ピーターパン・シンドローム (Sound Scheduleの曲)

2002年のSound Scheduleのシングル

ピーターパン・シンドローム』は、Sound Scheduleの4作目のシングル。2002年12月11日DANGUY RECORDSより発売された。

ピーターパン・シンドローム
Sound Scheduleシングル
初出アルバム『456
B面 人の子ふたり
リリース
録音 日本の旗 日本 エピキュラススタジオ
ジャンル J-POP
時間
レーベル DANGUY RECORDS
作詞・作曲 大石昌良
チャート最高順位
Sound Schedule シングル 年表
幼なじみ
(2002年)
ピーターパン・シンドローム
(2002年)
ことばさがし
(2003年)
ミュージックビデオ
ピーターパン・シンドローム - YouTube
EANコード
EAN 4542519001513
(初回限定盤/通常盤・YCDL-00007)
テンプレートを表示

概要編集

前作『幼なじみ』から約8か月ぶりのマキシシングル

初回盤はCD EXTRA仕様であり、表題曲「ピーターパン・シンドローム」のPVが収録されている。PVは学校のグラウンドで撮影された。

2003年1月24日、当時新人バンドとしては異例の『ミュージックステーション』への出演を果たし、表題曲を演奏した[1][2]

表題曲は、つまらない大人になりたくないという青春のテーマに対し彼等なりの今を表現したメッセージ性の豊富な楽曲となっている[3][4][5]

収録曲編集

  1. ピーターパン・シンドローム [4:35]
    作詞・作曲:大石昌良
    編曲:Sound Schedule
  2. 人の子ふたり [4:57]
    作詞・作曲:大石昌良
    編曲:Sound Schedule
初回限定盤CDエクストラ映像
  1. ピーターパン・シンドローム (PV) [5:44]

テレビ披露編集

番組名 日付 放送局
ポップジャム 2003年1月18日 NHK総合
ミュージックステーション 2003年1月24日 テレビ朝日

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

この他、#1のライブ映像がシングル『スペシャルナンバー』の初回盤及びDVD『SS LIVES』に、#1のミュージック・ビデオがDVD『SS FILMS』に収録されている。また、5thアルバム『Place』および2ndベストアルバム『Sound Schedule ALL TIME BEST』には#1のリミックスが収録されている。

脚注編集

[脚注の使い方]