ファニー・ガール

ファニー・ガール』(Funny Girl)は、1968年制作のアメリカ映画ブロードウェイで活躍した喜劇女優ファニー・ブライスen:Fanny Brice、1891 - 1951)の半自伝的ミュージカル(1964年にブロードウェイで初演)の映画化。舞台版に引き続きブライスを演じたバーブラ・ストライサンドアカデミー主演女優賞を受賞した[3]

ファニー・ガール
Funny Girl
FunnyGirl.png
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 イソベル・レナート
製作 レイ・スターク
出演者 バーブラ・ストライサンド
音楽 ウォルター・シャーフ
撮影 ハリー・ストラドリング
編集 モーリー・ワイントローブ
ウィリアム・サンズ
配給 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年9月19日
日本の旗 1969年2月1日
上映時間 151分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,100,000(見積値)[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $52,223,306[2]
次作 ファニー・レディ
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

日本でのミュージカル公演編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Funny Girl (1968) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年7月12日閲覧。
  2. ^ Funny Girl (1968)” (英語). Box Office Mojo. 2011年7月12日閲覧。
  3. ^ 第41回アカデミー賞においてキャサリン・ヘプバーン冬のライオン)と得票数が同じになったため史上初の2人同時受賞となった。
  4. ^ Nicky Arnstein (1879 - 1965)。

外部リンク編集