フィアット・クライスラー・オートモービルズ

自動車メーカー、販売会社を傘下に持つヨーロッパの持株会社

フィアット・クライスラー・オートモービルズ: Fiat Chrysler Automobiles NV、略称FCA)は、自動車の製造・販売会社を傘下に持つ持株会社。2014年にフィアットクライスラーの合併により誕生した。登記上の本社はオランダアムステルダム、税務上の本社はイギリスロンドンに置かれている[2][3][4]。従来のフィアット・グループ・オートモビルズSpA(イタリアトリノ)およびクライスラーグループLLC(アメリカ合衆国ミシガン州オーバーンヒルズ)はそれぞれFCA Italy SpAおよびFCA US LLCに改称した。

フィアット・クライスラー・オートモービルズ
Fiat Chrysler Automobiles NV
Fiat Chrysler Automobiles logo.svg
種類 株式会社
市場情報 BITFCA
NYSEFCAU
FTSE MIB指数
略称 FCA
本社所在地 オランダの旗 オランダアムステルダム(登記上)
イギリスの旗 イギリスロンドン(税務上)
設立 2014年10月12日(5年前) (2014-10-12
業種 自動車
代表者 ジョン・エルカーン会長
マイケル・マンリー(CEO
売上高 増加 1332億1100万ドル(2017年)
営業利益 増加 75億400万ドル(2017年)
純利益 増加 42億1500万ドル(2017年)
純資産 増加 250億ドル(2017年)
総資産 増加 1156億3700万ドル(2017年)
従業員数 235,915人(2017年)
所有者 アニェッリ家(議決権ベースで44.31%)[1]
主要株主 オランダの旗 エクソール(29.41%)
関係する人物 セルジオ・マルキオンネ(前CEO
外部リンク www.fcagroup.com
テンプレートを表示
FCAジャパン株式会社
FCA Japan Ltd.
種類 株式会社
略称 FCAJ
本社所在地 日本の旗 日本
108-0014
東京都港区5-36-7
三田ベルジュビル
設立 2012年7月1日
法人番号 9010401070863
代表者 ポンタス・ヘグストロムCEO
所有者 イギリスの旗 FCA(100%)
外部リンク www.fcagroup.jp
テンプレートを表示

創設以来、フィアット創業家のイタリアアニェッリ家がオーナーシップを取っており同家の投資会社であるエクソールを通じて株式ベースで29.41%、議決権ベースでは44.31%を所有しており[5]、現会長のジョン・エルカーンも同家のメンバー。

沿革編集

2009年1月、フィアットは経営不振に陥っていたクライスラーへの資本参加を発表[6]2014年1月にフィアットがクライスラーの株式を買収し完全子会社化することを発表[7]、同年10月12日に持株会社フィアット・クライスラー・オートモービルズが設立された[8]。フィアット創業者のアニエッリ家の投資会社であるエクソールが、株式の約3割(議決権ベースで4割以上)を保有している[3]2016年1月、フィアット時代から傘下に置いていたフェラーリが分離・独立した[9]。世界40カ国以上に拠点を持ち、140カ国以上で販売を行っている[10]

日本では2012年7月1日、「フィアット クライスラー ジャパン」が設立され、従来の「フィアットグループオートモービルズジャパン」と「クライスラー日本株式会社」をその傘下に置く形態が取られていたが[11]2015年1月1日、フィアットとクライスラーの両法人格を統合した上で社名変更を行い、「FCAジャパン株式会社」となった[12]。FCAジャパンの本社は東京都港区に置かれている。

関連会社として大手自動車部品メーカーのマニエッティ・マレリがあったが、2018年10月に同社をカルソニックカンセイに売却したため資本関係はなくなった。ただ部品供給等での協力関係は継続される[13]

2019年1月10日、フィアット・クライスラー・オートモービルズは、製造するディーゼル自動車排気ガス試験の不正を可能にするソフトウエアを搭載していた問題をめぐる裁判にて、アメリカ合衆国司法省との和解が成立したことを発表。フィアット・クライスラー・オートモービルズ側が、5億1500万ドルを支払い、自動車のリコールおよび修理、カリフォルニア州における民事制裁金などの支払いを行うこととなった。なお、会社側は、和解が成立しても排気ガス試験の不正を可能にするソフトウエアを意図的に搭載する計画に一貫して関与していなかったことを発表している[14]

2019年10月、グループPSAと経営統合することを発表し、株主である双方の創業家と中国東風汽車フランス政府は7年間出資することで合意した[15]

主な保有ブランド編集

  イタリア編集

  アメリカ編集

脚注編集

  1. ^ FCA 2014 Annual Report
  2. ^ フィアット・クライスラー、本社機能は英国に”. webCG (2014年1月31日). 2017年6月11日閲覧。
  3. ^ a b FCA 2016 Annual Report (PDF)” (英語). フィアット・クライスラー・オートモービルズ (2016年12月31日). 2017年6月11日閲覧。
  4. ^ 急逝セルジオ・マルキオンネ “彼の時代”を振り返る WebCG出典元 2018年8月3日配信 2018年8月4日閲覧
  5. ^ FCA 2014 Annual Report
  6. ^ Chrysler and Fiat announce partnership” (英語). Autoblog (2009年1月20日). 2017年6月11日閲覧。
  7. ^ フィアット、クライスラーの完全子会社化で合意”. ハフィントンポスト (2014年1月3日). 2017年6月11日閲覧。
  8. ^ Fiat Chrysler Debuts With A Thud on Wall Street; Will Investors Buy Its Ambitious Growth Story?” (英語). フォーブス (2014年10月13日). 2017年6月11日閲覧。
  9. ^ フェラーリ、FCAからの分離・独立が完了”. Car Watch (2016年1月5日). 2017年6月11日閲覧。
  10. ^ Group Profile” (英語). フィアット・クライスラー・オートモービルズ. 2017年6月11日閲覧。
  11. ^ フィアットとクライスラーの日本法人が組織を統合、「フィアット クライスラー ジャパン」に”. Car Watch (2012年7月1日). 2017年6月11日閲覧。
  12. ^ フィアット クライスラー ジャパンが社名変更、「FCAジャパン」に”. レスポンス (2015年1月1日). 2017年6月11日閲覧。
  13. ^ カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリ、経営統合により世界有数の独立自動車部品メーカーに - カルソニックカンセイ・2018年10月22日
  14. ^ フィアット、排ガス不正で560億円支払い 米当局と和解”. AFP (2019年1月11日). 2019年1月11日閲覧。
  15. ^ “Fiat Chrysler, Peugeot announce merger as world's No. 4 carmaker”. Autoblog. (2019年10月31日) 

外部リンク編集