メインメニューを開く

ファンvan)は、オランダ語前置詞。「〜出身」を意味する。ドイツ語フォン (von) と同起源で、オランダ語と祖先を共通とする言語である英語では、オヴ (of) またはフロム (from) がこれに相当する。オランダ語では、出身地の地理を姓に取り入れる文化があり、これはトゥッセンフーフセル (tussenvoegsel) と呼ばれている。

の初めに使われる。ドイツ語、オランダ語での発音はファンであるが、日本ではヴァンバンと表記されることがある。また、ファンを起源としながら、移住などによって発音がヴァンに変わっている場合がある。

定冠詞をともない、ファン・デ (van de)、ファン・デア (van der)、ファン・デン (van den) となることもある。ベルギーでは、「ファンデルフェルデ (Vandervelde)」のように、Van を含めた姓全体が一語となる場合がある。またファン・デアを略したフェル (ver) という形も存在するが、この場合はつねに一語として続けて書く(フェルメールなど)。

vanを含む姓をもつ家系編集

この語を冠した名前をもつのはオランダ語圏起源の家系である。現在ではオランダ語圏(オランダベルギーなど)だけでなく、オランダ系の人々が移住したアメリカドイツ南アフリカアフリカーナー)をはじめ、世界各地にこの姓をもつ人々がいる。ドイツでは、オランダ人を先祖に持つ者など、西部に多い。

ドイツ語のフォン (von) は王侯貴族フュルスト)や準貴族ユンカーなど)の姓に用いられ、元来は出身地に冠してその地を領地とすることを意味するが、ファンは、単に出身という意味であり、平民でも名乗ることが多い。ドイツ人でもこの違いを知らない人は多い[要出典]

表記編集

van を含む姓のソート大文字表記について、オランダとベルギーでは異なる習慣がある。

  • オランダでは、v は(文頭に来る場合を別にして)小文字で書く。ソートでは van (van de, van der, van den) を無視し、次の文字の位置におく。
  • ベルギーでは、V は大文字で書く。ソートでは Van を含めて考え、V の位置におく。

名前にvanを含む主な人物編集

オランダ人編集

ベルギー人編集

ドイツ人編集

オーストリア人編集

フランス人編集

イギリス人編集

南アフリカ人編集

アメリカ人編集

架空の人物編集

関連項目編集