大塚製薬

医薬品、食料品の製造・販売をしている企業
ファイブミニから転送)

大塚製薬株式会社(おおつかせいやく、Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.)は、医薬品食料品の製造・販売をしている企業である。本社は東京都千代田区神田司町にある。

大塚製薬株式会社
Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.
Otsuka Holdings logo.svg
Ootsukagroup.jpg
本社社屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-8535
東京都千代田区神田司町二丁目9番地
設立 1964年8月10日(創業:1921年
業種 医薬品
法人番号 7010001012986 ウィキデータを編集
事業内容 医薬品・臨床検査・医療機器・食料品・化粧品の製造、製造販売、販売、輸出ならびに輸入
代表者 樋口達夫代表取締役会長
井上眞代表取締役社長
森島信幸代表取締役副社長
資本金 200億円
売上高 5,432億3,300万円
(2019年12月期)
営業利益 1,376億8,200万円
(2019年12月期)
純利益 1,026億6,800万円
(2019年12月期)
決算期 12月31日
主要株主 大塚ホールディングス(株) 100%
関係する人物 大塚武三郎(グループ創業者)
大塚正士(初代社長)
大塚明彦(第2代社長)
大塚芳満(第3代社長)
大塚一郎(取締役)
小林幸雄(第4代社長)
樋口達夫(第5・7代社長)
岩本太郎(第6代社長)
外部リンク https://www.otsuka.co.jp/
特記事項:2008年7月8日付で持株会社「大塚ホールディングス株式会社」が設立され、「大塚製薬株式会社」は事業を継続するための子会社となった。
テンプレートを表示

1999年から、持株会社大塚ホールディングス(HD)が設立される2008年までの約10年間、大塚製薬工場大鵬薬品工業大塚化学大塚倉庫大塚食品アース製薬など、国内21社、海外27社におよぶ「大塚グループ」の中核企業であった。

家庭用医薬品「オロナインH軟膏」(発売当初は「オロナイン軟膏」)の発売元でその名を知られ、以後、ビタミン入り炭酸飲料オロナミンCドリンク」やスポーツドリンクポカリスエット」、栄養食品「カロリーメイト」「SOYJOY」などの企画・開発・発売で、製薬会社の域を越えた事業を展開している。家庭薬だけでなく、創薬再生医療など高度な研究開発にも力を入れている[1]

本社・本部等編集

 
大阪本部
本社
  • 所在地:東京都千代田区神田司町2丁目9番地(〒101-8535)
本社事務部門…大塚ホールディングスの本部機能もここに設けられる。
本部
研究所
  • 大津栄養製品研究所・大津スキンケア研究室
  • 藤井記念研究所
    • 所在地:滋賀県大津市唐崎1丁目11-1
  • 赤穂研究所
  • 徳島研究所
    • 所在地:徳島県徳島市川内町加賀須野463-10
  • 佐賀栄養製品研究所

歴史編集

主な商品編集

消費者商品編集

 
大塚製薬の主力商品(非医療部門 2017年現在)

一般用医薬品(OTC医薬品)編集

  • オロナイン(外用殺菌消毒剤)(製造販売元:大塚製薬工場)
    • オロナインH軟膏【第2類医薬品】
    • オロナイン液【第2類医薬品】 - 若い世代に向けた液体タイプのスプレー式殺菌消毒薬
  • 新サラリン(便秘薬)【指定第2類医薬品】

食品・飲料編集

ニュートラルシューティカルズ
乳幼児向け製品
本ブランドは当社と雪印メグミルクの合弁会社である雪印ビーンスタークで販売されている。
メディカルフーズ
  • OS-1 - 経口補水液(特別用途食品 個別評価型病者用食品)。製造販売元は大塚製薬工場。

スキンケア用品編集

医療用医薬品編集

 
ムコスタ(レバミピド
 
ピロリ菌検出のための尿素呼気テストキット。左側が検査薬(ユービット錠)、右側が呼気回収パック(検査前、検査後)。

過去の製品編集

  • ポカリスエットボトル
  • ポカリスエットステビア
  • ホットポー
  • ワナナイト
  • ザ・カルシウム <ホワイトクリーム>
  • ザ・カルシウム <ブラッククリーム>
  • ザ・カルシウム <レモン>
  • マサイの戦士
  • シーマックス1000
  • ビーンスターク オーガニック(mom)マム
  • ジョグメイトプロテイン

他、多数

提供番組編集

特に記述の無い番組は日本テレビ系。

現在(主に30秒)
過去
TBSテレビ
フジテレビ系
テレビ朝日系
テレビ東京
その他

など。

大塚グループ編集

なお、事務機器販売の大塚商会、家具小売業の大塚家具 (IDC) はいずれも大塚製薬グループではない。特に大塚家具に関しては、かつて大塚化学グループも家具事業を営んでいたため注意を要する。また、大塚HDの主要株主である大塚アセット株式会社・大塚エステート有限会社は大塚家の資産管理会社であり、グループ会社には含めない。

グループ各社の主な製品編集

  • 大塚製薬工場
  • 大鵬薬品工業
    • チオビタ
    • ソルマック
    • ハルンケア
    • ゼノール
    • ウレパールプラス(2008年9月に当社から譲受。製造販売元:大塚製薬工場)
    • 新ポリカイン(製造販売元:大塚製薬工場)
  • 大塚化学
  • 大塚食品
    • ボンカレーシリーズ
    • マッチ - 旧大塚ベバレジ製品
    • マンナンヒカリ
  • 大塚電子
  • アース製薬
  • 白元アース
    • パラゾール
    • ミセスロイド
    • ノンスメル
    • アイスノン
    • わらべ
  • 大塚オーミ陶業
    • 名画電報(NTT電報)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「大塚製薬、大阪に創薬研究所」日経産業新聞』2021年3月30日(医療・ヘルスケア面)2021年4月10日閲覧
  2. ^ a b 訃報 (PDF)”. 大塚ホールディングス (2015年2月12日). 2015年2月13日閲覧。
  3. ^ 本社移転に関するお知らせ株式会社バスクリン・2014年8月1日プレスリリース

関連項目編集

外部リンク編集