ファディア・ビント・ファールーク

ファディア・ビント・ファールーク亜剌:فادية بنت فاروقラテン文字転写:Fadia bint Farouk, 1943年12月15日 アブデン宮殿カイロ - 2002年12月28日 ローザンヌ)は、ムハンマド・アリー家統治期のエジプト王家の一員。最後のエジプト王フアード2世の異母姉。

ファディア・ビント・ファールーク
فادية بنت فاروق
Fadia Farouk (cropped).jpg

出生 1943年12月15日
エジプトの旗 エジプトカイロアブデン宮殿
死去 (2002-12-28) 2002年12月28日(59歳没)
スイスの旗 スイスローザンヌ
埋葬  
 エジプト、カイロ、アル・リファーイー・モスク
配偶者 ピエール・オルロフ公爵
子女 ミシェル・シャミール
アレクサンドル・アリー
父親 エジプト王ファールーク1世
母親 ファリダ
テンプレートを表示

生涯編集

エジプト王ファールーク1世とその最初の妻ファリダ王妃の三女、末娘として生まれた[1]。両親の間にはフェリアルファウズィーヤの2人の姉が生まれていたが、ファディアの誕生以後は子供が無く、父は1948年に世継ぎをもうけるために母を離縁し、1951年にナリマン・サディクと再婚した。1952年、エジプト革命に伴って家族とともにエジプトを脱出し、イタリアに逃れた。姉たちとともにスイスの寄宿学校ル・グラン・ヴェルジュ校(Le Grand Verger)で学び、絵画制作や馬術に打ち込んだ[2]

大学に在学中、スイスに亡命したロシア人貴族の子孫で地理学者のピエール・オルロフ公爵(Pierre Alexievitch Orloff、1938年 - )と知り合い、1965年2月17日にロンドンケンジントン結婚記録登記所で結婚した[1][2][3][4]。オルロフ公爵は結婚に際してスンニ派ムスリムに改宗し、サイード(Sa'id Orloff)と改名した[1][2]。夫妻は間にミシェル・シャミール(Michael-Shamel Orloff、1966年 - )、アレクサンドル・アリー(Alexander-Ali Orloff、1969年 - )の2人の息子をもうけた[1]

ファディアはフランス語英語イタリア語スペイン語に堪能で、スイス観光省に通訳として勤務した[2]。2002年に亡くなり、カイロ、アル・リファーイー・モスクAl-Rifa'i Mosque)の副王廟に葬られた[1][5]

脚注編集

  1. ^ a b c d e Egypt: The Muhammad Ali Dynasy - Genealogy
  2. ^ a b c d Al-Ahram Weekly: Egypt Archived 2009年5月18日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Time.com: U.S. - Milestones: Feb. 26, 1965
  4. ^ British Pathe: Register Office Royal Wedding (aka Princess Fadia Weds) - Video Newsreel Film
  5. ^ BBC News: World - Middle East