ファンタスト

ファンタスト日本競走馬。おもな勝ち鞍は弥生賞皐月賞柴田政人が初めて中央競馬のクラシックを勝った馬である。

ファンタスト
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1975年4月24日
死没 1978年7月19日(3歳没・旧4歳)
イエローゴッド
ファラディバ
母の父 ハロウェー
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 三澤牧場
馬主 伊達秀和
調教師 高松三太白井美浦南
競走成績
生涯成績 10戦3勝
獲得賞金 9104万7300円
テンプレートを表示

名繁殖牝馬ソーダストリームの孫にあたり、叔父叔母や近親にはミオソチスオールカマー東京盃など)、アローエクスプレスサンシャインボーイなど、伊達秀和ゆかりの活躍馬がずらりと並ぶ。

目次

戦績編集

デビュー戦である1977年6月の新馬戦で圧勝したものの、次走・函館3歳ステークス(落馬競走中止)以降は勝てないレースが続いた。翌年、7戦目の弥生賞で久し振りの勝利を挙げると、叔父・アローエクスプレスが惜敗したクラシックレース・皐月賞を連勝。デビュー戦からコンビを組んでいた柴田政人は、これが初めてのクラシックタイトル制覇であった。だが、次走・日本ダービーサクラショウリの10着に終わった。

その後、秋シーズンに向けて夏場を休養に当てたが、レース感覚を身に付ける為に出走した函館記念3着敗退[1]の僅か10日後、滞在していた函館競馬場の厩舎で腸捻転を発症。獣医達の懸命の治療の甲斐もなく、ファンタストは悶絶しながら急死した。愛馬の最期を看取った柴田政人は、「倒れる瞬間に、俺の方に顔を寄せて来たんだよ。きっと誰かに助けて貰いたかったんだな」と語っている。

のちにオーナーの伊達秀和や調教師の高松三太の子である邦男が中心になって北海道門別町(現在の日高町)に作られた競走馬のトレーニング施設「ファンタストクラブ」の名によって彼の功績は後世に伝えられている。

血統表編集

ファンタスト血統レッドゴッド系 / PharosFairway5・5×3・5=21.88%[2]、Fair Trial4×4=12.50%、Hurry On5×5=6.25%、Buchan5×5=6.25%) (血統表の出典)
父系

*イエローゴッド
Yelllow God
1967 栗毛
父の父
Red God
1954 栗毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Spring Run Menow
Boola Brook
父の母
Sally Deans
1947 栗毛
Fun Fair Fair Trial
Humoresque
Cora Deans Coronach
Jennie Deans

フアラデイバ
1959 黒鹿毛
*ハロウェー
Harroway
1940 黒鹿毛
Fairway Phalaris
Scapa Flow
Rosy Legend Dark Legend
Rosy Cheeks
母の母
*ソーダストリーム
Soda Stream
1953 栃栗毛
Airborne Precipitation
Bouquet
Pangani Fair Trial
Clovelly F-No.3-e
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

母フアラデイバはソーダストリームが日本で交配して産んだ最初の仔であり、ファンタストはその母フアラデイバの最後の仔である。 甥にはランスロット(札幌記念ステイヤーズステークス)、叔母モンナバンナの曾孫にはプリモディーネ桜花賞)がいる。モンナバンナやファストパレードといったフアラデイバの妹たちの牝系子孫は今もサンシャイン牧場に根付いているが、フアラデイバの子孫からは結局ファンタストしか活躍馬は出なかった。

脚注編集

  1. ^ 勝ち馬は、落馬競走中止した函館3歳ステークスを制したバンブトンコート
  2. ^ 父方がPharos・Fairway5×5、母方がFairway3×5。

外部リンク編集