メインメニューを開く

ファイル:Clock Tower from Su Song's Book.JPG

元のファイル(1,051 × 1,392 ピクセル、ファイルサイズ: 499キロバイト、MIME タイプ: image/jpeg)

解説

Chinese mechanical and horological engineering from the Song Dynasty; this diagram provides an overall general view of the inner workings and armillary sphere of Su Song's clocktower built in Kaifeng. The drawn illustration comes from Su Song's book Xin Yi Xiang Fa Yao published in the year 1092. On the right is the upper reservoir tank with the 'constant-level tank' beneath it. In the center foreground is the 'earth horizon' box in which the celestial globe was mounted. Below that are the time keeping shaft and wheels supported by a mortar-shaped end-bearing. Behind this is the main driving wheel with its spokes and scoops. Above that are the left and right upper locks with an upper balancing lever and upper link.

日付
原典 Page 451 of Joseph Needham's book Science and Civilization in China: Volume 4, Part 2, Mechanical Engineering.
作者 PericlesofAthens
このファイルは、パブリックドメインにある平面的な美術の著作物を写真術によって忠実に複製したものです。このような複製はアメリカ合衆国においてパブリックドメインとなります。他の地域では再利用に制限がかかる場合があります。詳しくはReuse of PD-Art photographsをご覧ください。美術の著作物としての原図は以下の理由によりパブリックドメインに属します。
Public domain

この著作物は、著作権の保護期間が著作者の没後70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


Dialog-warning.svg なぜ、この著作物がアメリカ合衆国でパブリックドメインにあるのかを示すために、アメリカ合衆国のPDタグも併せて使用しなくてはなりません。 いくつかの国では、著作権の保護期間が70年を超えていることに注意する必要があり、例えば、メキシコは100年、ジャマイカは95年、コロンビアは80年、グアテマラとサモアは75年です。これらの国では、著作権の保護期間について相互主義を採用していないこともあり、この画像はパブリックドメインの状態にはないかも知れません。コートジボワールは99年、ホンジュラスは75年をそれぞれ原則的な著作権の保護期間として採用していますが、保護期間につき相互主義を採用しています

ファイルの履歴

過去の版のファイルを表示するには、その版の日時をクリックしてください。

日付と時刻サムネイル寸法利用者コメント
現在の版2017年10月15日 (日) 14:212017年10月15日 (日) 14:21時点における版のサムネイル1,051 × 1,392 (499キロバイト)Aubry GérardNetteté, nettoyage
2016年3月17日 (木) 08:212016年3月17日 (木) 08:21時点における版のサムネイル908 × 1,366 (776キロバイト)PawełMMcleaned, contrast enhanced, desaturated
2007年8月14日 (火) 16:562007年8月14日 (火) 16:56時点における版のサムネイル908 × 1,366 (722キロバイト)PericlesofAthens{{Information |Description=Chinese mechanical and horological engineering from the Song Dynasty; this diagram provides an overall general view of the inner workings and armillary sphere of Su Song's clocktower built in Kaifeng. The drawn illustration come

以下の​ 4 ページがこのファイルを使用しています:

グローバルなファイル使用状況

以下に挙げる他のウィキがこの画像を使っています:

このファイルのグローバル使用状況を表示する。