ピンダッドPT Pindad インドネシア語:Perindustrian Tentara Nasional Indonesia-Angkatan Darat インドネシア陸軍工業)(Persero 国有株式会社)は、軍事用車両と民間商業製品の開発と製造を行うインドネシア国有企業インドネシア国軍法執行機関に対し武器銃弾兵器などの軍需品の納入のほか、サイバーセキュリティ対策なども行う。民間部門では貨物自動車や商業用の爆薬クレーンショベルカーなどの建設機械や、各種インフラ機器など工業製品全般を取り扱っており[1][2] 、ピンダッドではインドネシア国軍に纏わる兵器の設計開発、製造、メンテナンスを含む全般を請け負っている[3]ジャワ島西部の都市、バンドンに本社を構える。

ピンダッド
PT Pindad
現地語社名
Perindustrian Tentara Nasional Indonesia-Angkatan Darat
種類
国有企業
業種 製造業軍需産業
輸送用機械
化学
設立 1808年、Artillerie Constructie Winkel (ACW)として
本社
西ジャワ州 バンドン40258、Jl. Gatot Subroto, No 517
製品 戦闘車両
武器
銃弾
農業機械
建設機械
貨物自動車の製造開発
売上高 増加 3.39兆Rp (2019年)
利益
増加 101.07億Rp (2019年)
総資産 増加 6.89兆Rp (2019年)
純資産 増加 1.463兆Rp (2019年)
従業員数
2,588名(2019年)
ウェブサイト pindad.com

歴史編集

1808年オランダの政治家でインドネシア総督であったヘルマン・ウィリアム・ダンデルススラバヤに軍需製品のための工場Artillerie Constructie Winkel (ACW)の設立を命じたことが起点となっている。その後、オランダ領東インド政府は海軍向け大砲の工場Proyektiel Fabriek(PF)の設立を1850年に命じている。1851年には名称がACWに変更されている[4]

1923年から1932年の間に、スラバヤの工場はバンドンに移設され、名称がArtillerie Inrichtingen(AI)に変更され統一が行われている。日本統治時代には第一鋼造(Dai Ichi Kozo, DIK)に改名。その後、名称はLeger Productie Bedrijven(LPB)に変更されている。

1950年4月29日オランダ・インドネシア円卓会議上に於いて、オランダは主権インドネシア連邦共和国に譲渡することに署名。オランダ国防省のインドネシア庁(LFB)もインドネシア国軍への移管に伴い名称もPabrik Senjata dan Mesiu (PSM) となり国営の軍需産業となっている。PSMは1958年にPabrik Alat Peralatan Angkatan Darat(Pabal AD)に、1962年にはPerindustrian TNI Angkatan Darat(Pindad)に改名が行われ現在に至っている[1]

施設編集

弾薬製造部門はトゥレン(Turen)に位置しており、マランにある166ヘクタールの施設で研究開発が行われている[5]

製品編集

銃器[6]編集

 
P-3A拳銃
 
Pindad V4拳銃
拳銃
短機関銃
 
PM-2
散弾銃
  • SG-1 12 GAUGE
小銃
SS1
 
SS1-V1
  • SS1-M1 Cal 5.56 mm
  • SS1-M2 Cal 5.56 mm
  • SS1-R5 Cal 5.56 mm
  • SS1-V1 Cal 5.56 mm
  • SS1-V2 Cal 5.56 mm
  • SS1-V5 Cal 5.56 mm
SS2
 
SS2-V1
  • SS2-V1 Cal 5.56 mm
  • SS2-V1 HB Cal 5.56 mm
  • SS2-V2 Cal 5.56 mm
  • SS2-V2 HB Cal 5.56 mm
  • SS2-V4 Cal 5.56 mm
  • SS2-V4 HB Cal. 5.56 mm
  • SS2-V5 A1
  • SS2-V5 Cal 5.56 mm
  • SS2-V7 Subsonic
SB1 7.62 mm
  • SB1 V1 Cal. 7.62 mm
  • SB1 V2 Cal. 7.62 mm
SS3
  • SS3
機関銃
 
SM-5
  • SM2 V1 Cal 7.62 mm
  • SM2 V2 Cal 7.62mm
  • SM-5 Cal 12.7 mm
狙撃銃
 
SPR-4
グレネードランチャー
  • SPG1-V4 Cal 40 mm
  • SPG1-V2 Cal 40 mm
  • SPG1-V3 Cal 40 mm
  • SAR-2 Cal 38 mm
迫撃砲
 
Mo-3迫撃砲
  • Mo-1 Cal. 60 mm CO
  • Mo-2 Cal. 60 mm LR
  • Mo-3 Cal. 81 mm
非殺傷兵器
その他

車両編集

 
Pindad アノア
 
インドネシア警察特殊部隊の爆発物処理班向け車両 Komodo APC
 
ハリマウ戦車
装甲車両
支援火器車両
  • Badak 6x6
戦車
水上機器
  • Work Boat Amphibious (WBA) 水陸両用車
  • Pindad TPS ゴミ収集機

農機編集

  • Rotary planter 田植え機
  • Multicommodity combine harvester 稲刈り機
  • PTM-45 トラクター
  • Paddy dryer
  • Rotary planter
  • AMH-O

建設機械編集

  • Excava 50 油圧ショベル
  • Excava 200 油圧ショベル[11]
  • PTM-90 農業用トラクター
  • PA-1800 耕運機
  • PP-160 稲刈り機[12]
  • Telehandler

脚注編集

  1. ^ a b sejarah”. 2020年7月20日閲覧。
  2. ^ INDUSTRIAL EQUIPMENT AND SERVICES”. Pindad. 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ Company Profile Of PT. Pindad (Persero)[リンク切れ]
  4. ^ hostory”. Pindad. 2020年7月20日閲覧。
  5. ^ Indonesia Domestic Defense Industry Development in the Headlines With Deputy Defense Minister’s PT Pindad Visit”. thediplomat.com. The Diplomat. 2020年7月20日閲覧。
  6. ^ WEAPON”. Pindad. 2022年6月19日閲覧。
  7. ^ Pindad P2”. 2020年7月20日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ Pindad PS-01 Assault Pistol 5.56x21mm”. The Firearm Blog. 2020年7月20日閲覧。
  9. ^ Pindad G2”. 2020年7月20日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ Pindad SPR”. 2020年7月20日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ antaranews.com. “Kementerian PUPR pesan 500 excavator buatan Pindad” (インドネシア語). Antara News. https://www.antaranews.com/berita/517404/kementerian-pupr-pesan-500-excavator-buatan-pindad 2020年7月20日閲覧。 
  12. ^ “Alat dan Mesin Pertanian Buatan Indonesia - JakartaGreater” (英語). JakartaGreater. (2017年6月6日). https://jakartagreater.com/alat-dan-mesin-pertanian-buatan-indonesia/ 2020年7月20日閲覧。 

外部リンク編集