フィアット・レガータ

レガータ (REGATA)は、フィアットが製造・販売していた自動車である。

概要編集

レガータ
 
セダン
 
ワゴン (ウィークエンド)
概要
製造国   イタリア
  アルゼンチン
販売期間 1983-1990年
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドラセダン
5ドアワゴン
駆動方式 FF
パワートレイン
エンジン ガソリン:
1.3/1.4/1.5/1.6/2.0L I4
ディーゼル:1.7/1.9L I4
車両寸法
ホイールベース 2,445mm
全長 4,260mm
全幅 1,650mm
全高 1,410mm
系譜
先代 フィアット・131
後継 フィアット・テムプラ
テンプレートを表示

131」の後継車種で、ハッチバック車のリトモをベースとする3ボックスセダンおよびステーションワゴンである。

1983年9月、フランクフルトモーターショーで発表された[1]。デビュー時は4ドアセダンのみで、「ウイークエンド」と呼ばれるステーションワゴンは翌1984年に追加された[1][2]

前輪駆動で、当初のエンジンは直列4気筒、1.3 L/1.5 L/1.6 Lのガソリンおよび1.7 L/1.9 Lのディーゼルを設定[1]。角形ヘッドランプのフロントマスクをはじめ、ドアを除く外板はリトモとは変えられている[1]

1986年にマイナーチェンジ。後継のテムプラがデビューする1990年まで生産された。

日本にも輸入され、一例として1986年の価格は1.5 Lの85S (AT) が264万円、1.6 Lの100S (MT) が265万円であった[3]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 自動車アーカイヴ Vol.13 80年代のイタリア車篇. 二玄社. (2005-11-22). p. 22 
  2. ^ Mastrostefano, Raffaele, ed (1985) (イタリア語). Quattroruote: Tutte le Auto del Mondo 1985. Milano: Editoriale Domus S.p.A. p. 314. ISBN 88-7212-012-8 
  3. ^ 日本と世界の自動車最新カタログ 62年版. 成美堂出版. (1987). p. 285