ピーター・デイヴィソン (英文学者)

イギリスの大学教授

ピーター・ホブレー・デイヴィソン(Peter Hobley Davison, OBE, Ph.D., D.Litt, Hon. D. Arts、1926年 - 2022年8月16日[1])は、レスターデ・モントフォート大学英語版の研究教授[2]レクサム・グリンドゥール大学英語版英語学名誉教授。デイヴィソンは、ジョージ・オーウェルの生涯や業績についての権威とされている。[3]

経歴

編集

ニューカッスル・アポン・タインに生まれ、長じてオーストラリアシドニー大学で教鞭を執り、同大学からPh.D.を得た。1992年には書誌学会英語版会長となり[4]、学会誌である『The Library』の編集長を12年間務めた。2003年には同学会から金メダルを授与されている[5]

1998年には、妻であるシーラ・デイヴィソン (Sheila Davison) と、イアン・アンガスの助けを得て[6]、全20巻から成るジョージ・オーウェルの全集『The Complete Works of George Orwell』(Secker & Warburg, 1998) を刊行した[7]

オーウェルの『Diaries(日記)』の編纂にもあたっており、詳細な注記を施した形で、2010年[8]2012年にも新編の出版を重ねている[9]

おもな著書

編集
  • George Orwell: A Literary Life (Palgrave Macmillan, 1996)
  • The Lost Orwell (Timewell Press, 2007) ISBN 978-1857252149
  • George Orwell: A Life in Letters (Penguin, 2011)

編纂

編集
  • 日本語訳があるオーウェル作品の編書として、いずれも高儀進の翻訳による『ジョージ・オーウェル日記』(2010年、白水社)、『ジョージ・オーウェル書簡集』(2011年、白水社)がある。

脚注

編集
  1. ^ DAVISON - Deaths Announcements - Telegraph Announcements”. announcements.telegraph.co.uk. 2022年8月27日閲覧。
  2. ^ The Orwell Diaries. Penguin UK At Google Books. Retrieved 3 June 2013.
  3. ^ Pingitore, Silvia (2022年5月12日). “EXCLUSIVE interview with George Orwell's son” (英語). The Shortlisted. 2023年7月2日閲覧。
  4. ^ "Past presidents" Official website. Retrieved 30 July 2013.
  5. ^ "Gold Medalists" Official website. Retrieved 21 November 2017.
  6. ^ "The Troubled History Behind George Orwell's Complete Works" Publishers Weekly. Retrieved 3 June 2013.
  7. ^ "Orwell's every word" Times Higher Education. Retrieved 3 June 2013.
  8. ^ "Diaries, by George Orwell" The Guardian. Retrieved 3 June 2013.
  9. ^ "Garden of Notes by Author of ‘Animal Farm’" The New York Times. Retrieved 3 June 2013.