メインメニューを開く

ピロールニトリン: Pyrrolnitrin)はピロール環を持つ抗生物質抗真菌薬の一種。水虫薬などに配合される。

ピロールニトリン
識別情報
CAS登録番号 1018-71-9
PubChem 13916
KEGG D01094
特性
化学式 C10H6Cl2N2O2
モル質量 257.07284
融点

124.5℃[1]

危険性
半数致死量 LD50 > 2000 mg·kg−1 (ラット、経口)[1]
  • 86 mg·kg−1 (マウス、腹腔内)[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

作用機序編集

土中生息のシュードモナス属真正細菌 Pseudomonas pyrrocinia から発見・単離された抗生物質である。白癬菌マラセチア菌等に対し呼吸や代謝を抑制して発育や増殖を防ぐ効果がある。[2]外用薬として局所的に投与される。単独で用いられる事はあまりなく、クロトリマゾールとの合剤で用いられることが多い。

脚注編集