フィリップス・コレクション

フィリップス・コレクション (The Phillips Collection) は、ワシントンD.C.にある美術館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg フィリップス・コレクション
The Phillips Collection.JPG
施設情報
正式名称 The Phillips Collection
開館 1921年
所在地 1600 21st Street Northwest Washington, DC
位置 北緯38度54分41秒 東経77度02分48秒 / 北緯38.91139度 東経77.04667度 / 38.91139; 77.04667座標: 北緯38度54分41秒 東経77度02分48秒 / 北緯38.91139度 東経77.04667度 / 38.91139; 77.04667
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

沿革編集

1921年にアメリカ初の近代美術館として開館した。

創設者のダンカン・フィリップスは、鉄鋼会社の創業者であるジェームズ・ラフリン(James H. Laughlin)を祖父に持つ。彼は兄のジムと共に美術評論を行い、また一族のコレクションを管理していた。1917年に父親を、1918年に兄を相次いで亡くし、ダンカン・フィリップスは母親エリザと共にフィリップス・メモリアル・アート・ギャラリーを設立。1921年より一般公開となった。ダンカン・フィリップスは1921年に画家であるマージョリー・アッカーと結婚し、ともにコレクションを拡大していった。

コレクション編集

ルノワールの『舟遊びの昼食』、フィンセント・ファン・ゴッホの『アルルの公園の入口』、ポール・セザンヌの『ザクロと洋梨のあるショウガ壺』といったヨーロッパ絵画だけでなく、ジョン・マリンエドワード・ホッパースチュアート・デイヴィスモーリス・プレンダーガストジョージア・オキーフジョン・スローングランマ・モーゼスサム・フランシスなどの20世紀アメリカ絵画のコレクションでも知られている。

日本にて編集

2011年に国立新美術館で「モダン・アート,アメリカン-珠玉のフィリップス・コレクション-」が開催された。

2018年10月から2019年2月まで、三菱一号館美術館にて「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」が開催された。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

外部リンク編集