フィリップ・ダルトワ (1269-1298)

フィリップ・ダルトワPhilippe d’Artois, 1269年 - 1298年9月11日)は、フランス王家傍系のアルトワロベール2世とその妻アミシー・ド・クルトネー(フランス王子ピエール1世・ド・クルトネーの曾孫)の間の息子。コンシュ=アン=ウーシュ英語版メアン=シュル=イェーヴル英語版ノナンクール英語版およびドンフロン(Domfront)の領主。

フィリップ・ダルトワ
Philippe d’Artois
Filip z Artois 1298.png

出生 1269年
死去 1298年9月11日
フールネ
埋葬 Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ、サントノーレ通り、ジャコバン教会
配偶者 ブランシュ・ド・ブルターニュ
子女 マルグリット
ロベール3世
イザベル
ジャンヌ
マリー
家名 アルトワ家
父親 アルトワロベール2世
母親 アミシー・ド・クルトネー
テンプレートを表示

生涯編集

母方からコンシュ、メアンなどの所領を相続した。1281年、ブルターニュジャン2世の娘ブランシュ(1270年 - 1327年)と結婚し、間に5人の子女をもうけた。

1297年8月20日にフランドル伯家とのフールネの戦い英語版に参加した際に重傷を負い、回復することの無いまま1年後の1298年9月に死去した。4年後の1302年に父ロベール2世伯が金拍車の戦いで戦死したとき、アルトワ伯領の跡目争いが起きた。アルトワ伯領は伝統的に男系相続より長子相続を重んじる土地であったため、フィリップの姉マオーが実権の掌握に成功し、フィリップの未成年の息子ロベール3世は相続権を伯母に奪われる形となった。

出典編集

  • Extraits de la Chronique attribuée a Jean Desnouelles, abbé de Saint-Vincent de Laon, in: Recueil des Historiens des Gaules et de la France 21 (1840), S. 185