ファティ・カラギュムリュクSK

トルコのサッカークラブ

ファティ・カラギュムリュク・スポル・クリュビュトルコ語: Fatih Karagümrük Spor Kulübü)は、トルコイスタンブールファティ英語版地区カラギュムリュクトルコ語版をホームタウンとするサッカークラブである。

ファティ・カラギュムリュク
原語表記 Fatih Karagümrük Sportif Faaliyetler San. Tic. A.Ş.
愛称 Kara Kırmızı (Black Red)
Fatih'in Torunları (Fatih's grandchildren)
創設年 1926年
所属リーグ スュペル・リグ
ホームタウン カラギュムリュク
ホームスタジアム アタテュルク・オリンピヤト・スタドゥ
収容人数 76,761人
監督 イタリアの旗 アンドレア・ピルロ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1926年にファティ地区カラギュムリュクで[1]、カラギュムリュク・イドマン・ユルドゥ (Karagümrük İdman Yurdu) として創設された[2]

トップディビジョンには初年度の1959年から1962-63シーズンまで5シーズン連続で参加、1983-84シーズンにも参加した[1][3]

1985年にカラギュムリュク・クリュビュとファティ地区自治体が合併して、ファティ・カラギュムリュクに改称された[4]

2011-12シーズンにアマチュアリーグからプロリーグに復帰、TFF3.リグで2シーズン目の2013-14シーズンにTFF2.リグに昇格した[1]。2018-19シーズンに昇格プレーオフでシャンルウルファスポルマニサFKサカリヤスポルに勝利して優勝し、TFF1.リグに昇格した[1]

2019-20シーズンにレギュラーシーズンで5位になり、昇格プレーオフに進出すると、準決勝でアクヒサル・ベレディイェスポルを破り、決勝でアダナ・デミルスポルPK戦の末に勝利してスュペル・リグ昇格を果たした[3]。トップディビジョンに参加するのは1983-84シーズン以来36年ぶりとなった[1][3]。この結果、トップディビジョンに参加するイスタンブールのチーム数は24年ぶりに6チームとなった[5]

過去の成績編集

シーズン リーグ戦 テュルキエ・クパス
ディビジョン 順位
2014-15 TFF2.リグ 36 14 15 7 41 34 57 6位 GS敗退
2015-16 TFF2.リグ 34 11 8 15 32 49 41 14位 3回戦敗退
2016-17 TFF2.リグ 34 11 9 14 39 42 42 12位 3回戦敗退
2017-18 TFF2.リグ 34 10 6 18 32 48 36 15位 4回戦敗退
2018-19 TFF2.リグ 34 21 5 8 55 34 68 2位 5回戦敗退
2019-20 TFF1.リグ 34 15 11 8 53 39 56 5位 5回戦敗退
2020-21 スュペル・リグ 40 16 12 12 64 52 60 8位 4回戦敗退
2021-22 スュペル・リグ 38 16 9 13 47 52 57 8位 準々決勝敗退
2022-23 スュペル・リグ 38

現所属メンバー編集

2022年9月10日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   バトゥハン・シェン
2 GK   エミリアーノ・ヴィヴィアーノ
3 DF   エミル・ティンティシュ
4 DF   ダヴィデ・ビラスキ
5 DF   イブラヒム・ドレシェヴィッチ ( )
8 MF   マッテオ・リッチ
9 FW   エムバイェ・ディアニェ
11 MF   カリム・フレイ ( )
13 FW   コリン・カジム=リチャーズ ( )
14 MF   エフェ・タトゥリ ( )
16 FW   ファビオ・ボリーニ
17 MF   サメド・オヌル ( )
18 MF   レヴェント・メルジャン ( )
19 MF   エブリマ・コリー
21 MF   ジミー・ドゥルマズ ( )
No. Pos. 選手名
22 FW   ブラク・カパジャク
23 GK   ジェム・カブラン
24 MF   ローレンス・ニコラス
25 MF   ファティ・クルナズ ( )
27 MF   マゴメド・オズドエフ
29 MF   オタベク・シュクロフ
37 DF   エフェジャン・ミズラクチ
44 DF   スティーヴン・コーカー ( )
54 DF   サルヒ・ドゥルスン
70 FW   ジャン・エヴラール・クアシ
77 MF   アドナン・ウグル ( )
86 DF   ブラク・ベカロギュル
88 DF   ジャネル・エルキン
99 DF   ライヤン・バニヤ ( )

ローン移籍編集

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK   バトゥハン・シェン (ガラタサライ)
4 DF   ダヴィデ・ビラスキ (ジェノア)
8 MF   マッテオ・リッチ (フロジノーネ)
No. Pos. 選手名
19 MF   エブリマ・コリー (アタランタ)
22 FW   ブラク・カパジャク (フェネルバフチェ)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF   エミル・ヤズジュ (クシャダシスポル)
-- MF   エゲメン・ペーリヴァン (サパンカ・ゲンチリクスポル)
No. Pos. 選手名
-- FW   ベルケ・デミルカン (イスパルタ・ダルバズスポル)

歴代所属選手編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e Fatih Karagümrük'ten tarihi başarı! 36 yıl sonra Süper Lig...”. ヒュッリイェト (2020年8月5日). 2020年8月7日閲覧。
  2. ^ TARİHÇE”. Fatih Karagümrük Spor Kulübü. 2020年8月6日閲覧。
  3. ^ a b c Fatih Karagümrük Süper Lig'e yükseldi”. En Son Haber (2020年7月30日). 2020年8月6日閲覧。
  4. ^ 「Karagümrük'ün ismi,"Fatih Karagümrük" oldu...」『ミッリイェト』1985年4月29日、第12面。Karagümrük'ün ismi,"Fatih Karagümrük" oldu...”. MİLLİYET GAZETE ARŞİVİ. Milliyet. 2020年8月7日閲覧。
  5. ^ Süper Lig tarihinde yer alan İstanbul takımları”. Goal.com (2020年8月5日). 2020年8月7日閲覧。

外部リンク編集