ファイナル・カウントダウン (映画)

ファイナル・カウントダウン』 (The Final Countdown) は、1980年アメリカ映画タイムスリップもののSF映画である。

ファイナル・カウントダウン
The Final Countdown
監督 ドン・テイラー
脚本 デイヴィッド・アンブローズ英語版
ピーター・パウエル
ゲイリー・デーヴィス英語版
トーマス・ハンター英語版
製作 ピーター・ダグラス英語版
製作総指揮 リチャード・R・セント・ジョン
出演者 カーク・ダグラス
マーティン・シーン
音楽 ジョン・スコット
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 ロバート・K・ランバート
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 松竹/富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年8月1日
日本の旗 1980年7月5日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語(一部日本語
製作費 2000万アメリカドル[1]
テンプレートを表示

あらすじ編集

1980年。中部太平洋で行われる軍事演習に参加するべくハワイ沖を航行中だった原子力攻撃空母ニミッツは、突如奇妙な竜巻の襲来を受け、真珠湾へ引き返そうとするが、そのまま呑み込まれてしまう。

しばらくして嵐は収まったものの、「随伴していた駆逐艦が行方不明」「無線にどこからも応答がない」「奇妙な無線通信とラジオ番組の受信」などの異常な事態を認識したマシュー・イーランド艦長は、緊急警戒態勢を発令すると共に、真珠湾への偵察機を発進させる。また、ニミッツに近づく飛行機をレーダーによって発見し、調査のためにF-14トムキャットを発進させる。パイロットが目視したその飛行機は、なんとプロペラ飛行する旧日本軍の零戦であった。

偵察機が持ち帰った真珠湾の写真に整然と写るかつての主力戦艦群、奇妙な無線とラジオ番組、そして零戦の出現。それらの情報から推理を重ねたニミッツの搭乗員たちは、タイムスリップしたことを悟り、今が1941年12月6日、つまり真珠湾攻撃の前日であることを理解して、歴史に介入して日本軍を撃退するか否かを迫られる(日本の作戦を失敗させればタイムパラドックスが起きてしまう)。

だが、ニミッツの近くを航行していた民間のボートを、零戦が機銃掃射した。ボートを助けるため、零戦を撃墜したことは歴史を変えるのだろうか…。

出演編集

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ朝日 TBS
ニミッツ艦長マシュー・イーランド海軍大佐 カーク・ダグラス 宮部昭夫
佐藤正治
宮部昭夫
ウォーレン・ラスキー マーティン・シーン 金内吉男
佐久田脩
池田秀一 富山敬
ローレル・スコット キャサリン・ロス 渡辺知子
(高梨愛)
鈴木弘子 榊原良子
リチャード・T・オーウェンス中佐 ジェームズ・ファレンティノ 小林清志
山岸治雄
有川博 若本規夫
サミュエル・チャップマン上院議員 チャールズ・ダーニング 大宮悌二 富田耕生 今西正男
ダン・サーマン中佐 ロン・オニール 内海賢二 寺島幹夫 池田勝
カウフマン ロイド・カウフマン 飯塚昭三 池水通洋 田原アルノ
シムラ スーン=テック・オー 徳丸完 田中和実 麦人
ペリー大尉 ジェームズ・コールマン 飯塚昭三 筈見純
デイモン中佐 ジョー・ローリー 徳丸完 池田勝
クルマン伍長 マーク・トーマス 広瀬正志 秋元羊介
カジマ大尉 アルヴィン・イン英語版 若本規夫
海軍医 ダン・フィッツジェラルド 峰恵研
操舵手 ピーター・ダグラス英語版
トガワ マサユキ・ヤマズキ 台詞なし

※2020年3月3日発売のBD『ファイナルカウントダウン -日本語吹替音声収録コレクターズ版-』には、上記3種類の吹き替え版[3]がすべて収録されている[4]


