『ピンク大賞』(ピンクたいしょう)は、ピンク映画イベントである。

ズームアップ映画祭

ピンク大賞

ピンク映画ベストテン
受賞対象 ピンク映画関連全般
会場 亀有名画座(1989年 - 1991年・1993年 - 1998年
新宿 Studio JAM[1]1992年
LOFT/PLUS ONE1999年 - 2000年
新文芸坐2001年 - 2008年
テアトル新宿2009年 - 2011年
銀座シネパトス(2012年)
上野オークラ劇場(2013年 - 2019年
日本の旗 日本
授与者 ズームアップ1980年
ズームアップⅡ1981年 - 1988年
NEW ZOOM-UP1989年 - 1993年
PG[2]1994年 - 2012年
PG/上野オークラ劇場[3]2013年 - 2019年)
シネ☆マみれ(ピンク映画ベストテン)
報酬 賞状、他
初回 1980年
最新回 2019年
最新受賞者 #受賞を参照
公式サイト http://pg-pinkfilm.com/award/31_pinkfes/index.html

概要編集

ピンク映画専門雑誌『ズームアップ』(廃刊・復活を繰り返し誌名は『ズームアップⅡ』→『NEW ZOOM-UP』→『PG』)が主催していた『ズームアップ映画祭』(1980年 - 1988年)が前身で、1989年に改題しスタートした。

前年度公開の全作品[4]がノミネート対象となり、翌年授賞式を開催している。受賞者は、これを機にブレイクを果たす人や、現在も各界の第一線で活躍している人が多い。また近年はAV女優の進出も盛んである。

制作・配給会社の減少や時代・世論の変化などを考慮し、2019年をもって終了[5]。既に制作され始めているストーリー性を増し視聴者層拡大を狙ったR15指定版など、「ネオピンク映画」ともいうべき新たな試みへと向かうための、発展的解消を意図している。

ピンク映画の制作・上映は続くものの後継のイベントについては未定としていたが、作家の切通理作が同様の理念を持つ賞イベントを立ち上げることを発表[6]。2020年は切通が代表を務める「シネ☆マみれ」主催で「ピンク映画ベストテン」と題して開催されている[7]。切通は後継イベントであることを否定しているが便宜上当頁に記述する。

賞カテゴリー編集

作品部門編集

人気投票によって決定しているが、2011年度[8]まではベスト10を発表、2012年度以降[9][10][11][12]は最優秀賞・優秀賞のみを発表している。

個人部門編集

スタッフ編集

  • 監督賞(新人)
  • 脚本賞
  • 技術賞

出演者編集

  • 女優賞(主演・助演・艶技・新人)
  • 男優賞(主演・助演)

その他編集

  • 特別賞
  • 功労賞

受賞編集

ズームアップ映画祭編集

ピンク大賞編集

ピンク映画ベストテン編集

表彰年の西暦が表題につくピンク大賞と異なり、映画公開年が付されていることに注意(表彰開催年は翌年)。ファン投票によるベストテン賞と別枠で批評家による賞「桃熊賞」[16]が設けられた。

出典・参照編集

  1. ^ 音楽スタジオ - リンキィディンク新宿JAM
  2. ^ PG
  3. ^ 公式ホームページ
  4. ^ ゲイポルノを含む。ズームアップ映画祭時代は、日活ロマンポルノの外部発注作品(いわゆる買い取りピンク)も事実上ピンク映画である事から選考対象であった。
    逆に、ピンク映画製作会社が配給して成人映画館で上映された作品であっても、外国からの輸入作品(過去には韓国製のポルノ映画などがエクセスで提供された。また、ゲイポルノ専門館で上映されるR18指定のゲイ向け長編洋画もこれに含まれる)や(オリジナルビデオメーカーなどとの)タイアップによる長編アダルト作品は除外される。
  5. ^ デラべっぴん編集部 (2019年5月6日). “【第31回ピンク大賞表彰式詳細レポート!】令和最初の女王は川上奈々美! 新人女優賞は霧島さくら、長谷川千紗。助演女優賞は佐倉絆。受賞コメント全文掲載! ピンク大賞は超満員有終の美に!” (日本語). デラべっぴんR. 2019年5月16日閲覧。
  6. ^ デラべっぴん編集部 (2019年12月30日). “【上野オークラ劇場「発情物語 幼馴染はヤリ盛り」舞台挨拶速報レポート!】川上奈々美、辰巳ゆい、きみと歩実、工藤翔子らが2019年最後の舞台挨拶に! 共演した櫻井拓也さんの思い出話に花が咲く” (日本語). デラべっぴんR. 2020年1月2日閲覧。
  7. ^ あなたの好きなピンク映画は?監督・俳優賞も選出する「ベストテン2019」開催 - 映画ナタリー 2020年2月10日
  8. ^ ピンク映画界のアカデミー賞といえる「第23回ピンク大賞」の授賞式が開催!! - リアルライブ 2011年5月3日
  9. ^ ピンク映画大賞表彰式に女優陣ら登壇 ピンク映画50周年の年の特別賞は監督生活40年の大ベテランに! - シネマトゥデイ 2012年5月14日
  10. ^ 周防ゆきこ 第25回ピンク大賞の女優賞を受賞し「本当に光栄」 - VenusNews 2013年5月11日
  11. ^ 第26回ピンク大賞に大槻ひびきと波多野結衣が登場! - 東スポ 裏通りWEB 2014年5月28日
  12. ^ 『第27回ピンク大賞』主演女優賞は友田彩也香に決定!きみの歩美とめぐりが新人女優賞を受賞 - DMMニュースR18 2015年4月10日
  13. ^ 総合案内 - ENKプロモーション
  14. ^ 神戸顕一樹かず真央はじめ山本清彦森純
  15. ^ ISBN 978-4862480729
  16. ^ ベルリン国際映画祭金熊賞ににちなんだ名称。
  17. ^ Inc, Natasha (2020年4月15日). “ピンク映画ベストテンで谷口恒平の「悶絶劇場」が2冠!佐倉絆と櫻井拓也が主演賞(コメントあり)” (日本語). 映画ナタリー. 2020年4月22日閲覧。
  18. ^ a b ファン投票によるベストテン賞と別枠で設けられた批評家による賞

関連項目編集

外部リンク編集