ファビラ (Favila de Asturias、生年不詳 - 739年)またはファフィラ(Fáfila)は、アストゥリアス王(在位:737年 - 739年)。父ペラーヨのあとを継いで王位についた。ファビラ(ファフィラ)とはペラーヨの実父の名にちなむ。

ファビラ / ファフィラ
Favila / Fáfila
アストゥリアス王
Favila.JPG
在位 737年 - 739年

死去 739年
埋葬 Flag of the Kingdom of Asturias.svg アストゥリアス王国カンガス・デ・オニス、サンタ・マリア教会
配偶者 フロイルバ
家名 アストゥリアス家
父親 ペラーヨ
テンプレートを表示

生涯編集

彼は737年に即位し、伝説によるとクマとの対決のため739年に急死した[1]


16世紀の歴史家、アンブロシオ・デ・モラレスによれば、ファビラ王の遺体はカンガス・デ・オニスのサンタ・マリア教会(王妃フロイルバが建設を命じている)に埋葬された[2]。同じ教会内に王妃フロイルバも埋葬された。

参考文献編集

  • Del Arco y Garay, Ricardo (1954). Instituto Jerónimo Zurita. Consejo Superior de Investigaciones Científicas.. ed. Sepulcros de la Casa Real de Castilla. Madrid

脚注編集

  1. ^ Esto sucedió según la tradición en el lugar en que se sitúa la actual aldea de Llueves, en una montaña, en las inmediaciones de Cangas de Onís. De esta leyenda procede el popular dicho español, "espabila, Favila, que viene el oso", con el cual se apremia al oyente a realizar una acción.
  2. ^ Del Arco y Garay, Ricardo (1954). «X». En Instituto Jerónimo Zurita. Consejo Superior de Investigaciones Científicas. Sepulcros de la Casa Real de Castilla. Madrid. pp. 130-131.