ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン

カーディガンズのアルバム

ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン』(First Band on the Moon)は、スウェーデンバンドカーディガンズ1996年に発表した3作目のスタジオ・アルバム。日本では8月にリリースされ、9月にはインターナショナル盤もリリースされた。

ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン
カーディガンズスタジオ・アルバム
リリース
録音 スウェーデン マルメ Tambourine Studios
ジャンル ポップ・ロックオルタナティヴ・ロックインディー・ポップ
レーベル ストックホルム・レコード英語版/トランポリン・レコード
アメリカ合衆国の旗マーキュリー・レコード
プロデュース トーレ・ヨハンソン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(スウェーデン[1]
  • 6位(日本[2]
  • 12位(ニュージーランド[3]
  • 16位(フィンランド[4]
  • 18位(イギリス[5]
  • 35位(アメリカ[6]
  • 83位(ドイツ[7]
  • カーディガンズ アルバム 年表
    ライフ
    (1995年)
    ファースト・バンド・オン・ザ・ムーン
    (1996年)
    ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ムーン
    (1997年)
    テンプレートを表示

    背景編集

    「アイアン・マン」はブラック・サバスのカヴァー。この曲と「ルーザーズ」については「ファースト・トライ」と呼ばれる別ヴァージョンも存在し、シングルのカップリング曲として発表された後コンピレーション・アルバム『ジ・アザー・サイド・オブ・ザ・ムーン』(1997年)にも収録された[8]

    反響編集

    母国スウェーデンでは9月20日付のアルバム・チャートで初登場2位となり、自身初のトップ10入りを果たす[1]。日本のオリコンチャートでは最高6位を記録し、やはり初のトップ10入りを果たした[2]。ニュージーランドでは1997年3月9日付のアルバム・チャートで初登場26位となり、翌週には12位を記録[3]全英アルバムチャートでは10週チャート圏内に入り、最高18位を記録[5]。アメリカでは1996年に『ビルボード』のトップ・ヒートシーカーズで3位となり、1997年には総合アルバム・チャートのBillboard 200で35位に達した[6]

    本作からの第1弾シングル「ラヴフール」は、1996年公開のアメリカ映画『ロミオ+ジュリエット』のサウンドトラックで使用され[9]、1997年にはニュージーランドのシングル・チャートで1位[10]全英シングルチャートで2位[11]という大ヒットを記録した。また、「ビーン・イット」は1996年12月7日付の全英シングルチャートで56位を記録し、1997年にシングル・カットされた「ユア・ニュー・ククー」は全英35位に達した[11]

    なお、カーディガンズはアメリカのテレビドラマビバリーヒルズ青春白書』第7シーズンの最終回「卒業パート・2」(1997年放映)に本人役で出演し、本作収録曲「ラヴフール」と「ビーン・イット」を演奏した[12][13]

    収録曲編集

    1. ユア・ニュー・ククー - "Your New Cuckoo" – 3:54
      • 作詞:ニーナ・パーション、ピーター・スヴェンソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    2. ビーン・イット - "Been It" – 4:04
      • 作詞:ニーナ・パーション、ピーター・スヴェンソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    3. ハートブレイカー - "Heartbreaker" – 3:42
      • 作詞:ニーナ・パーション/作曲:ピーター・スヴェンソン
    4. ハッピー・ミールII - "Happy Meal II" – 2:36
      • 作詞:ニーナ・パーション、マグナス・スヴェニングソン、リネット・コヤナ/作曲:ピーター・スヴェンソン
    5. ネヴァー・リカヴァー - "Never Recover" – 3:20
      • 作詞:マグナス・スヴェニングソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    6. ステップ・オン・ミー - "Step on Me" – 3:47
      • 作詞:ピーター・スヴェンソン、マグナス・スヴェニングソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    7. ラヴフール - "Lovefool" – 3:13
      • 作詞:ニーナ・パーション、ピーター・スヴェンソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    8. ルーザーズ - "Losers" – 3:17
      • 作詞:ニーナ・パーション、ピーター・スヴェンソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    9. アイアン・マン - "Iron Man" – 4:19
    10. グレイト・ディヴァイド - "Great Divide" – 3:16
      • 作詞:マグナス・スヴェニングソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    11. チョーク - "Choke" – 3:26
      • 作詞:マグナス・スヴェニングソン/作曲:ピーター・スヴェンソン

    日本盤ボーナス・トラック編集

    初回盤(POCP-9050)には12.のみ収録。2001年再発盤(UICY-3262)より13.も追加された。

    1. カントリー・ヘル - "Country Hell" – 2:45
      • 作詞:マグナス・スヴェニングソン/作曲:ピーター・スヴェンソン
    2. ブラー・ブラー・ブラー - "Blah Blah Blah" – 3:00
      • 作詞:ニーナ・パーション、ピーター・スヴェンソン/作曲:ピーター・スヴェンソン

    参加ミュージシャン編集

    アディショナル・ミュージシャン

    • リネット・コヤナ - バッキング・ボーカル(on #1)
    • David Wilczewski - フルート(on #1, #5, #11)
    • Åsa Håkansson - ヴァイオリン(on #1, #10)
    • Maria Holm - ヴァイオリン(on #1, #10)
    • Inga Zeppezauer - ヴァイオリン(on #1)
    • Mattias Svensson - ヴァイオリン(on #1)
    • Ronnie Weber - ヴァイオリン(on #10)
    • Gabriele Freese - ヴァイオリン(on #10)
    • Anna Bergström - ヴァイオリン(on #10)
    • Petter Lindgård - トランペット(on #3, #11)
    • Patrik Bartosch - クラビネット(on #3)
    • Ulf Turesson - バッキング・ボーカル(on #3)
    • Annette Helmers - チェロ(on #8)
    • Ivan Bakran - チェロ、ダブル・ベース(on #10)
    • Jens Lindgård - トロンボーン(on #11)
    • Sven Andersson - サクソフォーン(on #11)

    脚注編集