物語作品で、ユリア・ドムナの依頼により書かれた[15]

テュアナのアポロニオスは、1世紀テュアナ出身の新ピタゴラス学派英語版哲学者であり、ナザレのイエスと同時代に活動した奇跡行者でもある。本書では、そのアポロニオスが、西はヒスパニア東はインドまで世界各地を旅する様子を描く。そのなかで、彼の奇跡や哲学の描写だけでなく、地誌伝説上の生物など雑多な内容が描かれる。例えば、ユニコーンラミアーエンプーサオリハルコンバビロンの川底トンネルアキレウスの幽霊[16]などが登場する。

本書によって伝えられたアポロニオスは、3-4世紀キリスト教批判者ソッシアヌス・ヒエロクレス英語版や、啓蒙時代理神論者などに注目された。また、本書におけるラミアーの描写は、17世紀ロバート・バートン英語版に受容され、さらにそのバートンを経由して19世紀ジョン・キーツにも受容された[17]

ソフィスト列伝編集

『ソフィスト列伝』[3]古希: Βίοι Σοφιστῶν ; : Vitae Sophistarum ; : Lives of the Sophists, 231年-237年ごろ成立)は、ソフィスト達の伝記で、執政官ゴルディアヌス1世への献呈作品[18]

全2巻からなり、第1巻ではゴルギアス古代ギリシアのソフィストを、第2巻ではローマ帝国期のソフィスト(第二次ソフィスト)を扱う。内容は、史実に即した伝記というよりは、ピロストラトスの視点に基づく評伝として書かれている。ピロストラトスのいう「ソフィスト」は、蔑称ではなくむしろ「哲学者」と並ぶ尊称だった。

エイコネス編集

その他編集

現代語訳編集

日本語編集

  • ピロストラトス 著 / 内田次信 訳 『英雄が語るトロイア戦争』 平凡社〈平凡社ライブラリー〉、2008年。ISBN 978-4582766523 (『へーローイコス』の全訳)
  • ピロストラトス 著 / 秦剛平 訳 『テュアナのアポロニオス伝1』 京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、2010年。ISBN 978-4876981854 (2巻未刊)
    • 桑山由文 「アテナイへの「あこがれ」とピロストラトス」 『西洋古典叢書月報』 82号、2010年。 
  • ピロストラトス、エウナピオス 著 / 戸塚七郎、金子佳司 訳 『哲学者・ソフィスト列伝』 京都大学学術出版会〈西洋古典叢書〉、2001年。ISBN 978-4876981311 (戸塚七郎 解説)

英語編集

いずれもローブ・クラシカルライブラリー

  • Alciphron, Aelian, and Philostratus, The Letters. Translated by A. R. Benner, F. H. Fobes. 1949. Loeb Classical Library. 978-0-674-99421-8
  • Philostratus, Lives of the Sophists. Eunapius, Lives of the Philosophers and Sophists. Translated by Wilmer C. Wright. 1921. Loeb Classical Library. 978-0-674-99149-1ISBN 978-0-674-99149-1
  • Philostratus, Apollonius of Tyana. 3 volumes. Translated by Christopher P. Jones. 2005-6. Loeb Classical Library. 978-0-674-99613-7ISBN 978-0-674-99613-7, 978-0-674-99614-4, and 978-0-674-99617-5
  • Philostratus, Heroicus; Gymnasticus; Discourses 1 and 2. Edited and translated by Jeffrey Rusten and Jason König. Loeb Classical Library. (Cambridge, Massachusetts and London, England, 2014).

ドイツ語編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ あるいは「ルキウス・フラウィウス・ピロストラトゥス」(Lucius Flavius Philostratus)というローマ市民式の名前も持っていた[6]
  2. ^ 「アテナイのピロストラトス」(ラテン語: Philostratus Atheniensis, 英語: Philostratus of Athensまたは英語: Philostratus the Athenian)という通称は、自身が書簡などで用いた自称に由来する。彼がアテナイ人を自称した理由としては、当時のレムノス島がアテナイ領でありアテナイ市民権をもっていたため、あるいはギリシア文化の中心地であるアテナイがあこがれの的だったためとされる[9][8]

