メインメニューを開く

ファイル(以前はNautilus)はGNOMEデスクトップの標準GUIファイルマネージャGVfsを通してSambaNFSなどのリモートファイルシステムに透過的にアクセスすることもできる。オプションでフォルダ内にウェブサイトを表示することもできる。

ファイル
Nautilus new logo.png
GNOME Files 3.32 screenshot.png
GNOME 3.32におけるファイルのスクリーンショット
開発元 GNOME
初版 2001年3月13日(18年前) (2001-03-13
最新版

3.32.2 (2019年5月8日(2か月前) (2019-05-08) [±][1]

[±]
リポジトリ gitlab.gnome.org/GNOME/nautilus.git
種別 ファイルマネージャ
ライセンス GPL
公式サイト Apps/Files - GNOME Wiki!
テンプレートを表示

目次

歴史編集

ファイルの発祥であるNautilusは元々Eazel社によって開発されていた。しかし、バージョン1.0を2001年3月14日にリリースした後、2001年5月にEazel社は破産したために、以後オープンソースコミュニティで開発が続けられることになった。なお、Eazel社はもともとGPLの下で開発を行っていた。

Nautilusのバージョン1.0が発表された当時、動作が非常に遅いと批判された。GNOME 1.4では標準ファイルマネージャをGMC(Gnome Midnight Commander)からNautilusに変更したために、GNOMEも批判の的になった。以後2002年にGNOME 2.0用のバージョン2.0をリリースした後は、GNOMEとの統合性や軽量化を進めた。例えばアイコンがオウム貝の絵からフォルダの絵になったが、これはGNOME Human Interface Guidelines(HIG)への準拠のためである。また、デスクトップフォルダが ~/Desktop になったのもfreedesktop.orgの標準に合わせたものである。GNOME 2.5のNautilusから、フォルダを開くごとにウィンドウが開くスペイシャルモードに変更されて高速化が図られたが、従来のブラウザモードに切り替えて使用することも可能となった。

GNOME 3.6より、「Nautilus」の名前が「ファイル」に改名された[2]。ただし2015年11月現在においてもGNOME公式Wikiページの「ファイル」アプリケーションのページはアプリケーション名は「Nautilus」のままであり[3]、パッケージ名やコマンド名も「nautilus」のままである。

機能編集

代表的な機能を挙げる。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集