メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフランシスコ第二姓(母方の)はゴンザレスです。

フアン・ラモン・フランシスコ・ゴンザレスJuan Ramón Francisco González, 1987年6月24日 - )は、ドミニカ共和国モンセニョール・ノウエル州ボナオ出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。

ホアン・フランシスコ
Juan Francisco
Giants flan.JPG
巨人時代 (2015年)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 モンセニョール・ノウエル州ボナオ
生年月日 (1987-06-24) 1987年6月24日(32歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
245 lb =約111.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 2004年 アマチュア・フリーエージェントとしてシンシナティ・レッズと契約
初出場 MLB / 2009年9月14日
最終出場 MLB / 2014年9月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

日本球界ではホアン・フランシスコと表記される[1][2]

経歴編集

レッズ時代編集

2004年5月6日にシンシナティ・レッズと契約。

2009年9月14日ヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビューを果たした[3]。オフに参加した母国ドミニカのウィンターリーグでは46試合の出場で打率.302、11本塁打、OPS.918の成績とポストシーズンでの活躍が評価されMVPを受賞。

2010年オフのドミニカ・ウィンターリーグでは39試合の出場で打率.322、8本塁打、OPS.939の成績で2年連続のMVPを受賞。

2011年9月2日にはグレート・アメリカン・ボール・パーク史上2番目の飛距離となる502フィート(約153.0m)の本塁打を放った[注釈 1][4]。ドミニカ・ウィンターリーグに参加していた11月には、食堂で拳銃を持った強盗に襲われ4万ペソを奪われる事件があった。

 
ブレーブス時代 (2012年7月21日)

2012年はオフに傷めた右ふくらはぎのリハビリを怠り、体重過多の状態でスプリングトレーニングに現れた。

ブレーブス時代編集

2012年4月1日J.J.フーバーとの1対1のトレードでアトランタ・ブレーブスへ移籍した[5]5月21日の古巣レッズ戦では本塁打を放ったが、打った後の態度が挑発的だとして監督のフレディ・ゴンザレスから注意を受けた[6]

ブルワーズ時代編集

 
ブルワーズ時代 (2013年)

2013年6月3日にトーマス・キーリングとのトレードでミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した。ブレーブスの分と合わせ、自身初の3ケタ試合出場となる124試合に出場。18本塁打を放ち、パワーを発揮した。

2014年3月24日に解雇された。

ブルージェイズ時代編集

2014年4月1日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び[7]、4月19日にブルージェイズとメジャー契約を結んだ[8]。2年連続での100試合以上となる106試合に出場し、アーチを16本放った。打率は前年より低下したが、OPS0.747は2010年以降で最高の数値となった。守備面では、三塁74試合で9失策(守備率.933)、一塁20試合で2失策(守備率.985)という成績を記録。オフの11月19日にウェーバーでボストン・レッドソックスへ移籍した[9]が、11月25日にDFAとなり[10]、12月2日にノンテンダーFAとなった[11]

2015年1月10日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[12]が、4月5日に自由契約となった。

巨人時代編集

2015年4月21日に日本プロ野球読売ジャイアンツと契約したことが発表され[13]、4月23日に入団会見を行った[14]。背番号は「21」。長年左投手のエースナンバー高橋一三など)として扱われたためか、打者がこの番号を着けるのは1951年の久保木清外野手以来である。

初出場となった5月2日の阪神タイガース戦こそ、初安打・初打点をあげてお立ち台に立ったものの、その後は三振と拙守の連発により、同7日には早くも2軍降格となった[15]

5月末に背中の張りを訴えた後は別メニュー調整すらしない日も見られ、7月15日には腰痛の治療を受けるため一時帰国した[16]。再来日後、2軍戦には出場したものの、1軍には呼ばれることなくレギュラーシーズンを終了。オフの12月2日に自由契約選手として公示された[17]

巨人退団後編集

2016年はオフにドミニカのウィンターリーグに参加したのみでシーズンを終える。

2017年2月14日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約結んだが、シーズン開始前に解雇となる。6月6日にメキシカンリーグユカタン・ライオンズと契約。

2018年ドスラレドス・オウルズと契約するが、出場機会無く退団。

選手としての特徴編集

グレート・アメリカン・ボール・パーク史上2番目の飛距離となる502フィート(約153.0m)の本塁打を記録した並外れた長打力を持ち味とする。

逆方向への本塁打も多いが[18]、大ぶりの傾向も強いフリースインガー[19]で三振が多い[18]。左投手を極端に苦手とし[18]、対左投手の成績は、メジャー通算で打率.159、1本塁打、OPS.423を喫している[20]

守備では主に三塁手として起用され、強肩には定評があるが[21]送球の正確さに欠ける[22]。捕球に難があり[22]、三塁守備ではメジャー通算のDRS-10、同UZR-5.1を喫している。2013年からは一塁手として起用されることも増えたが、一塁守備でもメジャー通算のDRS-2、UZR-8.7と平均を下回る数値を喫している。巨人在籍中にはインフィールドフライをお見合いし、その後走者へのタッチを怠ってチームのサヨナラ負けを招いたこともある(記録上は飛球に触れた村田修一の失策)[23]

