メインメニューを開く

ピートとドラゴン』(原題:Pete's Dragon)は1977年アメリカ合衆国実写映画

ピートとドラゴン
Pete's Dragon
監督 ドン・ブルース
ドン・チャフィ
脚本 マルコム・マーモスタイン
原案 S・S・フィールド
セトン・I・ミラー
製作 ロナルド・W・ミラー
ジェローム・コートランド
出演者 ヘレン・レディ
ジム・デイル
ミッキー・ルーニー
レッド・バトンズ
シェリー・ウィンタース
ショーン・マーシャル
音楽 ジョエル・ハーシュホーン
アーウィン・コスタル
アル・カシャ (歌唱曲作曲)
撮影 フランク・フィリップス
編集 ゴードン・D・ブレナー
制作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年11月3日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 129分
105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000
興行収入 $36,000,000[1]
テンプレートを表示

上映データ編集

公開日
上映時間
1977年(昭和52年) 11月3日 プレミア上映 135分→129分
12月16日 アメリカ合衆国
1978年(昭和53年) 4月13日 オーストラリア
8月28日 スペイン
10月18日 フランス
10月19日 香港
サイズ カラー シネマスコープ

概要編集

今までの実写+アニメの合成作品『南部の唄』、『メリー・ポピンズ』は、アニメの世界へ実写人物が行くものだったが、今作では、実写の世界へアニメキャラクターが現れる設定となっている。

キャラクター編集

エリオット
孤独な少年ピートの、保護者役のドラゴン。姿を消す能力を持ち、子どもを助ける心優しい性格である。

キャスト編集

スタッフ編集

リメイク編集

2013年3月、ディズニーは本作をデヴィッド・ロウリーを監督に据え、『ピートと秘密の友達』のタイトルで現代の最新VFXによってリブート3D映画化すると発表した。撮影は2015年頃からニュージーランドを主として行われ、2016年8月12日に全米で公開された。

出典・参考文献編集

  • デイヴ・スミス『Disney A to Z/The Official Encyclopedia オフィシャル百科事典』ぴあ、2008年。ISBN 483561691X

脚注編集

  1. ^ Pete's Dragon (1977) - Financial Information”. The Numbers (2012年1月29日). 2016年2月24日閲覧。

関連項目編集

現在、東京ディズニーリゾートではこのパレードでしか見る事が出来ないキャラクターである。緑の大きなドラゴンと一緒に登場している。

劇中歌「Brazzle Dazzle Day」が、東京ディズニーランドのこのお昼のパレードで使用されている。

外部リンク編集