メインメニューを開く

概要編集

ファイントラックfinetrack)は、兵庫県神戸市中央区相生町に本社を置く日本のアウトドア用品メーカーである。撥水アンダーウェア防寒着レインウェア寝袋テントなどを製造している。

主要取扱店編集

・好日山荘

・Mt.石井スポーツ

・カモシカスポーツ

・さかいやスポーツ

 など、全国の登山専門店

・直営店 finetrack TOKYO BASE

年表編集

  • 2004年 - 兵庫県神戸市で創業し、耐久撥水ウォータースポーツウェア、フラッドラッシュを発売してロングセラーとなった[1]
  • 2005年 - レイヤリングの新しい概念となる、ミッドシェル®を提案し、5レイヤリング®を確立。天然素材とポリエステルを融合したハイブリッド繊維の開発に成功
  • 2006年 - 撥水ウエアをレイヤリングに取り入れる概念を定着させる、ドライレイヤー®の改良型を開発。
  • 2007年 - 兵庫県から経営革新企業に認定(経営革新計画承認)。定番ベストセラーとなる耐久撥水ストレッチアウトドアパンツを開発。]
  • 2008年 - ウールとポリエステルのハイブリッド素材を使った靴下を発売した。
  • 2009年 - 5レイヤリングをソックスに応用した、ドライレイヤー®ソックス発売。
  • 2010年 - 社屋を神戸駅前に移転。ドライレイヤー®の新シリーズ、フラッドラッシュ®アクティブスキンを新開発。汚れも皮脂も取れるナノタオル®を発売。
  • 2011年 - ファイントラック独自の防水透湿素材、エバーブレス®メンブレンを新開発し、L5アウターシェルを発売。ドライレイヤー3番目のシリーズとなるパワーメッシュが加わる。グローブにもレイヤリングを提案。
  • 2012年 - 異次元ストレッチレインウエア、厳冬期アウターシェルを新開発。インシュレーションの開発に着手。
  • 2013年 - 世界初のシート状立体保温素材ファインポリゴン®を新開発。同素材のスリーピングバッグを発売。
  • 2014年 - ファインポリゴン®を使用した軽量コンパクトな保温ウエアを発表。
  • 2015年 - ハイブリッドベースレイヤーシリーズにシルクが登場。
  • 2016年 - オールシーズン対応の本格的な山岳テントを発売。グローブの国内生産化に着手。
  • 2017年 - 高機能ウエア用洗剤を新開発。直営店舗 finetrack TOKYO BASE をオープン。
  • 2018年 - 高機能ウエア用 吸汗加工剤を新開発。吸汗速乾性と強度を併せ持つナイロンベースレイヤー発表
  • 2019年 - 高機能ウエア用 撥水剤を新開発。

主な製品編集

  • L1 ドライレイヤーシリーズ - 優れた撥水性により、汗や雨が肌に直接触れることがなく、濡れ冷えや不快感を抑えるための登山用アンダーウエア。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『特集 ベストバイ! 山道具完全カタログ』pp.244-245。

外部リンク編集