メインメニューを開く

ピンクカメオ日本の元競走馬である。2007年NHKマイルカップを制した。馬名はシャクヤク(芍薬)の一種に由来する。

ピンクカメオ
Pink Kameo.jpg
2009年3月1日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2004年4月24日(15歳)
死没 (生存)
登録日 2006年4月26日
抹消日 2009年8月20日
フレンチデピュティ
シルバーレーン
母の父 Silver Hawk
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 パカパカファーム
馬主 金子真人ホールディングス(株)
調教師 国枝栄美浦
競走成績
生涯成績 21戦4勝(地方競馬1戦0勝)
獲得賞金 1億8019万9000円
勝ち鞍 JpnINHKマイルカップ(2007年)
テンプレートを表示

戦績編集

2006年編集

2006年7月1日後藤浩輝の騎乗でデビューする。単勝1番人気に応えて勝利。このときの6着馬は2010年安田記念を制するショウワモダンだった。続くマリーゴールド賞からは蛯名正義が騎乗する。この競走では2着と敗れるも、次走のくるみ賞では勝利を収める。その後、阪神ジュベナイルフィリーズに挑戦するも8着に敗れ2006年を終える。

2007年編集

明けて2007年、3歳となり菜の花賞に出走。のちの重賞ウィナーとなるショウナンタレント・イクスキューズを抑え勝利を挙げる。これにより賞金的に桜花賞への出走が可能となったため同レースに直行するローテが採られたが、菜の花賞で下した2頭にまで敗れて14着と大敗する。

桜花賞の次走にはNHKマイルカップが選ばれた。のちに調教師の国枝が明らかにしたところでは、これは「金子オーナーが『NHKマイルカップはゲンのいいレース[1]だから』とのことで出走を頼んできた」とのことで、国枝も金子の強い運に乗る目的でこれを承諾したという[2]。桜花賞での大敗に加えて牡馬相手ということから18頭中17番人気と大きく人気を落とし、鞍上も当時地方競馬大井競馬場所属だった内田博幸に乗り替わりとなった。レースは好スタートから道中折り合い直線で一度最後方まで下がるものの、その後外に持ち出してからは鋭い追い込みで全馬を抜き去りJpnI競走を制覇。内田と生産牧場であるパカパカファームに初めてのJRAJpnI (GI) 勝利をもたらした(パカパカファームは重賞初制覇・内田は地方競馬では統一GIに勝利している)。なお、このレースでは3着に最下位人気のムラマサノヨートーが入り、三連単は973万円を超える当時の重賞史上最高額となる高配当となった。

その後、中1週の厳しいローテーションながら優駿牝馬(オークス)に出走。当日に地方所属馬の出走がないため内田が騎乗できず、ウオッカ東京優駿(日本ダービー)に出走することであいていた四位洋文に乗り替わる。レース前から距離が長すぎるという不安が囁かれていたが、内から伸びて5着に入り掲示板を確保した。

次走は鞍上にふたたび内田を迎えローブデコルテとともにアメリカンオークスに出走する予定であったが、体調不良で断念し秋に備え放牧休養に出される。秋はローズステークスから始動。桜花賞馬ダイワスカーレットや優駿牝馬2着のベッラレイアなどの強豪が揃う中、4着に入った。

秋華賞14着後は10月31日に行われる第7回JBCクラシックに出走登録を行ったが、補欠馬のため出走に至らなかった。結局、NHKマイルカップ以来のマイル戦となるマイルチャンピオンシップに出走も9着敗退。次走は初のダート競走となるクイーン賞に出走し5着に敗れる。