出典編集

  1. ^ Owen Hodkinson (2019年10月30日). “Lucius Flavius Philostratus” (英語). Oxford Bibliographies Online. 2020年8月26日閲覧。
  2. ^ 勝又泰洋 (2017年). “研究ノート 「第二次ソフィスト運動」の知識人たちとの対話”. 日本西洋古典学会. 2020年8月26日閲覧。
  3. ^ a b ピロストラトス、エウナピオス 著 / 戸塚七郎、金子佳司 訳 2001.
  4. ^ a b 秦 2010.
  5. ^ a b c 内田 2008, p. 211.
  6. ^ Philostratus - Livius”. www.livius.org. ヨナ・レンダリング. 2020年9月1日閲覧。
  7. ^ Philostratus - Livius”. www.livius.org. ヨナ・レンダリング. 2020年9月1日閲覧。
  8. ^ a b c d ピロストラトス、エウナピオス 著 / 戸塚七郎、金子佳司 訳 2001, p. 383ff.
  9. ^ 桑山 2010, p. 3.
  10. ^ Philostratus - Livius”. www.livius.org. ヨナ・レンダリング. 2020年9月1日閲覧。
  11. ^ ピロストラトス、エウナピオス 著 / 戸塚七郎、金子佳司 訳 2001, p. 383-390.
  12. ^ A Byzantine commentary on Philostratus' "Life of Apollonius"”. www.livius.org. ヨナ・レンダリング. 2020年9月1日閲覧。
  13. ^ 内田 2008, p. 214.
  14. ^ 勝又泰洋「ピロストラトス『テュアナのアポッローニオス』における語り手の情報の取り扱いについて」『文芸学研究』第20巻、2016年、 64–87、 doi:10.18910/73161
  15. ^ フランソワ・アルトーグ 著、葛西康徳、松本英実 共訳『オデュッセウスの記憶 古代ギリシアの境界をめぐる物語』東海大学出版部、2010年、42頁。ISBN 978-4486019503
  16. ^ Philostratus, Life of Apollonius 4.16-20 - Livius”. www.livius.org. 2020年9月21日閲覧。
  17. ^ 南條, 竹則『蛇女の伝説「白蛇伝」を追って東へ西へ』平凡社〈平凡社新書〉、2000年、116-142頁。ISBN 978-4582850598
  18. ^ ピロストラトス、エウナピオス 著 / 戸塚七郎、金子佳司 訳 2001, p. 4.
  19. ^ 平松哲司「ベン・ジョンソンの男性的雄弁の美学 : Timberの詩論を通じてジョンソンの詩を読む」『城西人文研究』第12巻、1985年、 129頁。
  20. ^ Penella, Robert J. (1979). “Philostratus' Letter to Julia Domna”. Hermes 107 (2): 161–168. ISSN 0018-0777. https://www.jstor.org/stable/4476107. 

参考文献編集

関連文献編集

  • Aitken, Ellen Bradshaw, and Jennifer Kay Berenson MacLean, eds. 2004. Philostratus’s “Heroikos”: Religion and Cultural Identity in the Third Century C.E. Atlanta: Society of Biblical Literature.
  • Bowie, Ewen L., and Jaś Elsner, eds. 2009. Philostratus. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press.
  • Bryson, Norman. 1994. "Philostratus and the Imaginary Museum." In Art and Text in Ancient Greek Culture. Edited by Simon Goldhill and Robin Osborne, 255–283. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press.
  • Elsner, Jaś. 2009. "Beyond Compare: Pagan Saint and Christian God in Late Antiquity." Critical Inquiry 35:655–683.
  • Eshleman, Kendra Joy. 2008. "Defining the Circle of Sophists: Philostratus and the Construction of the Second Sophistic." Classical Philology 103:395–413.
  • Demoen, K., and Danny Praet, eds. 2009. Theios Sophistes: Essays on Flavius Philostratus’ “Vita Apollonii.” Leiden, The Netherlands: Brill.
  • Kemezis, Adam M. 2014. Greek Narratives of the Roman Empire under the Severans: Cassius Dio, Philostratus and Herodian. Cambridge, UK: Cambridge Univ. Press.
  • König, Jason. 2014. "Images of Elite Communities in Philostratus: Re-Reading the Preface to the “Lives of the Sophists.”" In Roman Rule in Greek and Latin Writing: Double Vision. Edited by Jesper Majbom Madsen and Roger Rees, 246–270. Leiden, The Netherlands: Brill.
  • Potter, David. 2011. The Victor’s Crown: A History of Ancient Sport from Homer to Byzantium. Oxford: Oxford Univ. Press.
  • Walker, Andrew. 1992. "Eros and the Eye in the Love-Letters of Philostratus." Proceedings of the Cambridge Philological Society 38:132–148.

外部リンク編集