ピープル・ゲット・レディ (インプレッションズのアルバム)

インプレッションズのアルバム

ピープル・ゲット・レディ』(People Get Ready)は、アメリカ合衆国のボーカル・グループ、インプレッションズ1965年に発表したスタジオ・アルバム

ピープル・ゲット・レディ
インプレッションズスタジオ・アルバム
リリース
録音 1962年3月 - 1964年10月[1]
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル ABCパラマウント・レコード
MCAレコード(リイシュー)
プロデュース ジョニー・ペイト
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 23位(アメリカ[2]
  • インプレッションズ アルバム 年表
    キープ・オン・プッシング
    (1964年)
    ピープル・ゲット・レディ
    (1965年)
    ワン・バイ・ワン
    (1965年)
    テンプレートを表示

    背景編集

    収録曲のうち「キャント・ワーク・ノー・ロンガー」は1962年3月の録音で[1]、この曲はビリー・バトラー英語版によるカヴァーが1965年にシングル・ヒットしており[3]、バトラーのヴァージョンはBillboard Hot 100で60位、『ビルボード』のR&Bシングル・チャートで9位に達した[4]。また、「エモーションズ」も同時期に録音されたという説がある[1]

    「ユー・マスト・ビリーヴ・ミー」は、本作に先駆けて1964年にシングル・ヒットした曲で、Billboard Hot 100では最高15位を記録した[2]。1964年10月には、タイトル曲を含む本作収録曲の過半数が録音された[1]

    反響・評価編集

    母国アメリカではBillboard 200で23位に達し、『キープ・オン・プッシング』(1964年)に続くグループにとって2作目の全米トップ40アルバムとなった[2]。また、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートでは、グループ初の1位獲得を果たした[2]

    本作からのシングル「ピープル・ゲット・レディ」はBillboard Hot 100で14位、R&Bシングル・チャートで3位のヒットとなり、続く「ウーマンズ・ガット・ソウル」はHot 100で29位、R&Bチャートで9位を記録した[2]

    ジョン・ブッシュはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け、タイトル曲を「1960年代の最も美しい曲の一つ」と称賛する一方、「このLPに収録された残りの曲は、『キープ・オン・プッシング』や、インプレッションズの素晴らしきデビュー作ほど強力ではない」と評している[3]

    収録曲編集

    全曲とも作詞・作曲はカーティス・メイフィールドによる。

    1. ウーマンズ・ガット・ソウル "Woman's Got Soul" – 2:20
    2. エモーションズ "Emotions" – 2:48
    3. サムタイムズ・アイ・ワンダー "Sometimes I Wonder" – 2:58
    4. ウィーアー・イン・ラヴ "We're in Love" – 2:28
    5. ジャスト・アナザー・ダンス "Just Another Dance" – 2:51
    6. キャント・ワーク・ノー・ロンガー "Can't Work No Longer" – 2:21
    7. ピープル・ゲット・レディ "People Get Ready" – 2:40
    8. アイヴ・ファウンド・ザット・アイヴ・ロスト "I've Found Out That I've Lost" – 2:51
    9. ハード・トゥ・ビリーヴ "Hard to Believe" – 2:27
    10. シー・ザ・リアル・ミー "See the Real Me" – 2:25
    11. ゲット・アップ・アンド・ムーヴ "Get Up and Move" – 2:13
    12. ユー・マスト・ビリーヴ・ミー "You Must Believe Me" – 2:30

    脚注編集

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c d 日本盤再発CD(1994年、MVCM-22033)ライナーノーツ(鈴木啓志)
    2. ^ a b c d e The Impressions | Awards | AllMusic
    3. ^ a b Bush, John. “People Get Ready (Universal) - The Impressions”. AllMusic. 2016年5月22日閲覧。
    4. ^ Billy Butler | Awards | AllMusic