ファフ・デ・クラーク

南アフリカのラグビー選手

フランソワ・“ファフ”・デ・クラーク(François "Faf" de Klerk、1991年10月19日 - )は、南アフリカ共和国ムプマランガ州出身[1]ラグビーユニオン選手。2022-2023シーズンからJAPAN RUGBY LEAGUE ONE横浜キヤノンイーグルスに所属する。南アフリカ代表

ファフ・デ・クラーク
Faf de Klerk.jpg
フルネーム フランソワ・デ・クラーク
生年月日 (1991-10-19) 1991年10月19日(30歳)
出身地 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
ムプマランガ州エシャンゼニ郡ムボンベラネルスプロイト
身長 1.70 m (5 ft 7 in)
体重 88.19 kg (13 st 12.4 lb)
学校 ホゥスクール・ウォータークルーフ英語版
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション スクラムハーフ
在籍チーム 横浜キヤノンイーグルス
ユース経歴
2007–2009 ブルーブルズ
2010–2011 ゴールデンライオンズ
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2012–2015 プーマス 56 (20)
2014–2017 ライオンズ 65 (72)
2016 ゴールデンライオンズ XV 1 (0)
2017 ゴールデンライオンズ XV 2 (0)
2017–2022 セール・シャークス 103 (241)
2022- 横浜キヤノンイーグルス ()
更新日:  2022年6月23日
代表
チーム 出場 (得点)
2016– 南アフリカ代表 39 (25)
更新日:  2022年8月9日

経歴・人物編集

ネルスプロイトのラースクール・バークランドに通学しているときにラグビーと出会ったという[1]

プレトリアのウォータークルーフ地区にある、ホゥスクール・ウォータークルーフ英語版に進学し、そこで本格的にラグビーに打ち込んだ[1]

ユースチームでのプレーを経て、2012年から2015年の3年間、ネルスプロイトを本拠とするプマス英語版でプレーし、2014年ヨハネスブルグをホームとするスーパーラグビーライオンズに移籍した[2]

ライオンズでは2017年までプレーしたが、その間に2016年と2017年の2年間、ゴールデン・ライオンズに参加した[3]

2017年からはイングランドプレミアシップ・ラグビーのチームであるセール・シャークスに移籍[4]

2022-2023シーズンからJAPAN RUGBY LEAGUE ONE横浜キヤノンイーグルスに所属する[5]

スプリングボクス編集

2016年アリスター・クッツェー英語版が率いるラグビー南アフリカ共和国代表に初召集された[6]。同年6月のアイルランド代表とのテストマッチ3連戦(参照:2016年のラグビーアイルランド代表の南アフリカ遠征英語版)にて代表デビューを果たした。

2019年日本で開催されたラグビーワールドカップ2019では南アフリカ代表のメンバーとして出場。スタンドオフハンドレ・ポラードとのコンビで試合を組み立てる役割を担い、特に10月20日の準々決勝での対日本戦では攻守にわたり活躍、後半26分には自らトライを決めるなどしてこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[7]。さらに11月2日のイングランドとの決勝戦では持ち前の運動量と守備でイングランドを封じ込め、南アフリカに3回目の大会優勝をもたらす立役者となった[8]

脚注編集

外部リンク編集