メインメニューを開く

ストーリー編集

物語の舞台は1987年ミネソタ州ミネアポリス。自動車販売店営業担当のジェリー・ランディガードは、多額の借金を抱えていた。苦境を脱するために妻ジーンの狂言誘拐を企み、販売店の社長を務める裕福な義父のウェイドから8万ドル身代金をせしめる計画を立てる。ジェリーはノースダコタ州のファーゴで、整備工場のメカニックから紹介されたカールとゲアという二人のチンピラと酒場で詰めの打ち合わせを確認し、ジェリーは、仕事用兼報酬として、二人に販売店から持ち出した車を引き渡す。

ジーンを誘拐し、身柄を車の後部座席に押し込んだ二人組だったが、アジトへ向かう途中のブレーナードにて、パトロール中の警官の指示で停車させられ、職務質問される寸前に射殺、さらに彼らの凶行の目撃者も追いかけた末に殺害してしまう。

翌朝、妊娠中のブレーナード警察署の女性署長、マージ・ガンダーソンが殺人事件の捜査に乗り出し、地道な聞き込み捜査で犯人たちの足取りを追う。そしてマージは殺害された警察官がメモしていた車の情報から、当該車種のディーラーであるジェリーの元に辿り着く。最近、車の盗難被害は無いか訊くマージに対し、その場を取り繕うジェリーだが、逆に彼女に不信感を抱かせる。

警察が捜査を続ける中、カールはジェリーに対し報酬の引き上げを要求する。簡単な狂言誘拐のはずが、いつの間にか殺人事件にまで進展してしまったことを知り、ジェリーは慄然とする。彼は、誘拐犯たちが100万ドルの身代金を要求してきたとウェイドに告げる。誘拐犯との約束の日、ウェイドはジェリーを信用せず、自ら身代金を持って誘拐犯と直接交渉しようと勇む。

待ち合わせの場所に現れたウェイドを見て、カールは約束が違うと怒りを露にする。娘のジーンを解放しなければ身代金は渡せないと強弁するウェイドに逆上したカールは彼を射殺し、大金の入ったブリーフケースを奪い去り、ジェリーが身代金引渡しの場所に駆けつけた時その場には、義父の死体が横たわっていた。ジェリーはウェイドの死体を車のトランクに載せて現場から早々に立ち去る。

一方、ウェイドから奪った100万ドルを見たカールは、それを独り占めにしようと8万ドルだけを手元に残し、残りの大金が入ったブリーフケースを道中の雪原に埋めた。アジトに戻ったときには、ジーンはゲアによって殺されていた。それでも当初の約束どおり8万ドルを山分けしようとするカールとゲアだが、誘拐に使った車をどちらが手にするかで口論、その結果カールはゲアに斧で殺害されてしまう。

ブレーナードに戻る前に、もう一度ジェリーに会いに行くマージ。事件の真相に近づきつつある彼女の尋問に追い詰められたジェリーは、車に乗って逃走する。

マージは、部下に行方不明になったジェリーとウェイドの捜索を指示する。その結果、地元のバーテンダーの情報から、誘拐犯たちのアジトを発見する。そこでマージが見たものは、カールの死体を木材破砕機で粉微塵にしているゲアの姿だった。マージは逃げようとするゲアの足を撃ち、確保に成功する。警察署へ向かう途中、マージは後部座席のゲアに向かって「どうしてこんなちょっとばかりのお金のために人を殺したのか」「人生にはお金より大切なものがある」と語りかけるが、彼は何も答えなかった。

逃亡中だったジェリーも、しばらく経ってビスマーク郊外のモーテルで逮捕、連行された。

自宅の寝室でテレビを見るマージに、夫のノームは自分の絵が3セント切手の絵柄に採用されたと告げ、2ヶ月後に出産予定のマージは夫とダブルベッドで肩を寄せあう。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京
マージ・ガンダーソン フランシス・マクドーマンド 塩田朋子 高島雅羅
ジェローム・“ジェリー”・ランディガード ウィリアム・H・メイシー 佐古正人 古川登志夫
カール・ショウォルター スティーヴ・ブシェミ 小杉十郎太 大塚芳忠
ゲア・グリムスラッド ピーター・ストーメア 荒川太郎 菅生隆之
ジーン・ランディガード クリステン・ルドルード
ウェイド・グスタフソン ハーヴ・プレスネル 有川博
ノーム・ガンダーソン ジョン・キャロル・リンチ 土師孝也
  • ソフト版吹き替え - VHSDVDBD収録
  • テレビ東京版吹き替え - 初回放送2002年9月26日『木曜洋画劇場

