メインメニューを開く

ファブリキウス囊: bursa of Fabricius)とは造血を営む鳥類に特有の器官。Bruce Glickによって初めて証明され、後にMax CooperとRobert Goodにより鳥類におけるB細胞の成熟に必要であることが証明された。哺乳類では通常は相同器官はなく、骨髄で造血とB細胞の成熟が行われる。

名称はジェローラモ・ファブリツィオにちなむ[1]

脚注編集

  1. ^ Ribatti D, Crivellato E, Vacca A (2006). “The contribution of Bruce Glick to the definition of the role played by the bursa of Fabricius in the development of the B cell lineage”. Clin. Exp. Immunol. 145 (1): 1–4. doi:10.1111/j.1365-2249.2006.03131.x. PMID 16792666. http://www.blackwell-synergy.com/openurl?genre=article&sid=nlm:pubmed&issn=0009-9104&date=2006&volume=145&issue=1&spage=1.