メインメニューを開く

有限会社フィフスアベニューFIFTH AVENUE Inc.)は日本レコード会社アニメーション制作会社。本社は東京都練馬区に所在。代表取締役の加藤長輝はティー・エヌ・ケーの創業者である。

有限会社フィフスアベニュー
Fifth Avenue Co.,Ltd.
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
178-0063
東京都練馬区東大泉4-16-4
代庄ビル201号
設立 2003年2月
業種 情報・通信業
法人番号 2011602020812
事業内容 コンパクトディスク、DVD等の音楽ソフトの企画、製作、販売
代表者 代表取締役 加藤長輝
外部リンク http://www.e-fifth.net/
テンプレートを表示

概要編集

2003年2月ティー・エヌ・ケーの関連子会社として発足し、同社CDの企画・制作・販売事業を引き継いだ。発売タイトルは女性向けドラマCDが多い。また、イベント企画・通信販売事業も行っている。

2012年からはアニメーションの制作も行う。

アニメーション制作編集

テレビアニメ編集

OVA編集

フィフラジ編集

インターネットラジオ:フィフラジ
配信期間 2010年6月11日 - 2010年11月26日
配信サイト FIFTH AVENUE
配信日 毎月第2、第4金曜日
配信回数 12
パーソナリティ 井口祐一
樋口智透
テンプレート - ノート

フィフラジは、フィフスアベニューホームページにて2010年6月11日から11月26日まで配信されていたインターネットラジオ番組。及びそのDJCD

パーソナリティ井口祐一樋口智透。第9回には代永翼ゲストとして出演した。

コーナー編集

フィフスアベニュー作品紹介
奇数回配信。
配信月に発売されるドラマCD作品のあらすじを紹介し、本編の一部を試聴する。このコーナーで試聴した内容は、配信終了後も各作品ページで試聴することができる。
台詞つかみ取りゲーム
奇数回配信、DJCD収録。
リスナーから募集したシチュエーション、役柄、台詞が書かれたくじを引き、その組み合わせ通りに演じる。その際、台詞の追加や一人称の変更などが認められる。スタッフにより勝敗が決められ、敗者はエンディングの「名誉挽回タイム」で台詞以外の組み合わせを変えもう1度演じることができる。
フィフカン
偶数回配信。このコーナーのみのCDも発売されている。
雑誌『Canna』とコラボレーションするコーナー。リスナーから募集したテーマで描き下ろしたショートストーリーを、パーソナリティがラジオドラマとして演じる。また、その漫画版は『Canna』に掲載される。
配信回 テーマ タイトル 作者 掲載号
2 (書き下ろし) 冗談めかして一直線〜酒は飲んでも飲まれるな〜 ゆくえ萌葱 Vol.3
4 ホスト×幼稚園の先生
幼馴染
アーバンクロス 香坂あきほ Vol.4
6 ぶっきらぼう受けと精神年齢大人攻め SYNC スナエハタ Vol.5
8 甘やかす わがままな温度 十峰くうや Vol.6
10 告白 はじまりの日 如月マナミ Vol.7
12 サラリーマン
オフィスラブ
closing time 亜樹良のりかず Vol.8
フィフカンCD 腐れ縁 異星人パラドックス 大槻ミゥ Vol.10[1]
ギャップ はるうらうらら 梅松町江
擬人化カップリングコーナー(勝ち抜き! 擬人化カップリング)
偶数回配信、DJCD収録。
リスナーから募集した擬人化カップリングを紹介する。
第2回では「勝ち抜き! 擬人化カップリング」という名称で、紹介したカップリングのどちらが良いか判定するコーナーだったが、第4回配信からは勝ち抜き形式をやめ、コーナー名も「擬人化カップリングコーナー」に改められた。
フィーくん便り
偶数回配信。
フィフスアベニューのマスコットキャラクターフィーくんからのお便りと称し、サイトの更新情報やキャンペーン情報を紹介する。フィーくんの声はパーソナリティが交代で演じる。
「男の娘(こ)」コーナー(「男の娘(こ)」対決)
第9回配信、DJCD収録。
リスナーから募集した台詞を井口祐一が男の娘として演じ、その萌え度を樋口智透が5段階で評価する(DJCDでのルール)。
第9回では井口祐一とゲストの代永翼が対決し、代永翼が勝利した。1回限りの企画だったが、反響が大きかったためDJCD1には1コーナーとして収録された。
樋口くんにあだ名をつけよう!
樋口智透のあだ名を募集するコーナー。
第4回で「ひーくん」に決定した。
オリジナル挨拶、オリジナルラジオネーム募集
第6回で挨拶は「フィフッス」、ラジオネームは「羊ネーム」に決定した。
ふつおたコーナー

DJCD編集

「チェック! フィフラジ! キャンペーン」期間(2010年4月1日4月30日)中にCDを購入すると、特典として「フィフラジ・プレ盤」が付属した。これはCD単品では発売されていない。

脚注編集

  1. ^ 同号に収録レポート漫画も掲載されている。

関連項目編集

外部リンク編集