作品解説編集

狂言誘拐が巻き起こす悲喜劇を扱った本作品であるが、誘拐はコーエン兄弟が好んで描くモチーフである。

冒頭に実話を基にしている旨のテロップが映るが、これも演出の一つで、実際には完全なフィクションである[2]

題は「ファーゴ」であるが、実際に劇中で同地が舞台となるのは冒頭の酒場のシーンだけであり、物語は殆どミネソタ州ミネアポリスブレーナードである。コーエン兄弟はファーゴをタイトルに選んだ理由について、単に「ファーゴの方がブレーナードより面白そうだったから」と述べている[3]

劇中に何度も登場するポール・バニヤンの像は、アメリカではホラ話の象徴とも言われている。

反響・評価編集

映画は1996年3月8日に北米で公開され、約2400万ドルの興行収入を挙げた[1]。批評家たちからの評価は高いものの、興行的な成功とは縁遠かったコーエン兄弟の映画としては、『赤ちゃん泥棒』以来のヒット作となった。批評家たちからも絶賛を受けたこの作品は、名実共に彼らの代表作となった。

同年度のアカデミー賞では作品賞を含む7部門の候補となり、そのうち主演女優賞脚本賞の2部門で受賞した。その他にもカンヌ国際映画祭監督賞英国アカデミー賞監督賞など受賞多数。インディペンデント・スピリット賞では作品賞や監督賞を含む、候補になった6部門全てを受賞すると言う快挙を成し遂げた。日本では1996年度のキネマ旬報外国語映画ベスト・テン第4位にランクインした。

1998年アメリカ映画協会が選んだ映画ベスト100中第84位にランクインした。2006年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

フランシス・マクドーマンド演じる女性署長マージは、その印象的なキャラクターによって映画史に特筆される人気者となった。役作りのために知人からミネソタ訛りの英語を習得したマクドーマンドの演技は絶賛され、第69回アカデミー賞の主演女優賞を与えられた。1997年には、マージを主役としたテレビドラマシリーズを放送する計画もあったが、パイロット版が製作されたのみで実現には至らなかった。そのパイロット版では、イーディ・ファルコがマージを演じていた[4]

2003年にアメリカ映画協会が選んだアメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100では、マージ・ガンダーソンがヒーロー部門第33位にランクインした。

リブート編集

本作のリブート作品[5]となるTVドラマ『FARGO/ファーゴ』が製作された。内容は映画版とは大きく異なる。

派生事象編集

2001年に東京在住の日本女性が、映画の舞台の街であるノース・ダコタ州ファーゴから東に60キロの地点で凍死しているのが発見され、その6日前に一度、この女性を保護した地元警官が、「彼女は、映画『ファーゴ』の主役が地面に埋めた金の詰まったブリーフケースを探していた。」と証言したというニュースから、映画冒頭の演出文を真実と受け取った女性が、宝探しにファーゴを訪れ遭難して死亡したという都市伝説が全米にひろまった。実際には英語が拙い日本女性との対話の行き違いから保安官がそのように勘違いしたことが、そのまま報道されてしまったことが原因で、死の前の知人との電話や家族に送っていた遺書などから、該当女性の仕事や恋愛の行き詰まりからの自殺が真相であり、この都市伝説に対する米国人ジャーナリストの調査については、2003年に『This is a True Story』というタイトルでドキュメンタリー映画にもなっているが[6]、明らかになった真相を知った上で、都市伝説としての内容を題材にした映画『クミコ、ザ・トレジャーハンター英語版』が菊地凛子主演で製作され好評を得ている[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Fargo (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2011年2月25日閲覧。
  2. ^ Minesota Nice(『ファーゴ』製作の模様を扱ったドキュメンタリー、MGM版DVD収録)
  3. ^ "The Charlie Rose Show" Segment(『ファーゴ』公開後にコーエン兄弟とフランシス・マクドーマンドが出演したトークショー、MGM版DVD収録)
  4. ^ Filmsite.org、“Fargo (1996)”(参照:2009年3月23日)
  5. ^ ニュース:『SHERLOCK』マーティン・フリーマンが、TV版『ファーゴ』に主要キャラで出演!|海外ドラマNAVI
  6. ^ Death in the snow: ガーディアン - ウェブアーカイブ(2014年12月19日)
  7. ^ 米国では有名な、亡き日本人女性の都市伝説 菊地凛子主演の映画化で好評価 その内容とは?”. Newsphere. Skyrocket (2014年2月24日). 2017年11月15日閲覧。


外部リンク編集