太りやすい体質で[18]、ブレーブス時代にはブライアン・マッキャンに「フアン・フランクフルトフィンガー・フランシスコ」と呼ばれ指の太さをからかわれていた[22]。 憧れの選手はデビッド・オルティーズ[24]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2009 CIN 14 25 21 4 9 1 0 1 13 7 0 0 0 0 3 0 1 7 0 .429 .520 .619 1.139
2010 36 59 55 3 15 3 0 1 21 7 0 1 0 0 4 0 0 20 2 .273 .322 .382 .704
2011 31 97 93 10 24 7 1 3 42 15 1 0 0 0 4 1 0 24 1 .258 .289 .452 .740
2012 ATL 93 205 192 17 45 11 0 9 83 32 1 1 0 1 11 2 1 70 5 .234 .278 .432 .710
2013 35 115 108 10 26 2 0 5 43 16 0 1 0 0 7 0 0 43 0 .241 .287 .398 .685
MIL 89 270 240 26 53 10 1 13 104 32 0 1 0 2 25 3 3 95 3 .221 .300 .433 .733
'13計 124 385 348 36 79 12 1 18 147 48 0 2 0 2 32 3 3 138 3 .227 .296 .422 .719
2014 TOR 106 320 287 40 63 16 2 16 131 43 0 2 0 3 27 0 3 116 6 .220 .291 .456 .747
2015 巨人 5 18 18 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 11 0 .167 .167 .167 .334
MLB:6年 404 1091 996 110 235 50 4 48 437 152 2 6 0 3 81 6 8 375 17 .236 .297 .439 .736
NPB:1年 5 18 18 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 11 0 .167 .167 .167 .334
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集


一塁 三塁
























2015 5 29 0 2 5 .935 1 0 1 0 0 1.000
NPB 5 29 0 2 5 .935 1 0 1 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

NPB

背番号編集

  • 64 (2009年 - 2010年)
  • 25 (2011年 - 2013年途中)
  • 21 (2013年途中 - 同年終了、2015年)
  • 47 (2014年)

登場曲編集

  • 「El Que No Aguanta La Presion」Secreto El Famoso Biberon(2015年)
  • 「Amaneci Contento」Secreto El Famoso Biberon(2015年)
  • 「De Amor Nadie Se Muere」Secreto El Famoso Biberon(2015年)
  • 「Tarzan」El Alfa (El Jefe)(2015年)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1位はアダム・ダン2004年に記録した532フィート(約163.1m)

出典編集

  1. ^ J.フランシスコ 読売巨人軍公式サイト
  2. ^ フランシスコ 日本野球機構オフィシャルサイト
  3. ^ Juan Francisco Statistics and History Baseball-Reference.com
  4. ^ Juan Francisco hits 502-foot homer out of Cincinnati ballpark Sporting News
  5. ^ Braves Acquire Juan Francisco From Reds MLBTradeRumors.com
  6. ^ Braves manager not pleased by Francisco’s actions after homer Archived 2012年10月2日, at the Wayback Machine. ajc.com
  7. ^ Blue Jays sign Juan Francisco to minor league deal” (英語). MLB Daily Dish (2014年4月1日). 2014年4月3日閲覧。
  8. ^ Gregor Chisholm (2014年4月19日). “Blue Jays place Lind on DL, call up Francisco”. MLB.com. 2014年4月19日閲覧。
  9. ^ “Red Sox Claim INF Juan Francisco Off Waivers From Toronto Blue Jays” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年11月19日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/101909532/red-sox-claim-inf-juan-francisco-off-waivers-from-toronto-blue-jays 2015年1月15日閲覧。 
  10. ^ “Red Sox and left fielder Hanley Ramirez agree to four-year contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年11月25日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/102450164/red-sox-and-left-fielder-hanley-ramirez-agree-to-four-year-contract 2015年1月15日閲覧。 
  11. ^ “Red Sox Do Not Tender 2015 Contract To Infielder Juan Francisco” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年12月2日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/102978282/red-sox-do-not-tender-2015-contract-to-infielder-juan-francisco 2015年1月15日閲覧。 
  12. ^ Brad Johnson (2015年1月10日). “Rays Sign Juan Francisco”. MLB Trade Rumors. 2015年1月15日閲覧。
  13. ^ 新外国人選手との契約について”. 読売巨人軍公式サイト (2015年4月21日). 2015年4月21日閲覧。
  14. ^ フランシスコ選手が入団会見 読売巨人軍公式サイト (2015年4月23日) 2015年4月24日閲覧
  15. ^ “フラフランシスコ”もう2軍!守乱&5戦連続「マルチ三振」”. スポーツ報知 (2015年5月7日). 2015年8月3日閲覧。
  16. ^ フランシスコ、腰痛治療で一時帰国 再来日は7月末予定”. スポーツ報知 (2015年7月15日). 2015年8月3日閲覧。
  17. ^ 2015年度 自由契約選手”. 日本野球機構 (2015年12月2日). 2015年12月4日閲覧。
  18. ^ a b c d 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』廣済堂出版、2014年、400頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  19. ^ 月刊スラッガー『2013 MLB選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2013年、71頁。ISBN 978-4-905411-12-3
  20. ^ http://www.baseball-reference.com/players/split.cgi?id=francju02&year=Career&t=b
  21. ^ 月刊スラッガー『2014 MLB選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2014年、99頁。ISBN 978-4-905411-18-5
  22. ^ a b c 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』廣済堂出版、2013年、401頁。ISBN 978-4-331-51711-6
  23. ^ “広島、インフィールドフライでサヨナラ/プレー図解”. 日刊スポーツ. (2015年5月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1471827.html 2017年3月27日閲覧。 
  24. ^ 月刊スラッガー『2015 MLB選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、21頁。ISBN 978-4-905411-27-7

関連項目編集

外部リンク編集