ピーター・マクドナルド

ピーター・マクドナルド(Peter MacDonald)は、イギリスロンドン出身の映画監督第二班監督共同製作者、映写技師としても、大作映画を含む、数多くの映画に携わっている。ジェフリー・アンスワースに師事し、10年間カメラ・オペレーターを担当していた。ラッセル・マルケイシルベスター・スタローンと意見衝突により降板した為、前作でも第二班監督を務めていたマクドナルドに白羽の矢が立ち『ランボー3/怒りのアフガン』にて初めて監督を担当。本人曰く"何の打ち合わせもなく、唐突に任命された。"とのこと。

主な作品編集

撮影編集

監督編集

第二班監督編集

製作総指揮編集

共同製作編集

脚注編集

外部リンク編集