スタッフ編集

逸話編集

  • 原子力空母ニミッツが初めて登場した映画である[1]
  • 劇中で偵察機が持ち帰った真珠湾の写真は、実は奇襲を受けた直後の写真であり、よく見ると「雷撃時の波紋」「雷跡」「戦艦ウェストバージニアに命中した魚雷が立てた水柱」などが写っている。
  • 劇中には、上院国防委員会副議長で1941年に行方不明になったとされるチャップマンという民主党上院議員が登場するが、架空の政治家である。
  • 撮影当時、空母ニミッツは大西洋に配備されていたため、撮影は大西洋上で行われた。また、アメリカ海軍の戦闘艦艇における女性の宿泊は許可されておらず、本作唯一の女性出演者であるキャサリン・ロスは毎晩陸上まで搬送され、上陸先にて宿泊していた。
  • 零式艦上戦闘機として登場するのは実機ではなく、映画『トラ・トラ・トラ!』の撮影にも使われているT-6の改造機「テキサン・ゼロ」である。
  • カーク・ダグラスの三男で本作プロデューサーのピーター・ダグラスが作戦室の水兵として登場している。ドイツとソ連、アメリカ、イギリスが戦争状態になったラジオニュースを聞き、艦長(実父のカーク)に作戦室から出るように促される。
  • 作中で日本海軍パイロット捕虜になるシーンがあるが、この捕虜になったパイロットのシムラを演じた俳優は日本人ではなく、韓国系アメリカ人の俳優スーン=テック・オーである。そのため、日本語のアクセントが独特であり、かなり力んだ調子で発声しているが、台詞自体は日本人が聞いても十分に理解できる。
  • エンディングテーマ曲「Mr and Mrs Tideman」は、『火曜サスペンス劇場』の初代主題歌「聖母たちのララバイ」に盗用されたことで知られる(作曲者の木森敏之が盗作と認めたため、同曲は第24回日本レコード大賞の選考から外されることとなった。ただし、原作曲家のジョン・スコットとの共作曲扱いで第13回日本歌謡大賞を受賞している)。

登場兵器編集

 
撮影に使われたT-6改造機『テキサン・ゼロ』(2007年撮影)

アメリカ海軍が全面協力していることもあり、実物の艦船や艦載機が多く登場している。

アメリカ海軍

大日本帝国海軍

映像ソフト編集

過去にビスタサイズで収録されたDVDなどがリリースされているほか、2012年7月には16:9スコープサイズで収録されたBlu-ray版がリリースされている。

2020年3月3日、ハピネットからフルHDレストア・ニューマスタリングの「ファイナルカウントダウン 日本語吹替音声収録コレクターズ版」が発売された。3種類の日本語吹替音声は、いずれもテレビ放送用に作られた音源を使用。1981年に初めてテレビで放送されたフジテレビゴールデン洋画劇場版は、2014年にWOWOWで放送される際にカット部分を別の声優で追加録音のため全編を吹替で、テレビ朝日日曜洋画劇場版とTBS火曜ビッグシアター版は吹替音声の存在しない部分はオリジナル音声・日本語字幕対応[5]

2021年4月27日、北米地域向けではあるが、ブルー・アンダーグランド英語版から、4K Ultra HD Blu-ray(4K UHD BD)が発売された。35mmオリジナルカメラネガからの最新4Kデジタルレストア、ドルビー・ビジョンHDR、リミックス・ドルビーアトモス・サウンドトラック採用。サントラCD同梱[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p.38
  2. ^ ファイナル・カウントダウン”. WOWOW. 2014年4月27日閲覧。
  3. ^ フジテレビ版はWOWOW放送時にカット部分を追加収録を行なったものを収録。
  4. ^ ファイナルカウントダウン -日本語吹替音声収録コレクターズ版-”. ハピネットピクチャーズ. 2019年10月18日閲覧。
  5. ^ ファイナルカウントダウン 日本語吹替音声収録コレクターズ版 【Blu-ray】」、ハピネット・オンラインEAN 49079532152382021年7月16日閲覧。
  6. ^ 堀切日出晴 (2021年1月26日). “時間SFの快作が4K化『ファイナル・カウントダウン』【海外盤Blu-ray発売情報】”. Stereo Sound ONLINE. 2021年7月16日閲覧。

関連項目編集

1979年公開の日本映画。原作は半村良1975年に発表した同名小説。自衛隊が戦国時代にタイプスリップして戦乱に巻き込まれるという設定で、本作の前年に公開されている。
  • 異聞・ミッドウェー海戦―タイムパトロール極秘ファイル
豊田有恒の短編集小説、1987年出版。その中の1作に、表題と同じ『異聞・ミッドウェー海戦』がある。歴史改変を目論む未来人によって、海上自衛隊護衛艦くらまが、ミッドウェー海戦の最中にタイムスリップする。「現代の軍艦が第二次世界大戦にタイムスリップする」や、「歴史改変は成立せずに元の時代へ戻される」という点で、本作と設定が酷似する。
かわぐちかいじの漫画。海上自衛隊イージス艦が太平洋戦争中にタイムスリップする。結果として歴史改変が成立し、元の世界とは異なる歴史のパラレルワールドが作られたという意味では、本作と対極に位置する設定となっている。
システムソフトによるパソコンゲーム『エアーコンバットII』への追加シナリオの2作目。そのうちの「秒読みの最後」におけるプレイヤーの任務は、ニミッツからF-14にて発艦し、真珠湾を目指して飛行する零戦を撃墜するというものである。
実在の同隊所属F-14戦闘機が当映画に出演し、一躍有名となった。「スカル&クロスボーン」と呼ばれる特徴的なマーキングと共に知名度が高い飛行隊であったが、1995年10月1日に解隊。

外部リンク編集