メインメニューを開く

ファイル:Epoxide Williamson.png

元のファイル(8,114 × 1,274 ピクセル、ファイルサイズ: 33キロバイト、MIME タイプ: image/png)

概要[編集]

解説

Chemical reaction mechanism for epoxide formation a'la Williamson's ether synthesis

日付
原典 投稿者自身による作品
作者 Tomas Kindahl
許可
(ファイルの再利用)

PD-self

Intramolecular nucleophilic substitution to form an epoxide, similar to Williamson's ether synthesis.

ライセンス[編集]

Public domain この作品の著作権者である私は、この作品の権利を放棄しパブリックドメインとします。これは全世界で適用されます。
一部の国では、これが法的に可能ではない場合があります。その場合:
私は、あらゆる人に対して、法により必要とされている条件を除きいかなる条件も課すことなく、あらゆる目的のためにこの作品を使用する権利を与えます。

ファイルの履歴

過去の版のファイルを表示するには、その版の日時をクリックしてください。

日付と時刻サムネイル寸法利用者コメント
現在の版2006年8月28日 (月) 12:522006年8月28日 (月) 12:52時点における版のサムネイル8,114 × 1,274 (33キロバイト)St0k{{Information |Description=Chemical reaction mechanism for epoxide formation a'la Williamson's ether synthesis |Source=own work |Date=2006-08-28 |Author=Tomas Kindahl |Permission=pd-self |other_versions= }} Intramolecular nucleophilic substitution to form

以下のページがこのファイルを使用しています:

グローバルなファイル使用状況

以下に挙げる他のウィキがこの画像を使っています: