メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバレーラ第二姓(母方の)はロドリゲスです。

フアン・カルロス・バレーラ・ロドリゲススペイン語: Juan Carlos Varela Rodríguez1963年12月12日 - )は、パナマ政治家。2014年から同国大統領を務めている。2006年から、パナマで二番目の勢力を持つパナメニスタ党の代表でもある。

フアン・カルロス・バレーラ
Juan Carlos Varela
Juan Carlos Varela (2014).jpg
フアン・カルロス・バレーラ(2014年7月)

任期 2014年7月1日
副大統領 イサベル・サン・マロ

任期 2009年7月1日2014年7月1日
前任者 サムエル・レウィス・ナバーロ
元首 リカルド・マルティネリ

出生 (1963-12-12) 1963年12月12日(55歳)
パナマの旗 パナマパナマ市
政党 パナメニスタ党
配偶者 ロレーナ・カスティージョ

2016年4月に来日している。

目次

経歴編集

エレーラ県出身の企業家であるフアン・カルロス・バレーラのもとにパナマ市で生まれる。コレヒオ・ハビエルを卒業後、アメリカ合衆国ジョージア工科大学に進学し、1985年に産業工学で学位を取得した[1]

1985年から、バレーラは家族の経営するバレーラ・エルマノス社の理事を務めている。2008年までは同社の執行副社長を兼務していた。

政治の世界では1990年代のはじめに政治活動に参加し、1994年の総選挙でパナメニスタ党陣営の本部長を務めた後、2009年の大統領選で同党の大統領候補となった。その選挙戦でバレーラは、ライバルであるリカルド・マルティネリの勢力と合流し、その副大統領候補となった。その結果、2009年5月3日にパナマの副大統領に就任した。2009年7月から2011年8月まで外務大臣だった。2014年5月4日の大統領選挙では、大統領職を辞任するマルティネリ率いる「民主変革」の支持を取り付けた与党候補のホセ・ドミンゴ・アリアスを破って勝利した。得票率はバレーラが39%、アリアスが32%だった[2][3]。同年7月1日、大統領に就任した[4][5]

人物編集

ジャーナリストのロレーナ・カスティージョと結婚しており、3人の子供がいる。

脚注編集

外部リンク編集

党職
先代:
マルコ・アメリオ
パナメニスタ党代表
2006年 -
現職
公職
先代:
リカルド・マルティネリ
  パナマ大統領
2014年 -
現職
先代:
サムエル・レウィス・ナバーロ
  パナマ外務大臣
2009年 – 2011年
次代:
ロベルト・エンリケス
  パナマ副大統領
2009年 – 2014年
次代:
イサベル・サン・マロ