フアン・バン・デル・アメン

フアン・バン・デル・アメン(Juan van der Hamen y (Gómez de) León、1596年4月8日(洗礼日)- 1631年3月28日)はスペインの画家である。静物画を得意とし、スペイン独自の静物画の展開に重要な役割をはたした[1]

フアン・バン・デル・アメン
Juan van der Hamen
Juan van der Hamen y León - Stillleben mit Früchten und Glaswaren.jpg
フアン・バン・デル・アメン作「果物やガラス製品のある静物画」
生誕1596年4月8日(洗礼日)
スペイン、マドリード
死没1631年3月28日
スペイン、マドリード

略歴編集

マドリードで生まれた。父親のJuan van der Hamenはフランドル人の宮廷の役人、軍人で、1586年以前にブリュッセルからマドリードに移ってきた人物である。画家でもあったとする説もあるがその証拠はない。母親のDorotea Witman Gómez de Leónはトレドの名家の出身であった[2] 。作家になった2人の兄弟はスペインの出身を強調するために祖母の姓、Gómez de Leónまたはその一部の Leónを用いた[3]

フェリペ2世の宮廷で働くようになり、画家としての仕事もするようになった。1615年にはマドリードで結婚しており、それまでにマドリードの宮廷画家たちに学び、修行を終えて画家として認められるようになったと考えられている[1] 。1619年にエル・パルドの宮殿ために描いた静物画が残されている。

1631年に35歳で亡くなるまでフェリペ3世フェリペ4世のもとで働き、静物画、宗教画、肖像画など様々な絵画を描いた。

1623年にフェリペ4世付きの宮廷画家となったディエゴ・ベラスケスと同時期の画家である。

作品はプラド博物館などに収蔵されている。

作品編集

参考文献編集

  1. ^ a b 川瀬佑介:新収作品紹介「フアン・バン・デル・アメン《果物籠と猟鳥のある静物》」国立西洋美術館報No. 49ANNUAL BULLETIN OF THE NATIONAL MUSEUM OF WESTERN ARTApril 2014–March 2015[
  2. ^ "Juan Van der Hamen y León & the Court of Madrid": William B Jordan, p.46
  3. ^ "Juan Van der Hamen y León & the Court of Madrid": William B Jordan, p.48