ピーター・テイト

ピーター・ガスリー・テイト(Peter Guthrie Tait、1831年4月28日 - 1901年7月4日)は、スコットランドの数理物理学者。熱力学の先駆者。数理物理学の教科書 Treatise on Natural Philosophyケルビン卿とともに書いたことや結び目理論に関する初期の研究で有名。

Peter Guthrie Tait
Black and white photograph of the Scottish physicist Peter Tait, seated with a book in his hands
生誕 (1831-04-28) 1831年4月28日
スコットランド、ダルキース
死没 1901年7月4日(1901-07-04)(70歳)
スコットランド、エディンバラ
市民権 イギリス
国籍 スコットランド
研究分野 数理物理学
研究機関 Peterhouse, Cambridge
出身校 エディンバラ大学
Peterhouse, Cambridge
指導教員 William Hopkins
主な業績 結び目理論
主な受賞歴 スミス賞 (1852)
Keith Medal (1867-69)
ロイヤル・メダル (1886)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
テイトの家

結び目理論に関するテイトの研究は、位相幾何学という数学の一分野の最終的な形成に貢献した。グラフ理論におけるテイト予想英語版や、接触円英語版におけるテイト・クネーザーの定理英語版に名前が残る。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ピーター・テイトに関するカテゴリがあります。

  • ピーター・テイトに関連する著作物 - インターネットアーカイブ
  • O'Connor, John J.; Robertson, Edmund F., “Peter Guthrie Tait”, MacTutor History of Mathematics archive, University of St Andrews, https://mathshistory.st-andrews.ac.uk/Biographies/Tait.html .
  • Pritchard, Chris. "Provisional Bibliography of Peter Guthrie Tait". British Society for the History of Mathematics.
  • An Elementary Treatise on Quaternions, 1890, Cambridge University Press. Scanned PDF, HTML version (in progress)
  •   この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Tait, Peter Guthrie". Encyclopædia Britannica (英語). 26 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 364–365.
  • "Knot Theory" Website of Andrew Ranicki in Edinburgh.