メインメニューを開く

ファルマス: Falmouth)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州バーンスタブル郡にある町。

ファルマス
ノブスカ灯台
ノブスカ灯台
バーンズテーブル郡の位置
バーンズテーブル郡の位置
北緯41度33分05秒 西経70度36分55秒 / 北緯41.55139度 西経70.61528度 / 41.55139; -70.61528座標: 北緯41度33分05秒 西経70度36分55秒 / 北緯41.55139度 西経70.61528度 / 41.55139; -70.61528
アメリカ合衆国
マサチューセッツ州
バーンスタブル郡
入植 1660年
州に組み込まれた年 1686年
行政
 • 種別 タウンミーティング
 • 町長 ジュリアン・M・スーソ[1]
面積
 • 合計 54.4mi2 (141.0km2)
 • 陸地 44.2mi2 (114.6km2)
 • 水面 10.2mi2 (26.4km2)
標高
10ft (3m)
人口
(2010)
 • 合計 31,531人
 • 密度 713.4/mi2 (275.0/km2)
等時帯 UTC-5 (東部標準時)
 • 夏時間 UTC-4 (東部標準時)
ZIP code
02540
市外局番 508 / 774
FIPS code 25-23105
GNIS feature ID 0618253
ウェブサイト 公式サイト

ケープコッドの南西にある港町で、古い街並みが残り気候も穏やかなため観光地として人気がある。「ファルマス」という名前はイギリスの探検家B・ゴスノールドによってコーンウォールファルマスに因んで名付けられた。「SSA」というフェリーの基地がある。

目次

歴史編集

元々はインディアンの居住地であったが、1660年に英国の入植者が定住し、1686年に州に取り入れられた。最初の産業は農業、塩、捕鯨、輸送と羊であった。19世紀には捕鯨で栄えた。19世紀後半までには、クランベリーイチゴを主に栽培していた。1810年に起こった米英戦争では、マサチューセッツ民兵はイギリス軍の上陸を阻止するために浜辺で守備を固めた。1872年には電車がファルマスとウッズホール間に開通した。20世紀前半には、酪農が内部の地方で行われた。第2次世界大戦の間には、近隣にオーティス空軍州兵基地が出来たので人口がかなり増加したという。

交通編集

ボストンからバスがあり、南南東に 77 マイル (124 km) 離れている。

スポーツ編集

  • ケープコッド・ベースボールに属する「ファルマスコモドーズ」というチームがある。
  • 「ファルマスロードレース」というイベントがある。

著名な住人編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ "Julian Suso to start as new Town Manager", falmouth.patch.com, 2 November 2011 (accessed 16 November 2011)

外部リンク編集