ファウジュダール

ファウジュダール(Faujdar) は、北インドムガル帝国における治安・警察長官[1]、軍司令官のこと。

ミール・ジャアファル1747年までムガル帝国オリッサにおけるファウジュダールだった

16世紀後半、アクバルによる行政改革により、帝国は15の州(スーバ)に分けられ、それらに県(サルカール)、郡(パルガナー)が置かれた。州を統括するスーバダール(太守)の職が設けられ、その下位に県を統治するファウジュダールの職が設けられた。

脚注編集

  1. ^ チャンドラ『中世インドの歴史』、p.362

参考文献編集

関連項目編集