メインメニューを開く

フアン・エルナンデスJuan Hernandez、男性、1987年2月24日 - )は、メキシコプロボクサー。元WBC世界フライ級王者。ミチョアカン州モレリア出身。

フアン・エルナンデス
基本情報
本名 フアン・エルナンデス
通称 Juanito
Churritos
階級 フライ級
身長 158.5cm
リーチ 166.0cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1987-02-24) 1987年2月24日(32歳)
出身地 ミチョアカン州モレリア
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 36
勝ち 34
KO勝ち 25
敗け 2
テンプレートを表示

来歴編集

2011年8月10日、後楽園ホールWBC世界ミニマム級王者の井岡一翔と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[1]

2013年4月13日、ミチョアカン州シウダー・イダルゴでホスエ・ベガと対戦し、3回35秒KO勝ちを収めた[2]

2013年7月13日、グアナフアト州レオンで元WBO世界ライトフライ級王者でWBC世界ミニマム級7位のラモン・ガルシアと対戦し、8回2分16秒KO負けを喫した[3]

2016年2月6日、元WBA世界ミニマム級暫定王者ヘスス・シルベストレと対戦し、2回2分34秒TKO勝ちを収めた[4]

2016年11月13日、WBCはエルナンデスをWBC世界フライ級2位にランクインした[5]

2017年3月4日、WBC世界フライ級1位のナワポン・ソー・ルンヴィサイとWBC世界フライ級王座決定戦を行い、3回2分29秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[6][7]

2017年5月20日、有明コロシアムでWBC世界フライ級1位の比嘉大吾と対戦し初防衛を目指す予定だったが、前日計量で200gの体重超過があり王座を剥奪された[8][9]。試合は比嘉が勝てば新王者となりエルナンデスが勝てば王座が空位となる条件で行われ、比嘉に6回2分58秒TKO負けを喫し王座を明け渡す結果となった[10][11]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ エルナンデス「臆病に…」/ボクシング 日刊スポーツ 2011年8月11日
  2. ^ トマス・ロハスがKOで再起 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月14日
  3. ^ 東郷、フアレスにリベンジ許す ボクシングニュース「Box-on!」 2013年7月14日
  4. ^ Hernandez demolishes Silvestre, Barby victorious Fightnews.com 2016年2月7日
  5. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年11月13日
  6. ^ “Churritos” Hernandez defeats Nawaphon to claim WBC flyweight belt Fightnews.com 2017年3月4日
  7. ^ 比嘉大吾の標的、WBC・F級はエルナンデスが新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月5日
  8. ^ N’Dam, Murata, Lopez, Shiro, Higa make weight, Churritos loses title on scale Fightnews.com 2017年5月19日
  9. ^ エルナンデス計量失格、あす比嘉大吾が勝てば新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月19日
  10. ^ Higa stops overweight Hernandez to win WBC 112lb belt Fightnews.com 2017年5月20日
  11. ^ 比嘉大吾が6回TKO勝ち、13連続KOで世界王座獲得! Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月20日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ローマン・ゴンサレス
WBC世界フライ級王者

2017年3月4日 - 2017年5月19日(剥奪)

次王者
比嘉大吾