2008・2009年編集

2008年はキーンランドカップ後に球節を痛め秋を全休。6戦しヴィクトリアマイル6着以外はすべて2桁着順と不本意な成績に終わる。翌2009年復帰2戦目の中山牝馬ステークスではブービー人気だったがラストランとなったキストゥヘヴンの2着と好走し、波乱を演出した。その後、4月25日福島牝馬ステークスでは2番人気で出走。レースでは3番手を追走するも逃げるブラボーデイジーを捕えることができず、また馬場の内側から伸びたアルコセニョーラにかわされ4着に敗れた。その後、ヴィクトリアマイルへ向けて調整が進められていたが5月14日に左第3中手骨剥離骨折が判明し同競走への出走を断念した[3]。その後、2009年8月19日に調教師の国枝は「左の球節にモヤモヤしたところがあり、万全の状態でレースに持っていけない」[3]としてオーナーとの協議の結果、現役を引退して繁殖牝馬になることを明らかにし[3]8月20日付で競走馬登録を抹消した[4]。その後は北海道千歳市社台ファームにて繋養されている。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離馬場 タイム
上り3F
着差 勝ち馬/(2着馬) 馬体重
2006 7. 1 福島 2歳新馬 15 3 5 1.8 (1人) 1着 後藤浩輝 54 芝1200m(稍) 1:10.8 (35.8) -0.1 (エフテーララーヤ) 458
7. 22 新潟 マリーゴールド賞 OP 10 5 5 6.8 (3人) 2着 蛯名正義 54 芝1400m(良) 1:22.5 (35.9) 0.3 ハロースピード 462
10. 29 東京 くるみ賞 8 3 3 1.7 (1人) 1着 蛯名正義 54 芝1400m(良) 1:22.5 (34.5) -0.1 (マイニングゴールド) 468
12. 3 阪神 阪神JF GI 18 3 5 34.0 (8人) 8着 蛯名正義 54 芝1600m(良) 1:34.1 (34.7) 1.0 ウオッカ 454
2007 1. 20 中山 菜の花賞 OP 18 3 5 4.5 (3人) 1着 蛯名正義 54 芝1600m(良) 1:35.5 (34.9) -0.1 (ショウナンタレント) 468
4. 8 阪神 桜花賞 JpnI 18 4 8 75.6 (8人) 14着 蛯名正義 55 芝1600m(良) 1:35.8 (35.2) 2.1 ダイワスカーレット 470
5. 6 東京 NHKマイルC JpnI 18 7 14 76.0 (17人) 1着 内田博幸 55 芝1600m(稍) 1:34.3 (34.9) -0.1 ローレルゲレイロ 458
5. 20 東京 優駿牝馬 JpnI 18 4 8 15.8 (7人) 5着 四位洋文 55 芝2400m(良) 2:25.7 (35.4) 0.4 ローブデコルテ 462
9. 16 阪神 ローズS JpnII 14 5 8 17.1 (4人) 4着 四位洋文 54 芝1800m(良) 1:46.6 (33.5) 0.4 ダイワスカーレット 470
10. 14 京都 秋華賞 JpnI 18 4 7 27.0 (5人) 14着 後藤浩輝 55 芝2000m(良) 2:00.1 (33.9) 1.0 ダイワスカーレット 476
11. 18 京都 マイルCS GI 18 7 14 37.0 (11人) 9着 四位洋文 54 芝1600m(良) 1:33.5 (34.3) 0.8 ダイワメジャー 480
12. 2 船橋 クイーン賞 JpnIII 14 6 9 3.7 (3人) 5着 内田博幸 54 ダ1800m(稍) 1:53.9 (40.1) 2.3 ホワイトメロディー 481
2008 2. 2 東京 東京新聞杯 GIII 16 2 3 30.4 (11人) 14着 蛯名正義 55 芝1600m(良) 1:33.8 (34.3) 1.0 ローレルゲレイロ 486
4. 6 中山 ダービー卿CT GIII 16 1 2 16.8 (8人) 14着 内田博幸 54 芝1600m(良) 1:34.9 (34.3) 0.7 サイレントプライド 478
4. 12 阪神 阪神牝馬S GII 15 8 14 22.9 (7人) 14着 池添謙一 57 芝1400m(良) 1:22.8 (35.1) 1.4 エイジアンウインズ 472
5. 18 東京 ヴィクトリアマイル JpnI 18 3 6 42.5 (9人) 6着 内田博幸 55 芝1600m(良) 1:34.5 (34.5) 0.8 エイジアンウインズ 476
6. 8 東京 安田記念 GI 18 7 13 76.1 (16人) 15着 蛯名正義 56 芝1600m(良) 1:34.9 (35.2) 2.2 ウオッカ 470
8. 31 札幌 キーンランドC JpnIII 16 8 16 30.2 (9人) 16着 三浦皇成 54 芝1200m(良) 1:09.6 (35.1) 1.7 タニノマティーニ 498
2009 3. 1 阪神 阪急杯 GIII 16 4 7 80.9 (13人) 15着 和田竜二 56 芝1400m(良) 1:23.4 (36.1) 2.3 ビービーガルダン 478
3. 15 中山 中山牝馬S GIII 16 4 7 45.6 (15人) 2着 後藤浩輝 54 芝1800m(稍) 1:49.3 (36.3) 0.2 キストゥヘヴン 488
4. 25 福島 福島牝馬S GIII 16 8 15 5.0 (2人) 4着 後藤浩輝 56 芝1800m(不) 1:54.2 (37.5) 0.5 ブラボーデイジー 484

