ファーストラヴ (小説)

ファーストラヴ』は、島本理生による長編ミステリー小説。『別册文藝春秋2016年7月号[1]から2018年1月号に連載、文藝春秋より2018年5月31日に刊行された。父親を刺殺し逮捕された女子大生と事件を取材する臨床心理士、それぞれの周辺人物を通じて、現代社会における家族の闇を描く。第159回直木三十五賞受賞作[2]

ファーストラヴ
著者 島本理生
発行日 2018年5月31日
発行元 文藝春秋
ジャンル 長編小説
ミステリー小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六版上製本
ページ数 304
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-390841-0
ISBN 978-4-16-791435-6文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

真木よう子主演でテレビドラマ化されNHK BSプレミアムにて2020年2月に放送された[3][4]、また北川景子主演、堤幸彦監督で映画化され2021年に公開予定[5]

あらすじ編集

臨床心理士の真壁由紀の元にひとつの執筆依頼が入る。それは、アナウンサー志望の容姿端麗な女子大生が画家の父を刺殺し、逮捕後の取り調べで、「(父を殺さなければならなかった理由が自分でもわからないので)動機はそちらで見つけてください[6]」と言い放ち、ワイドショーなどで大きく報道された事件の被疑者の聖山環菜を取材し、1冊の本にまとめてほしいというもの。

由紀の義理弟である弁護士の庵野迦葉は環菜の国選弁護人に選任されていた。由紀と迦葉、それぞれが環菜との接見進めて行くうちに、ふたりが環菜から聞いた話の内容がつじつまの合わない部分があり、さらにマスコミが報じる環菜の人柄や、取材に応じた環菜の周辺の人物の供述が環菜の述べる物との乖離が激しく、由紀たちは環菜が過去に心に問題を抱える大きな出来事があったのではないかと考え、刺殺された画家の聖山那雄人の交友関係にあった人々に話を聞きに行き、環菜が心的な傷を負うに至った出来事が浮かび上がる。

環菜の過去を追った由紀と迦葉は、環菜が父を殺す明確な動機はないという結論に至るが、その結果環菜の母で娘に夫を殺されたと考える聖山香子と対立、ずっと母に逆らえない環境で育った環菜の前に立ちはだかる。

由紀たちは環菜とこの母の関係が、一種のネグレクトであり、環菜が心的なストレスをためた結果、曖昧な記憶や虚言癖、突発的な行動につながり、刺殺事件の当日の出来事も偶発的に起こった事故と考えるうちに裁判の日を迎える。

登場人物編集

受賞歴編集

書誌情報編集

テレビドラマ編集

ファーストラヴ
原作 島本理生
脚本 吉澤智子
演出 宮武由衣TBSスパークル
出演者 真木よう子
上白石萌歌
平岡祐太
津嘉山正種
吉沢悠
黒木瞳
音楽 遠藤浩二
国・地域   日本
言語 日本語
制作統括 加藤章一(TBSスパークル)
管原浩NHK
中村高志NEP
プロデューサー 塩村香里(TBSスパークル)
撮影監督 髙間賢治
編集 稲川実希
制作 NHKエンタープライズ
製作 NHK
TBSスパークル
放送
放送チャンネル NHK BSプレミアム
放送国・地域   日本
放送期間 2020年2月22日
放送時間 土曜 21:00 - 22:59
放送枠 スーパープレミアム
放送分 119分
回数 1
スーパープレミアム
テンプレートを表示

「特集ドラマ」としてテレビドラマ化され、NHK BSプレミアムスーパープレミアム」にて2020年2月22日の21時から22時59分に放送された。主演は真木よう子[3][4]

キャスト(テレビドラマ)編集

主要人物
その他

スタッフ(テレビドラマ)編集

映画編集

ファーストラヴ
監督 堤幸彦
脚本 浅野妙子
原作 島本理生
製作 二宮直彦
出演者 北川景子
製作会社 「ファーストラヴ」製作委員会
配給 KADOKAWA
公開 2021年(予定)
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

北川景子主演、堤幸彦監督で映画化され2021年に公開予定[5]

キャスト(映画)編集

スタッフ(映画)編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集