メインメニューを開く

ピーター・ソーンリーPeter William Thornley1946年10月19日[2] - )は、ストーク=オン=トレント出身のイギリス人プロレスラー

ピーター・ソーンリー
プロフィール
リングネーム ケンドー・ナガサキ
ミスター・ギロチン
本名 ピーター・ウィリアム・ソーンリー
ニックネーム ザ・マスクド・サムライ
(The Masked Samurai)[1]
身長 188cm[2]
体重 110kg[2]
誕生日 (1946-10-19) 1946年10月19日(72歳)[2]
出身地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
ストーク=オン=トレント[2]
デビュー 1964年[2]
引退 1993年[2]
テンプレートを表示

ケンドー・ナガサキKendo Nagasaki)をリングネームとする覆面レスラーとしての活躍で知られる[1][2]1980年代よりケンドー・ナガサキを名乗った桜田一男はソーンリーとは別人。

目次

来歴編集

イングランドストーク=オン=トレント出身。10代の頃に日本人武道家の阿部謙四郎に師事して柔道を学び、1963年6月からはウィガンビリー・ライレー・ジムに入門してキャッチ・レスリングのトレーニングを積んだ[3]

1964年11月[2]覆面レスラーケンドー・ナガサキKendo Nagasaki)としてデビュー。デビュー戦では初代ブラック・タイガーの父親ジム・ハジー(ジム・ハッシー)を相手に勝利を収め[4]、以降もヒールのポジションで活動。1966年から1967年にかけては、同じくビリー・ライレー・ジム出身であるビル・ロビンソンとも対戦した[4]

1968年9月、剣道の面をイメージした覆面はそのままに、リングネームをミスター・ギロチンMr. Guillotine)に変更して国際プロレスの『ダイナマイト・シリーズ』に来日[5]。シリーズ中は同時参加したジョージ・ゴーディエンコともタッグを組み[6]、最終戦10月15日の下館市大会ではグレート草津が当時保持していた英国西部ヘビー級王座に挑戦した[7]

1972年スチュ・ハートの主宰するカナダカルガリースタンピード・レスリングに遠征して[2]、ゴーディエンコやキラー・トーア・カマタと対戦[7]。同年9月23日には同じ英国出身のジェフ・ポーツを破り、同地区のフラッグシップ・タイトルであるインターナショナル・ヘビー級王座を獲得した[8]

本国のイギリスでは大人気スターのビッグ・ダディと抗争を繰り広げ、1975年12月にはウェスト・ミッドランズにてダディに敗退し覆面を剥がされている[9]。その後、1977年12月にリング上で正式にマスクを脱ぐセレモニーを行ったが、1978年9月、体調不良により一時現役を引退した[10]

1986年12月にリングに復帰し、翌1987年9月17日にウェイン・ブリッジからオールスター・プロモーションズ認定の世界ヘビー級王座を奪取[11]。以降もオールスター・プロモーションズ(オールスター・レスリング)を活動拠点に、ビッグ・ジョン・クインマーク・ロコと組み、トニー・セント・クレアーデビッド・テイラースティーブ・リーガルロビー・ブルックサイドフジ・ヤマダらと対戦した[12]。キャリア末期の1990年代初頭にはオットー・ワンツの主宰するCWAにも参戦している[2]

1993年に2度目の引退をした後も、レスリング・レジェンドとして単発的にリングに上がっており、近年では2008年10月29日、ウルヴァーハンプトンで行われたLDNレスリングの興行にてタッグ王座を獲得した[13]。引退後はスピリチュアル・カウンセラーとして活動している[10]

参考文献編集

  • 『Gスピリッツ Vol.29』辰巳出版、2013年。ISBN 4777812359

得意技編集

獲得タイトル編集

スタンピード・レスリング
  • インターナショナル・ヘビー級王座:1回[8]
オールスター・プロモーションズ
  • 世界ヘビー級王座(UK版):1回[11]
  • ブリティッシュ・ヘビー級王座:1回[14]
LDNレスリング
  • LDNタッグ王座:1回(w / ブロンディ・バレット)[15]

脚注編集

  1. ^ a b Kendo Nagasaki”. Wrestlingdata.com. 2014年10月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Wrestler Profiles: Kendo Nagasaki”. Online World of Wrestling. 2010年5月24日閲覧。
  3. ^ 『Gスピリッツ Vol.29』、P85-87。
  4. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.29』、P87。
  5. ^ 『プロレスアルバム25 マスクマン そのミステリアスな世界!!』P18-21(1982年、恒文社)。
  6. ^ 『世界名レスラー100人伝説!!』P154(2003年、日本スポーツ出版社)。
  7. ^ a b c 『Gスピリッツ Vol.29』、P88。
  8. ^ a b Stampede Wrestling North American Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年9月28日閲覧。
  9. ^ a b c d e 『Gスピリッツ Vol.29』、P89。
  10. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.29』、P83。
  11. ^ a b World Heavyweight Title [U.K.]”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月24日閲覧。
  12. ^ Wrestlers Database: Kendo Nagasaki”. Cagematch.net. 2012年2月5日閲覧。
  13. ^ 『Gスピリッツ Vol.29』、P90。
  14. ^ British Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月24日閲覧。
  15. ^ LDN Tag Team Title”. Wrestlingdata.com. 2013年9月26日閲覧。

外部リンク編集