この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ピロデモス
  • フィロデモス

ガダラのピロデモスフィロデモス古希: Φιλόδημος Philodēmos : Philodemus前110年ごろ - 前30年ごろ[1])は、古代ローマエピクロス派哲学者詩人。散佚していた著作が18世紀ヘルクラネウムパピルス荘から出土し[2]21世紀まで解読が続いている[3]

人物編集

ヘレニズム期シリアガダラ出身[4]アテナイの「エピクロスの庭園」でシドンのゼノン英語版に学ぶ[4]第三次ミトリダテス戦争の難を避け[2]前70年代ごろローマに移る[4]。そこでユリウス・カエサルの義父ルキウス・カルプルニウス・ピソ・カエソニヌスに庇護される。そのピソの別荘がヘルクラネウムパピルス荘であり、ピロデモスも寄居したと推測される[4]。同地近郊のナポリ(ネアポリス)で講義したとも推測される[5]

関係編集

同時代のナポリには、エピクロス派のシロン英語版を中心人物として、詩人ホラティウスウェルギリウスも関与したエピクロス派のサークルがあり[4]、ピロデモスも関与したと推測される[6]。エピクロス派のルクレティウスも活動時代は近いが、関係は不明である[7]

同時代のキケロは、『ピソ弾劾』(: In Pisonem)68-72節で、ピロデモスを暗に罵倒している[8]

10世紀ごろ書かれた詩学書『コワスラン論考英語版』の喜劇論は、アリストテレス詩学』第2巻の喜劇論に由来すると推測されるが、同書の喜劇論以外の箇所は、一説にはピロデモスに由来するとされる[9]

著作編集

出土パピルス編集

ヘルクラネウムパピルス荘から、多分野にわたる著作のギリシア語パピルス写本が発見された。その多くは古代哲学の貴重な資料となっている[10]18世紀出土当時のパピルスは黒焦げで解読困難だったが、その後解読が進み、ピロデモスの著作と判明した。

解読された著作の例として、エピクロス派神学書『神々について[11]』『敬虔について[12]』、類比的推論(アナロギア)を扱った論理学書『徴証について』[13]倫理学書『怒りについて[10]』『死について[10]』『率直な批判について[14]』、文芸論書『詩について[10]』『音楽について[10]』、修辞学書『弁論術[10]』などがある。

このうち『徴証について』には上記シドンのゼノン英語版[15]、『弁論術』にはナウシパネス英語版(エピクロスの師にして論敵)[16]への言及があり、これら言及対象についての資料にもなっている。

2010年代には『アカデメイア派の歴史』の解読が進展した[17]

その他編集

ギリシア詞華集』に30篇余りの恋愛詩が収録されている。同書日本語訳者の沓掛良彦は、その詩を優雅で軽妙と評している[18]

ディオゲネス・ラエルティオスは『ギリシア哲学者列伝』で、ピロデモスの『哲学者総覧』を原資料として度々参照している[19]。この『哲学者総覧』は現存しないが、上記『アカデメイア派の歴史』などがその一部である可能性がある[1]

脚注編集

  1. ^ a b Blank, David (2019), “Philodemus”, in Zalta, Edward N., Stanford Encyclopedia of Philosophy (Spring 2019 ed.), Metaphysics Research Lab, Stanford University, https://plato.stanford.edu/archives/spr2019/entries/philodemus/ 2022年6月9日閲覧。 
  2. ^ a b 國方 2019, p. 87.
  3. ^ 噴火で黒こげ古代ローマ巻物 X線で解読 ポンペイ近く300本 哲学者が執筆か” (日本語). SankeiBiz(サンケイビズ). 2022年6月22日閲覧。
  4. ^ a b c d e 小池 2007, p. 104.
  5. ^ ロング 2009, p. 273.
  6. ^ 近藤智彦 著「ローマに入った哲学」、伊藤邦武山内志朗中島隆博納富信留 編 『世界哲学史 2』筑摩書房〈ちくま新書〉、2020年。ISBN 9784480072924 46頁。
  7. ^ ロング 2009, p. 282.
  8. ^ 山沢孝至訳「ピーソー弾劾」『キケロー選集2』岩波書店、2000年、ISBN 978-4000922524
  9. ^ 三浦洋「解説」、アリストテレス詩学光文社古典新訳文庫、2019年、ISBN 9784334753979 343頁
  10. ^ a b c d e f 近藤 2011, p. 38f.
  11. ^ ロング 2003, p. 71.
  12. ^ 納富信留 『ギリシア哲学史』筑摩書房、2021年。ISBN 9784480847522 67-69頁。
  13. ^ ロング 2003, p. 29;43.
  14. ^ 古代の黒焦げ巻物、著者は快楽を追う哲学者” (日本語). natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年6月23日閲覧。
  15. ^ ロング 2003, p. 29.
  16. ^ 小池 2007, p. 69.
  17. ^ “Ancient Greek Scroll's Hidden Contents Revealed Through Infrared Imaging” (英語). NPR.org. https://www.npr.org/2019/10/04/767309531/ancient-greek-scrolls-hidden-contents-revealed-through-infrared-imaging 2022年7月2日閲覧。 
  18. ^ 沓掛 2015, p. 索引5f.
  19. ^ ディオゲネス・ラエルティオス著、加来彰俊訳『ギリシア哲学者列伝』 下巻、岩波書店〈岩波文庫〉、1994年。ISBN 9784003366332。202;342頁(10.3;訳注)

参考文献編集

外部リンク編集