メインメニューを開く

ピンキー』(Pinky)は、1949年アメリカ合衆国のドラマ映画。監督はエリア・カザン、出演はジーン・クレインエセル・バリモアなど。黒人差別問題を題材に生まれつき肌の白い黒人女性を描いている。原作はシド・リケッツ・サムナー英語版の小説『Quality』。

ピンキー
Pinky
監督 エリア・カザン
脚本 フィリップ・ダン英語版
ダドリー・ニコルズ
原作 シド・リケッツ・サムナー英語版
Quality
製作 ダリル・F・ザナック
出演者 ジーン・クレイン
エセル・バリモア
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ジョセフ・マクドナルド英語版
編集 ハーモン・ジョーンズ英語版
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年9月29日ニューヨーク
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だがWOWOWで放映された[1]ほか、2012年12月7日に発売されたDVD-BOX「エリア・カザン傑作選」に収録された[2]

ストーリー編集

生まれつき肌が白い黒人女性ピンキーが北部の看護学校を卒業して、祖母の住む南部の故郷に帰ってくる。ピンキーは北部で白人として生活し、白人の医師トーマスと恋に落ちていたが、トーマスはピンキーが黒人であることを知らない。

ピンキーはすぐに北部に戻るつもりだったが、祖母はピンキーに、病気で弱っているお屋敷の女主人ミス・エムの世話をさせる。子どものころからミス・エムに対して反感を抱いていたピンキーであったが、看護を続ける中でピンキーとミス・エムは徐々に打ち解け合って行く。

そんなある日、ミス・エムが財産をピンキーに譲るとの遺言を残して亡くなる。

キャスト編集

備考編集

出典編集

  1. ^ ピンキー”. allcinema. 2019年6月6日閲覧。
  2. ^ エリア・カザン傑作選DVD-BOX”. amazon.co.jp. 2019年6月6日閲覧。

外部リンク編集