メインメニューを開く

ファブリツィオ・バルバッツァFabrizio Barbazza 1963年4月2日-)は、イタリアレーシングドライバーファブリッツォ・バルバッツァと表記されることもある。1996年に引退した。

ファブリツィオ・バルバッツァ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・モンツァ
生年月日 (1963-04-02) 1963年4月2日(56歳)
F1での経歴
活動時期 1991, 1993
所属チーム '91 AGS
'93 ミナルディ
出走回数 8
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 2
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1991年サンマリノGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1993年フランスGP
テンプレートを表示

経歴編集

キャリア初期~1990年編集

元々はモトクロスレーサーとして活動していたが、4輪に転向。1983年よりイタリアF3に参戦を開始し、3年目の1985年には4勝を挙げ、ランキング3位となった。

その後、1986年よりアメリカで活動、この年アメリカン・レーシング・シリーズ(現インディ・ライツ)で4勝を挙げてチャンピオンに輝いた。翌1987年はCARTに参戦、インディ500で3位に入るなどの活躍でランキング12位に入り、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。また国際F3000にも1戦参戦したが、予備予選落ちに終わっている。

1988年は国際F3000に5戦出走するが、特筆すべき結果は残せず。翌1989年はCARTに8戦と全日本F3000に参戦。それぞれ最高位は8位と6位だった。

1990年より再び国際F3000に参戦し、最高位4位を記録。シリーズでは18位となった。

1991年編集

1991年は国際F3000に開幕戦のみ出走し、13位で完走。またF1チームのAGSと、第3戦サンマリノGPより契約、ステファン・ヨハンソンに代わりNo.18のマシンを駆ることになった。

しかし、第8戦イギリスGPまで6戦連続予選落ちを喫し、更にチームが予備予選組に回された第9戦ドイツGP以降は、6戦連続で予備予選落ちに終わっている。また第14戦スペインGPをもってチームが撤退し、終盤の2戦は参戦出来なかった。結果、バルバッツァは1度も決勝を走ることなく、一旦F1から姿を消すこととなった。

チームメイトとの予選成績は、ガブリエル・タルキーニに4勝9敗、オリビエ・グルイヤールに1勝0敗だった。

 
CARTでのバルバッツァ。1992年ロングビーチGP。

1992年編集

F1チームと契約出来なかった1992年は、CARTに3戦参戦。12位入賞を1度記録した。

1993年編集

1993年はミナルディと契約し、再びF1に参戦。開幕戦の南アフリカGPにて予選を24位で通過し、初めて決勝を走るが、鈴木亜久里に接触しリタイヤ。この際、亜久里が激しい怒りを見せる一幕もあった。また、続く第2戦ブラジルGPでも、スタートでマーティン・ブランドルと接触し、0周リタイヤとなっている。

しかし第3戦ヨーロッパGPでは、完走11台のサバイバルレースの中6位に入り、初ポイントを獲得(このレースでは、チームメイトのクリスチャン・フィッティパルディの前でフィニッシュしている)。続く第4戦サンマリノGPでも、完走9台の中を生き残って6位に入り、連続入賞となった。

だがその後の4戦は、第6戦モナコGPでは11位で完走したものの、残る3戦はリタイヤに終わった。更に、スポンサーマネーの関係から、第8戦フランスGPをもってチームを解雇され、バルバッツァはそのままF1から去ることとなった。

この年、予選では1度もフィッティパルディの前に出ることはなかった(0勝8敗)。

F1後編集

F1から姿を消した後、1994年よりIMSAフェラーリで参戦した。それに並行しサーキット用の衝撃吸収バリアの開発も行っていた。

1995年もIMSAに参戦していたが、4月30日のアトランタでのレース中、前を行く2台のポルシェがスピンした際、それを避けようとしてバランスを崩しコースを塞ぐ形でストップ。そして、その側面にジェレミー・デールが時速160Kmで激突、バルバッツァのマシンは2つに千切れた。バルバッツァは、頭部を負傷し手足を骨折、また肺が潰れるという重傷を負い、意識不明の重体に陥った。

その後、奇跡的に一命を取りとめ治療を行うが、1年後の1996年に引退を表明。現在ではカート屋を経営している。

補足編集

  • 決勝レースでは、下位グリッドからスタートするのが多かったものの、スタートが上手くオープニングラップでは4台近くを抜いていた。
  • リカルド・パトレーゼミハエル・シューマッハなど、サッカーを得意とするレーサーは多いが、バルバッツァはその中でもGKを得意としていた。F1関係者主催のサッカー大会では、ゴールマウスを守る姿がよく見られた。
  • 津川哲夫は、AGS時代に酷評されていたバルバッツァに対し、一定の評価を与えていた。
  • バルバッツァが開発していた衝撃吸収バリアは、父の会社によってF1に売り込まれ、2000年にはイモラ・サーキットのリヴァッツァ・コーナーに設置された。
  • 現役当時はメキシコ料理が好きだったと言う。
  • 身長171cm。ミナルディ時代には「チームメイトのクリスチャン・フィッティパルディとは正反対の顔」「かまやつひろしに似ている」などとも書かれていた。当時日本での中継の実況を担当していた古館伊知郎に、「F1北京原人」、「素顔の獅子舞」等のあだ名で呼ばれていた。

関連項目編集