繁殖牝馬編集

引退後は社台ファームで繁殖生活に入り、2011年2月13日に初仔となるディープインパクト産駒の鹿毛の牝馬を出産[5]。2012年にはディープインパクト産駒の鹿毛の牝馬を[6]、2013年はディープインパクト産駒の黒鹿毛の牝馬を出産[7]。初仔ブルーロータス、2番仔ピンクシャンパンともに未勝利に終わったが、3番仔のフライングレディが勝利をあげている。

生年 馬名 毛色 馬主 管理調教師 戦績 出典
初仔 2011年 ブルーロータス 鹿毛 ディープインパクト 金子真人ホールディングス(株) 美浦・国枝栄 8戦0勝
(引退・繁殖)
[5]
2番仔 2012年 ピンクシャンパン 鹿毛 美浦・国枝栄 6戦0勝
(引退・繁殖)
[6]
3番仔 2013年 フライングレディ 黒鹿毛 栗東・須貝尚介 26戦3勝(現役) [7]
4番仔 2015年 カプア 栗毛 キングカメハメハ 美浦・萩原清 7戦0勝(引退) [8]
5番仔 2016年 ピノクル 黒鹿毛 栗東・音無秀孝 [9]
  • データはJBISサーチによる
  • 2018年9月27日現在

血統表編集

ピンクカメオ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヴァイスリージェント系

*フレンチデピュティ
French Deputy 1992
栗毛 アメリカ
父の父
Deputy Minister 1979
黒鹿毛 アメリカ
Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
父の母
Mitterand 1981
鹿毛
Hold Your Peace Speak John
Blue Moon
Laredo Lass Bold Ruler
Fortunate Isle

*シルバーレーン
Silver Lane 1985
黒鹿毛
Silver Hawk
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
母の母
Strait Lane
1974 黒鹿毛
Chieftain Bold Ruler
Pocahontas
Level Sands Mahmoud
Crawfish
母系(F-No.) (FN:5-g) [§ 2]
5代内の近親交配 Bold Ruler 4×4 [§ 3]
出典
  1. ^ [10]
  2. ^ [10]
  3. ^ [10]

血統背景編集

父・フレンチデピュティは外国産馬のクロフネらの活躍もあり2001年に日本に輸入された。

母・シルバーレーンは1歳下の全弟にジャパンカップにも来日したホークスターがいる。ピンクカメオの半兄であるブラックホーク(父・ヌレイエフ)の活躍を受けて日本に輸入された。

脚注編集

  1. ^ 金子はこれ以前にクロフネキングカメハメハで2度NHKマイルカップを制していた。
  2. ^ 競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)2010年6月号・pp.63 - 68
  3. ^ a b c ピンクカメオ引退 07年NHKマイルC制覇”. デイリースポーツ (2009年8月20日). 2009年8月20日閲覧。
  4. ^ ピンクカメオ号が競走馬登録抹消”. JRA (2009年8月20日). 2009年8月20日閲覧。
  5. ^ a b ブルーロータス”. JBISサーチ. 2018年9月27日閲覧。
  6. ^ a b ピンクシャンパン”. JBISサーチ. 2018年9月27日閲覧。
  7. ^ a b フライングレディ”. JBISサーチ. 2018年9月27日閲覧。
  8. ^ カプア”. JBISサーチ. 2018年9月27日閲覧。
  9. ^ ピノクル”. JBISサーチ. 2018年9月27日閲覧。
  10. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ピンクカメオ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2017年3月20日閲覧。

外部リンク編集